機材一覧

スナッピー 選び方

 

良いプレイをするためには技術向上は
もちろん大事ですが、

 

機材の選び方やメンテナンスなども
非常に重要です。

 

他の楽器のプレイヤーは頻繁にメンテ
を行うのに対して

 

ドラマーはそのままの状態の人が多いようです。

 

これは打楽器のため耐久性がよく
そこまで神経質なる人がいないためです。

 

しかし、機材は手入れすればするほど
良い音を奏でてくれます。

 

このカテゴリーでは機材の選び方から
メンテナンス、保管方法など色々記載しています。

 

スポンサーリンク


 

メンテナンスの方法

ドラムセットのメンテナンスは結構な
時間が掛かります。

 

ライブ前に全てをチェックすることは
出来ますが、本当に大変です。

 

おそらく丸一日費やすくらいの時間がかかります。

 

メンテナンスの後は結構疲れますから
本番の演奏に支障をきたします。

 

私が良くやる方法は
毎日少しずつ見ていく方法です。

 

例えばペダルを付け替える際には
スプリングやビーターをチェックし

 

掃除やグリスなどを追加する。

 

毎日のトレーニングの際に必ず
チューニングし、スネア、タムなど目を通します。

 

そうすると毎日手を入れて上げることに
なりますから

 

少ない労力で済ませることが出来ます。

 

あとは数ヶ月に一度くらいは
オーバーホールもやっています。

 

スポンサーリンク


 

予備の部品は必ず揃えておきましょう

いくらドラムは丈夫だとしても、
いつ不具合があるか分かりません。

 

特にスプリングやネジ類は常に
スティックバックやケースのポケットに

 

入れておき不測の事態に備えておきましょう。

 

私は以前ペダルのビーターを止める
ネジが割れた経験がありました。

 

しかし、パーツを用意していたので
その難局をしのいだ経験があります。

 

機材は最新のモノでなくてよい

新しい機材が出ると直ぐ飛びつく人がいますが

 

何も新品でないとダメというわけでは
ありません。

 

例えばyoutubeに動画をアップする際に
高額なカメラやマイクは必ずしも必要でありません。

 

私は携帯のiPhone(旧se)と中古の
iPhone5、iPhone6(各5000円)計3台で撮影しています。

 

これで十分です。

 

その代わり編集ソフトはスピードが大事
なのでハイスペックのPCやソフトを使っています。

 

また高額なドラムセットを購入しようと
する場合も

 

私は年に一つずつ揃えていきました。

 

去年はスネア、今年はタム、来年はバス
といった感じです。

 

工夫でかなり充実した内容が実践出来ると思います。

 

スポンサーリンク


 

 

特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
川端敏宏の所持資格

コロナ対策~自宅でドラムトレーニングを格安で出来る方法

コロナ対策に自宅でドラムトレーニングを格安で出来る方法を載せています。スタジオや教室での練習が出来なくなった今、なんとか継続出来る方法はないかと色々模索してみました。このページで述べているコロナ対策で自宅でドラムトレーニングを格安で出来ます。参考にして下さい。

ペダルのビーター~角度・長さの調整、外れる場合の対策など

ペダルのビーターの角度・長さの調整は良い演奏をするためには欠かすことの出来ない行程です。トレーニングをしっかりしているにも関わらず技術向上が見込めない場合、ペダルのビーター角度などをじっくり行って下さい。このページでは注意点やシャフトが外れる場合の対策など載せています。

スティックが折れる原因は叩き方?または、機材?どっち?

スティックが折れる人がかなりいます。中には『ささくれ』ができても使い続けるため木クズだらけになってしまうドラマーもいます。一方で大きく綺麗な音を出すのに全くスティックが折れることがない人もいます。この差は一体なんでしょうか?このページでは様々な現象を述べています。参考になさってください。

お金がかからない楽器ってある?ドラムはお金がかかる?

お金がかからない楽器を探している人を見かけるときがあります。人には色々な事情がありますから、そうした理由も理解出来ます。しかし、そのような考え方で始めた人は多くが挫折しているのです。このページでは、お金がかからない楽器ってある?をテーマに色々述べています。