スポンサーリンク

お金がかからない楽器ってある?ドラムはお金がかかる?

お金がかからない 楽器

私は音楽は素晴らしいものですので
全ての人に何らかの楽器をやってほしいと思っています。

つい最近も、保護者の人との会話で

『子供に電子ドラムを買ってやりたいけど高くて・・・』

ということを聞きました。

確かに音楽をやりたい!と思っていても
先立つものはお金です。

このページでは

『ドラムはお金がかかる?~お金がかからない楽器ってある?』

と題しまして色々述べてみたいと思います。

スポンサーリンク

一番安い値段はどれくらいか?

お金がかからない 楽器

どのような楽器にどれくらいの金額が
かかるかと言えば、ピンキリです。

例えば、吹奏楽などで楽器を始めると
一番安いもので

サックスが15万円~
トランペット7,8万円~
トロンボーン9万円~
クラリネット9万円~

バンド系の楽器ですと

エレキギターが2,3万円
エレキベースも2,3万円
ドラムセット10万円

ピアノだと数十万、
電子ピアノもそれくらいでしょう。

これ位の金額はするはずです。

リコーダー、ハーモニカなどは
数千円からあります。

お金のかからない楽器を選択するという考え方

お金がかからない 楽器

音楽が好きなので、とにかく

『お金がかからない楽器を選ぶ』

という考え方があります。

人に色々な事情があるので、このような
考え方も理解出来ます。

私の場合は強烈な憧れからドラムを
選択したので、この考え方はありませんでした。

安くすむからといってリコーダーや
ハーモニカを選ぶことはなかったです。

しかし、こうした考えから選んだ楽器が
ピッタリ合ったという人もいるはずですから

そうした人は本当に幸運だと思いますが
実際には多くの人が途中で辞めています。

管理人TOSHIの初めての経験

お金がかからない 楽器

今でこそ本物のドラムを毎日叩けますが
始めた頃は色々暗中模索していました。

当初はパールのスティックと
BOSSのメトロノーム、練習パッドだけで始めました。

金額的にいえば、1万円くらいでしょうか?

バスドラムは無いのでヒールダウンで
床を叩きます。ハイハットも同様です。

タムやライドシンバルは少年ジャンプを
積み上げて疑似ドラムセットを作りました。

アパートで練習していると、突然
『うるさい』と凄い剣幕の隣人が殴り込んできたりしました。

ですから練習場所は近くの公園や河原に
出かけては練習していました。

夏も冬も関係なくです。
警察の職務質問も数度経験しました。

それでも、本当に楽しかったです。

その後も少しずつ楽器を揃えていき
完全に揃ったときは感動した経験もあります。

心の動く楽器を選んだ方が幸せです

お金がかからない 楽器

『何か楽器を選ばないといけない』
という考え方があるのでしたら

安い楽器を選択するのではなく
しばらく、色々な楽器をやってみてはどうでしょうか?

または色々なライブに出かけてはどうでしょうか?

そうしているうちに、心から
燃え上がるような楽器に出会えると思います。

そうした楽器に出会えた人は

どうしたら継続出来るか?

どうしたら上手くなるのか?

どうしたら買えるのか?

という思考になっていくものです。
本当に人生が楽しくなります。

全てを揃えられる人も挫折しています。

お金が潤沢にあり、自宅にはスタジオを
完備し、高額な楽器を納入する人もいます。

そうした人が上手くなるかといえば
そうなる人もいるし、途中挫折する人もいます。

やはり全ては、その人次第ということですね。

お金のかかる楽器、かからない楽器
では決まらないです。

あなたにも、長く愛情を注げる楽器を
選択して欲しいと思います。

>>楽器通販のメリット・デメリット~楽器店購入との比較

>>楽器の購入。後悔しないためのコツ【お父さん、お母さんへ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする