4ビート ジャズドラム一覧

ジャズ バスドラム

 

このカテゴリーでは初めてジャズ
ドラムに触れた方を対象に

 

トレーニングやチューニング方法をまとめています。

 

ジャズドラムにチャレンジしたいのだけど

 

何をやっているのか分からない
といった人も多いのではないでしょうか?

 

これはロックドラムを長い間
経験している人ですら、そう感じるのです。

 

『ジャズ=アドリブ』ですが

 

全てが感覚で演奏しているのか?
と言われれば、そうではなく

 

一定の規則性に基づいて演奏されています。

 

カテゴリー内では以下の事柄を説明しています。

 

・リズムの理解
・曲の理解
・実践
・教室の選び方
・教則本の選び方

 

まずリズムの理解が必要です

感覚的に演奏しているよなジャズ
ドラミングですが、

 

8ビートや16ビートと同じように
あるパターンから習得をはじめます。

 

最初から四肢を総動員してリズムを
作り出しますから

 

初心者の方には少し難易度が高いかもしれません。

 

しかし、ゆっくりしたテンポから
やっていけば必ず出来るようになります。

 

曲の理解

ジャズの曲は構成ごとに形が決まっています。

 

これを『フォーム』と言います。

 

初心者は楽曲をこのフォームに沿って覚えて下さい。

 

詳しくはこのカテゴリー内の記事
を参照して下さい。

 

スポンサーリンク


 

 

実践

リズムと曲の理解が終わったら
ジャズ・セッションに参加しましょう!

 

不特定多数の人と練習することで
リズムのコントロール力や曲を知ることが出来ます。

 

なにより、人前でやることで
マインドが鍛えられていきます。

 

人脈も出来て人生が楽しくなりますよ。

 

教室の選び方

独学でやろうとしている人もいますが、

 

やはり芸事は誰かに指示した方が
効率が良いと思います。

 

師事するといっても、ずっと続く
と言うことではなく

 

基礎段階の事柄が理解出来るまでです。

 

自分で思考できるようになるまでは
是非、学んで見て下さい。

 

教則本の選び方

教則本にも種類が沢山あり迷うかもしれません。

 

このカテゴリーではジャズドラムを
学ぶに当たって

 

必ず抑えなければならない教則本
を数冊上げています。

 

私の場合、教則本は発売されたら即買います。

 

なぜかというと、すぐ廃盤になる本が多いからです。

 

今は使っていなくても将来役立ちますよ。

 

スポンサーリンク


 

 

特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
川端敏宏の所持資格

クロス・スティック奏法(スティック トゥ スティック)のコツ

クロス・スティック奏法(スティック トゥ スティック)はジャズドラムでは定番のテクニックです。非常に簡単で応用も広く出来ます。このページではクロス・スティック奏法のコツを簡単に紹介しています。是非、皆さんのフレーズの一部に取り入れて下さい。

ジャズドラムのチューニングはどのようにすればいいの?

ジャズドラムのチューニングはロックやポップスとは違い、ハイピッチが基本です。その際、ただ闇雲に高くするのではなく、その歴史背景や太鼓の口径の違いなどの特徴を知っておくとジャズドラムのチューニングを行う場合、大変便利です。是非、皆さん参考にして下さい。

ジャズドラムのマレット~最適な選び方をお伝えします!

ジャズドラムでマレット選ぶ際、あまりにも沢山の種類がありすぎて、どれを選択すれば良いか初心者は迷うようです。本来ジャズドラムのマレットというものは無く、マリンバやシロフォンなどの打鍵判楽器用として作られています。このページでは、最適な選び方のポイントをまとめていますので是非参考にして下さい。

ジャズの習得法。体に沁みこませるにはどんなことが必要?

ジャズの習得について悩んでいる人は、自分のプレイが全く別次元の演奏になっていると感じる様です。あるジャンルを完成させるためにはテクニックだけでは足りません。このページでは、どうすればジャズが習得できるかについて、私の生徒さんの体験談をご紹介しています