その他のテクニック一覧

スティック回し

 

ドラムのテクニックは様々なものがあります。

 

スティックコントロールから始まり
リズムパターン、コーディネーションなど

 

必ず演奏に必要なものもあれば
別に必要でないものもあります。

 

ドラマーにとって必須となるものは
時間をかけて、じっくり習得しなければなりません。

 

そのでない他のテクニックはさらっと
知識だけさらっておけば大丈夫です。

 

このカテゴリーではこうした必須でない
テクニックを集めています。

 

スポンサーリンク


 

このカテゴリーの内容

このカテゴリーでは色々なテクニックを
ご紹介しています。

 

・片手ロールのやり方
・ドラムのスティック回し
・クロススティッキングの方法
・トリックプレイのやり方
・ブラストビートとは?

 

などなど風変わりなテクニックを載せています。

 

気になる項目があればご覧下さい。

 

必須でないテクニックほどやりたがる

楽曲をプレイする上で必要でない
テクニックの代表格に

 

『スティック回し』

 

があります。

 

しかし、このスティック回し、
ステージでのパフォーマンス効果は抜群で

 

ドラマーなら誰しもやってみたいと
焦がれるテクニックの一つです。

 

ついつい、これらの練習に時間を
取られて行きます。

 

かく言う私も若かりし頃
しきりに練習していました。

 

今になって思うのですが、
全く必要でなかったなと考えます。

 

あのときの情熱をもっと他に
傾けていればと思います。

 

スポンサーリンク


 

今必要であるか考えてみる

大事なルーディメンツやリズムパターン
の練習を差し置いて時間を割くと

 

肝心なプレイそのものがダメになっていきます。

 

これでは本末転倒です。

 

そのテクニックが今必要であるかを
見極めて練習されて下さい。

 

大筋でドラマーの基礎構築に必要なものは

 

・スティックコントロール
・4ウェイ・コーディネーション
・リズムパターン
・コピー

 

この4つだと考えています。

 

これらのトレーニングが十分だと考える
人でしたら、どんどんやってみて下さい。

 

でなかったら、先ず上記の4つに取り組みましょう。

 

スポンサーリンク


 

 

特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
川端敏宏の所持資格

ドラムボーカル&コーラス~コツとトレーニング方法をご紹介

ドラムボーカルやコーラスは簡単そうに見えますが、実はかなり難易度の高い技術です。四肢をバラバラにすることを4ウェイ・コーディネーションと呼びますが、このドラムボーカルはまさに『5ウェイ』です。このページではコツとトレーニング方法をご紹介しています。是非チャンレジしてみてください。

シンバルの叩き方(アップ・ダウン・クラッシュ奏法など)

シンバルの叩き方は通常、上から下に打つだけです。ほとんどがこれで大丈夫なのですが、ショーアップのための色々な方法が存在します。その中でアップ・ダウン・クラッシュ奏法をはじめ、珍しいやり方を記載しています。様々なシンバルの叩き方を知っておくと便利ですよ。

ブラストビートの練習のコツ。あらゆるドラマーに役立つ!

ブラストビートの練習は、何も特別なものは必要ありません。ただし求められるバランス、テンポは相当高いものが要求されます。このページではブラストビートの練習の方法やウンチクなどをご紹介しています。また、ジャンルの違いから得られるものについても解説しています。是非お読み下さい。

ドラムのクロススティッキングはスピードアップに最適!

ドラムにクロススティッキングというテクニックがあります。実際の演奏では別に必要ないのですが、ショーアップなど映えのある演奏が出来るようになり、古くから多くのドラマーが使ってきました。このページでは、このドラムのクロススティッキングについて基礎のトレーニング方法をまとめています。