押さえておくべきロックドラマー一覧

ニール・パートのドラムから学ぶ作り込みのフレージング!

ニール・パートのドラムから様々なことが学べます。ドラマーにはアドリブ重視の人と作り込み中心の人に分かれますが、ニール・パートのドラムは後者です。そのアイデアたるやオリジナルや変拍子をやりたい人は必ず参考になるはずです。また考え方も素晴らしく、私も見習っています。

スチュワート・コープランド~レギュラーでフラムならこの人

スチュワート・コープランドというドラマーをご存じでしょうか? 『スティング』、『ポリス』のドラマーと言えば分かる人がいるのではないでしょうか? 一言で言えば、『個性的』です。通常考えもしなかったフレーズをどんどんやっています。アイデアが欲しい人にとってはスチュワート・コープランドは必聴ですよ!

スタンディング・ドラムについて~効果的な練習方法と注意点

スタンディング・ドラムとは読んで字のごとく『立ってプレイすること』です。通常のセットは両手両足を使いますが、立奏はハイハットがありません。このページでは、スタンディング・ドラムのルーツと言えるスリム・ジム・ファントムのプレイとトレーニング方法、注意点などを記載しています。

ビートルズのドラムは難しい? リンゴ・スターから学ぶ!

ビートルズのドラムは難しいでしょうか? たしかにフレーズなどは簡単で多くの初心者に好まれて演奏されています。しかし、リンゴ・スターのドラミングは技術だけではありません。このページではビートルズ ドラムは難しい?というテーマで書いています。是非、お読み下さい。

ディープ・パープルのドラム、イアン・ペイスから学ぶ基礎

ディープ・パープルのドラム、イアン・ペイスは、その見事なテクニックで世界中のハードロックドラマーを魅了しました。その技の速さ、正確さなど50年以上経っていますが、是非とも押さえておかねばなりません。このページではディープ・パープルのドラムについて述べています。