ツーバス&ツインペダル一覧

 

ツーバス(ツインペダル)は現在
標準的な地位を占め、多くのドラマーが取り入れています。

 

あの迫力のあるサウンドを聴いて
虜になった人も多いかと思います。

 

私もそのうちの一人で長くシングル
でやってきたのですが

 

現在はツインペダルを組み込んでいます。

 

音楽によっては必要ない楽曲も多く
シングルを極めた方がいいと意見ありますが、

 

ツーバスは四肢の分解
を通してバランス力が格段に上がります。

 

ドラマーとしてやはり一通り
経験した方がいいというのが私の考えです。

 

このカテゴリーではツーバス
(ツインペダル)の基礎的な考え方から

 

練習方法、教則本の紹介など記載しています。

 

スポンサーリンク


 

ツーバス(ツインペダル)の始まり

ツーバス(ツインペダル)を始める人は二通りいて、

 

最初からツーバス(ツインペダル)をする人

 

シングルからツインペダルを取り入れる人

 

に分けられます。

 

良いサウンドというゴールは
同じでも取り組む方法が若干違います。

 

最初からツーバスに取り組む人は
右発進の人が多いのに比べて

 

途中からツインを取り入れる人は
左発進にする場合が多いです。

 

それは、シングルバスの場合、
ハイハットの4分や8分のキープをしているためです。

 

シングルで始めた人はこの癖を
利用してツインを練習した方が上手くいきます。

 

最初からツーバスの人は
利き足を中心に考えるといいと思います。

 

スポンサーリンク


 

ツーバス(ツインペダル)ならではの考え方

我々ドラマーは四肢を分解して
自由に演奏することを目指します。

 

しかし、現実的には完全な四肢の分解は不可能なのです。

 

したがって、ツーバスの場合も、
フレーズごとの暗記が必要になります。

 

Aというフレーズはこういった足順、

Bならばこうした足順といった感じです。

 

手癖足癖にしてしまうという考え方です。

 

その方が、効率的で実践的な練習が出来ます。

 

このカテゴリーについて

このカテゴリーでは私自身がやった
練習方法を中心に紹介しています。

 

是非、参考にしていただければと思います。

 

このカテゴリー以外にもシングルバスに
ついても詳しく言及していますので

 

ツーバスしかやらないといったドラマー
の人も参考になると思いますのでご覧下さい。

 

スポンサーリンク


 

特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
川端敏宏の所持資格

ヒール&トゥ奏法(ツインペダル)のコツと考え方

ヒール&トゥ奏法という奏法があります。これはカカトとつま先を使い、ツインペダルやツーバスを演奏する際、同時にハイハットのサウンドを奏でる方法です。ヒール&トゥ奏法は実践では別に必要ありませんが、知っておくと便利です。トレーニングとして取り入れて下さい。

ツーバスでハイハット・クローズはどうやっているの?

ツーバスでハイハット・クローズをする場合、両足が塞がっている訳ですから、どのようにしていいのか疑問に思う人もいるようです。やり方には数種類あるのですが、実用を考えた場合限られてきます。このページでは、ツーバスでハイハット・クローズする方法をいくつかピックアップし、管理人のオススメをご紹介しています。

ドラムで『すね』を鍛える!~高度なフットワークのために

ドラムで『すね』を鍛える重要性を知っていますか? 現在多くのドラマーはカカトを上げるスタイルです。これは足の裏側の筋肉を主に使いパワーが出るのですが、ある一定のラインを越えることが出来ません。ここではその限界を超えるために、ドラムで『すね』を鍛える方法に特化して述べています。参考にして下さい。

バスドラムの三連打を叩きたい!用途によって変化する!

バスドラムの三連打のトレーニングは脚力を上げるためには非常に良い訓練です。奏法には片足で行うか、両足(ツーバス)で行うかの2通りあり、用途に応じて変えていった方が無難です。ここでは、効果的なバスドラムの三連打のメニューを作っていますので、参考にされてください!