フット・ワーク(ワンバス)一覧

ドラム フットワーク

 

バスドラムを踏む方法は
ドラマーによって様々な方法が開発されています。

 

成果を上げている奏法には確実な
メソッドがあり、

 

順を追って練習していくと
誰でもマスターすることが出来ます。

 

しかし闇雲に力任せで踏み込んでも
余計な労力だけがかかり速く踏めません。

 

フットワークには脚力だけではなく
椅子の座り方などフォームに非常に関係してきます。

 

まずはしっかりとしたフォームを
ドラム指導者に見てもらうようにしましょう。

 

バスドラムやハイハットを踏む方法
には大きく2つの方法があります。

 

・ヒールアップ奏法
・ヒールダウン奏法

スポンサーリンク


 

ヒールアップ奏法

ヒールアップは読んで字のごとく
カカトを上げるスタイルです。

 

ハムストリングスや下腿三頭筋を
総合的に使いますのでパワーが出ます。

 

逆に小さい音を出すにはかなりの訓練が必要です。

ヒールダウン奏法

ヒールダウンはカカトをペダルに
付けたまま行う奏法です。

 

スネの小さな筋肉を使いますので
最初から小さい音を出せます。

 

しかし、一定のコントロールが
出来るまではこれも、時間がかかります。

 

ロック系の音楽では主に
ヒールアップがよく使われていますが、

 

ヒールダウン共々練習することをオススメ致します。

 

両者は腹筋と背筋の関係性と同じで
片方だけ鍛えてもいずれ歪みが生じてしまうのです。

バネの力を理解する

バスドラムを連続させるためには
ペダルのバネを理解します。

 

よく脚力だけで『ドンッ』と踏み込む人がいますが、

 

どうしても脚力だけでは解決しないテンポが現れます。

 

ある一定のテンポをストレスなく
叩くにはバネの構造を熟知する必要があります。

 

ハンドテクニックと同様、
リバウンドを理解するということです。

 

これが理解できれば、ダブルキックやスライドといったテクニックも容易にわかります。

このカテゴリーについて

このカテゴリーでは、テクニック、
練習方法などを載せています。

 

あなたが気になる項目があれば、
ゆっくりしたテンポでじっくり練習して下さい。

 

それから、ジワーッとテンポアップを行って下さい。

 

また、『足の痛み』、『踏めない』
など身体的な項目も用意しています。

 

用途に応じて参照してみて下さい。

 

特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
川端敏宏の所持資格

 

スポンサーリンク


フットスプラッシュのコツ~つま先、カカトの奏法の違い

フットスプラッシュのコツは2種類あり、つま先とカカトを使う方法があります。どんな音が欲しいのかで使い分ける必要があります。前者はエフェクト的に用いられることが多く、後者はリズムキープのときに使われることがあります。ぜひ、フットスプラッシュのコツを掴み演奏に取り入れて下さい。

ドラムで貧乏ゆすり~ビートボール奏法というものは実在しない?

ドラムで貧乏ゆすりをする奏法があります。単純に膝や腿を震わせて音を連続して出す方法です。日本ではその名称は『ビートボール奏法』と広まっているのですが、信憑性がなく確信が持てません。このページではドラムの貧乏ゆすりメソッドについて色々解説しています。

ドラムの打点について。中心からズレる場合の原因と対処法

ドラムの打点がズレる人がいます。これは大きく2つあり、スネア全面をバラバラになる人、上部または下部に集中してしまう人です。この2つはそれぞれ解決方法が違います。このページではドラムの打点に関しての原因と解決法を述べています。またバスドラや他の症例も記載しています。

ドラムビーターの跳ね返り。ヒット直後にビビる人は要注意

ドラムビーターの跳ね返りでヒットすると音がビビる人がいます。これはクローズド奏法と行ってビーターを押しつける方法です。この奏法はミュートしたバスドラムには有効ですが、18インチなどではサウンドがブレてしまい出来ません。このページでは、ドラムビーターの跳ね返りについて言及します。

バスドラムの音量が小さい~これがパワーアップする練習方法

バスドラムの音量が小さいと悩んでいる人も多く、いったいどうしたらいいのだろうと暗中模索しているようです。音の大きさやバランスは、この課題をやれば解決できるということはなく、トータル的な訓練で可能になります。このページでは、バスドラムの音量が小さいと悩んでいる人に述べてみたいと思います。