音楽の仕事一覧

バンド ボーヤ

 

一度でも音楽を真剣にした経験の人は
音楽を仕事にしたいと考えたことがあると思います。

 

音楽の仕事は演奏ばかりでなく
様々な分野であります。

 

このカテゴリーではその中でも代表的な
職種について言及しています。

 

これから音楽を仕事にしたい人は
参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク


 

このカテゴリーの内容

・ドラムで食べていく方法
・ドラムの仕事募集はどうやって見つければいいのか?
・プロは譜面が読める必要があるのか?
・専門学校のメリット
・ドラマーのオーディションについて
・バンドのボーヤについて
・音楽教室について
・音楽講師について
・生徒募集について
・収入について

 

などなど載せています。

 

様々な形態の職業がありますから
じっくり調べて見て下さい。

 

この他にも掲載予定ですので、✔して下さいね!

 

スポンサーリンク


 

特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
川端敏宏の所持資格

プロミュージシャンになるには楽譜が読めることは必須?

プロミュージシャンになるには様々な能力が必要です。例えば『譜面』ですが、スラスラ読める人もいれば、全く読めない人もプロフェッショナルいます。しかし、一般的に言ってリーディングは必須のテクニックと言えます。このページでは『プロミュージシャンになるには楽譜が読めることは必須?』と題して色々述べています。

音楽専門学校のメリットとは?通常のスクールと何が違う?

音楽専門学校のメリットとして考えられものに、充実した設備、優れた講師陣から学ぶことができるということが挙げられます。この他にも資格やコネなどもあります。しかし、その反面デメリットも存在します。このページでは、音楽専門学校のメリットから民間のスクールとの比較などを記載しています。是非参考にして下さい。

ドラムが叩ける俳優の演技を見て思うこと。【集中力やマインド】

ドラムが叩ける俳優の演技を見て感じることがあります。多くの人が代役を立てる中、訓練によってプロ並みの演奏を披露する人もいます。こうした人は楽器歴が長いわけではなく、決められた期間に訓練によって成し遂げるのです。このようなことは、特別の能力を持っているから出来るのでしょうか? このページでは、ドラムが叩ける俳優について私なりに述べています。

ドラマーのオーデション~プロの道は色々あります!

ドラマーのオーデションに受かるにはどうすればよいかについて、私なりの見解を書いています。プロになるための糸口は狭く、なかなか難しいのが現実です。このページでは、どういったアプローチが有効なのか、またはドラマーのオーデションに受かるには、どのような注意をすればよいのかを述べています。

音楽を仕事にしたいと思っている人へ。可能性は色々あります!

音楽を仕事にしたいと考えていても色々な障害があります。自分の力不足、周りの意見、自らの恐怖心などなどです。高校生や大学生に『音楽を仕事にしたい』と相談されることもあり、私なりに回答しています。あなたが夢現実に苦しんでいるなら、少しは助けになるかもしれません。