スティックコントロール一覧

スティックコントロール

 

ドラムの上手い・下手の基準で先ず最初に見られるものが

 

『スティックコントロール』です。

 

ドラムスティックは誰でも簡単に
握ることが出来、直ぐ叩くことが出来ます。

 

しかし、スティックコントロールは
一定のルールがあり、

 

そのルールむ無視して我流でやると
癖が付いてしまい、

 

バランスが悪く高速プレイが出来ません。

 

先ずグリップをしっかり理解し
正しいフォームから覚えて下さい。

 

次に実際にスティックコントロール
を練習していくのですが、

 

スティックコントロールの要の
テクニックには大きく3つ分かれます。

 

それが、

 

・シングルストローク
・ダブルストローク
・アクセントストローク

 

になります。

 

上記の3つのストロークの完成度が
高ければ高いほど美しいサウンドになります。

 

学ぶ順番も

シングル→ダブル→アクセント

のようにしていけば大丈夫です。

スポンサーリンク


シングルストローク

シングルストロークは交互に叩いていくテクニックです。

 

誰でも直ぐに出来るテクニックです
が、最後まで納得のいかないテクニックでもあります。

 

初心者の人は16分音符で160が
1,2分叩けることを目標にするといいと思います。

 

その後は、長い年月をかけてテンポ200を目指して下さい。

 

ダブルストローク

ダブルストロークとは
右手2打、左手2打と叩くテクニックで

 

『ロール』と言われるものです。

 

粒立ちのよいダブルストロークを
マスターするためには、

 

『リバウンド』をしっかり理解することが大事です。

 

リバウンドは跳ね返りのことで
バスケットボールを弾ませるイメージです。

 

決して焦ってテンポを上げないで下さい。

 

ゆっくりのテンポを十分練習した後
じっくりテンポアップをするようにして下さい。

 

アクセント

アクセントは 4つのストロークを
理解することから始まります。それは

 

・ダウンストローク
・フルストローク
・アップストローク
・タップストローク

 

この4つを織り交ぜながら様々な
アクセント移動の練習をしていきます。

 

こちらも決して速くせず、
ゆっくりしたテンポをじっくり行うようにしましょう。

 

一通り理解したら、今度は本格的な
『ルーディメンツ』を学んでいきます。

 

※ルーディメンツとは、マーチング
のスキルを集めたフレーズ集と考えて下さい。

 

この流れが一番効率の良い学び方だと考えています。

 

また、その他にも、このカテゴリーでは

 

『速く叩くと腕が痛くなる』
『左右の手のバランスが悪い』といった

 

身体的な悩みに対しても深く言及しています。

 

スティックコントロールは一生
学習していくものです。

 

是非、コツコツ練習を楽しんで下さいね!

 

特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
川端敏宏の所持資格

 

スポンサーリンク


利き手じゃない方を鍛えるには?闇雲にやっても効果なし

利き手じゃない方を鍛えるにはどうすれば良いか?と悩んでいる人は多いのではないでしょうか? しかし、安心して下さい。ちゃんとした理論があり、誰でも上達します。ただし条件があります。このページでは『利き手じゃない方を鍛える』をテーマに色々記載しています。是非、お読み下さい。

ドラムの打点について。中心からズレる場合の原因と対処法

ドラムの打点がズレる人がいます。これは大きく2つあり、スネア全面をバラバラになる人、上部または下部に集中してしまう人です。この2つはそれぞれ解決方法が違います。このページではドラムの打点に関しての原因と解決法を述べています。またバスドラや他の症例も記載しています。

ダウンストロークがぶれる人の対策~メリハリの利かす訓練

ダウンストロークがぶれる人の特徴としていくつか理由があります。このページでは症状ごとに原因と対策を記載しています。また管理人が過去効果のあった方法も載せています。アクセントストロークをマスターすると様々な恩恵がありますので、ダウンストロークがぶれる人は是非参考にしていただいと思います!

モーラーシステム、グラッドストーン、ストーンテクニック

モーラーシステム、グラッドストーン、ストーンテクニックといわれるストロークモーションがあります。これらはスネアドラムを如何に効率よく動かせることが出来るかという面から発展してきたものです。しかし、ドラムは複合的にトレーニングして上手くなります。モーラーシステムなどだけにこだわることはナンセンスです。

重いスティックの練習は効果があるのか?【実体験からの考察】

重いスティックの練習は一見するとスピード、パワー、全てにおいて効果があるように思えます。しかし、ドラムの最終的な目的は筋力アップなどではなく、最高の演奏をすることです。果たしてその目的に重いスティック練習が役立つのかを管理人の実体験から述べてみたいと思います。