スポンサーリンク

コロナ対策~自宅でドラムトレーニングを格安で出来る方法

コロナ対策 自宅 ドラムトレーニング

今日は令和2年4月30日(木)になります。

久しぶりの投稿です。

世界中が今まで経験したことのない情勢
になり、多くの人が影響を受けています。

私も演奏は全てキャンセルになり、
スクールレッスンも5月6日までは休校になり

自宅のレッスン生はオンラインに切り替えました。

このような状況はまだまだ続くのだろうと思います。

生徒も新たに電子ドラムを購入したり
パッドを購入したりしています。

このページでは出来るだけ安く本格的な
ドラムトレーニングが出来る方法を載せています。

スポンサーリンク

電子ドラムは中古を購入しよう!!

自宅で生ドラムが叩ける人は除いて
ほとんどの人が電子ドラムか練習パッドを購入すると思います。

電子ドラムの場合、練習パッドに比べて高価になります。

しかし、わざわざ新品を購入する必要はなく中古で十分です。

私は今回、古い『DTXPRESS初代』を
友人から譲って頂きました。(トップ写真参照)

おそらく、ヤマハ電子ドラムDTXの2代目の機種と思います。

『ヤフーオークション』や『メルカリ』
をみても1万~2万で電子ドラムが売られています。

こうした古くて安い電子ドラムを活用して下さい。

また購入前に必ずモジュールが稼働する
電子ドラムを購入して下さい。

モジュールが起動しなかったら
普通の練習パッドになってしまいます。

それでは私の行った改良点を記載致します。

バスドラムの防振対策

電子ドラムの最大の難関は床の防振です。

バスドラムの振動は一軒家でも厄介で
対策が必要になってきます。

よくやる対策は床に防振材を付ける方法ですが、

これもドラム専用ですと数万円の予算が必要です。

一番安上がりな方法はビーターのヘッド交換です。

ビーターの選び方と改良方法

防振対策に必要なものは2つです。

・ビーター
・食器洗い用スポンジ

この2つを用意して下さい。

ビーターの条件はヘッドがナットで
固定してあり、

ワッシャーが上部下部にあるタイプです。

コロナ対策 自宅 ドラムトレーニング

STEP①まずヘッド部分を外します。

コロナ対策 自宅 ドラムトレーニング

STEP②スポンジに3箇所穴を開け取り付け紐を通し固定します。

コロナ対策 自宅 ドラムトレーニング
コロナ対策 自宅 ドラムトレーニング

STEP④電子ドラムにはスポンジが縦になるようにセッティングします。

コロナ対策 自宅 ドラムトレーニング

※5月1日追記
『小さめのスポンジ2つ重ね』もいい感じでした♪

コロナ対策 自宅 ドラムトレーニング

モジュール側の設定

ヘッドを柔らかいスポンジに変えると
トリガーが弱くなり音が出ません。

そこでモジュール側の感度を高くする必要があります。

どの時代のモジュールも感度設定が
出来ますから、スポンジに合わせて調整します。

ただ中古の電子ドラムには取り扱い
説明書がない場合が多く

その場合はメーカーサイトより古い
説明書がダウンロード出来ますから参照して下さい。

※ヤマハさんのページ

私の場合、DTXPRESSの説明書はなく
DTXPRESSⅢの説明書で代用しました。

コロナ対策 自宅 ドラムトレーニング

設定はGAIN=90、MVel=81で
上手くいきました。(写真参照)

これは踏み込み力に関係するので
各人数値が違います。

驚異的な防振効果があります。

①中古の電子ドラムを購入
②ビーターの変換
③モジュールの設定

上記3つのことで何十万もする上位機種
や何百万も掛けて防音工事する必要はなく

たった10,000円でドラムを思いきっり
叩くことが出来ます。

大変な環境と思いますが、出来るだけ
練習は続けて下さい。

参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする