ドラムの楽譜の読み方一覧

ドラム 楽譜 読み方
このカテゴリーでは、
譜面が苦手な方の為に
譜面の読み方から
トレーニング方法、
オススメの教則本をまとめています。

 

幼少の頃から
楽器に親しんできた人は
譜面を読むとき
感覚的に読むことが出来ます。

 

これは音譜を読んだときの
脳の働きがそうしています。

 

しかし、
大人になって楽器を始めると、
この感覚がありません。

したがって

 

『理解』

 

が必要になってきます。

 

そこで、私は読譜について
3つに分類し解説しています。

 

・理論編
・読むべきドラム教則本
・考え方

 

どうぞ皆さん、
参考にされてください。

 

スポンサーリンク


ドラムの楽譜は必要?
ドラムをプレイしている人の中には
譜面が全く読めず、
耳で聞いて覚えて演奏する人がいます。

 

これはこれで、
音楽を楽しむことが
出来ますから否定はしませんが、
非常にもったいないと思います。

 

まず譜面が読めると、
どういったことが出来るのかというと、
音楽の幅が広がるのです。

ある一つの曲をやるだけではなく、
様々な曲を楽しむことが
可能になります。

また、
譜面が理解できるということは、
自分の引き出しが増え、表現力が増します。

 

ドラムの上達に必要な要素が2つあります。

それは『練習量』と『理解力』です。

練習量はどれ位の時間をかけて
ドラムに触れることが
出来るかを指しますが、
ただ単純に量だけやっても
ドラムは上達しません。

 

『理解力』によって
自分の得手不得手を判断し、
弱点を潰していくことが出来ます。

 

もし将来、あなたが
プロフェッショナルの道に
進みたいなら読譜力は
『マスト』の能力になります。

 

通常、バンド単体で
活動を行っている人達は、
そのバンド毎の曲の仕上がりを
追求しますから、
耳だけでやっていけますが、
全く知らない場所、
メンバーで曲をやる場合、
譜面を見ながら演奏が常です。

 

これは、『初見演奏』といって、
与えられた譜面を
即座に理解しながら叩き、
自分なりのアレンジを
加えていくということをやっています。

ここまで、
高度な技術は必要ない
と言う人もいるかもしれませんが、
ある程度の読譜力は必要になってきます。

 

スポンサーリンク



譜面が嫌いな人は、
極端な譜面アレルギーに
陥ってしまい、
最初から勉強しようとしません。

最初から
『うぁ、譜面だ~』
といって避けているのです。

でもそんな人も学校の授業で、
数学の公式を理解したり、
英文法を勉強した経験はありますよね?

 

譜面も同じで、
一つ一つ紐解いていけば、
わかるようになるのです。
それには『継続』と『忍耐』が
少しだけ必要です。

 

ドラム初心者の人への
トレーニングの
アドバイスとしては、
とにかく毎日、
音符に触れることです。

毎日見ることで、
譜面に慣れていきます。

 

そのうち、
図形のような気持ちから、
きちんとした意味を持つ記号へと
頭が変換していきます。

もちろん、
譜面は様々なレベルの譜面が
ありますから、
難しい譜面が出てきたら
読めないこともあります。

 

しかし、
あなたの能力は
やればやるほど成長し、
以前読めずにいた楽譜を
いとも簡単に演奏できる日が
やってきます。

どうか皆さんが
譜面アレルギーを克服して、
一段落上がったドラミングが
出来るようになることをお祈りしています。

スポンサーリンク


 

耳コピができない。目的によって変えることが重要です。

耳コピができないと相談されるとことがあります。そうした人は最初から全力で取り組もうとしますので、継続が出来ないのです。耳コピができないのは、やり方を知らないだけです。このページではどのようなやり方が一番いいのかを述べています。是非参考にして下さい。

フェルマータはドラムではどんなリズムを演奏すればいい?

フェルマータをドラムの譜面で見たとき、初心者はどのようなフレーズしていいか迷います。この場合、決まり切ったフレーズといものはなくドラマーの自由なのですが、経験がない人は困惑します。このページではフェルマータをドラムでどうプレイすればいいかまとめていますので、是非参考にして下さい。

バンドスコアが見にくい!プロはどんな譜面を使っているの?

バンドスコアが見にくい、量が多くて頁をめくれないといったことを聞くことがあります。このような本は完全に楽曲をコピーしてありますから分厚いのです。このページでは、バンドスコアが見にくいと言った人のために解決方法と、実際プロがどのような譜面を使っているかを解説しています。是非参考にして下さい。

音符のはた(ひげ)の読み方。理屈が分かれば簡単です!

音符のはたが出てくると、途端に譜読みが出来なる人がいます。その理由は、意味を知らないからです。一度苦手意識が付くと、なかなか突破することができません。このページでは、音符のはたについて、分かりやすく解説していますので、是非参考になさってください。