D-LABO TOSHI一覧

ペダルのビーター~角度・長さの調整、外れる場合の対策など

ペダルのビーターの角度・長さの調整は良い演奏をするためには欠かすことの出来ない行程です。トレーニングをしっかりしているにも関わらず技術向上が見込めない場合、ペダルのビーター角度などをじっくり行って下さい。このページでは注意点やシャフトが外れる場合の対策など載せています。

リニアドラミングって何?~デビッド・ガルバルディから学ぶ

リニアドラミングを直訳すると『直線上の太鼓叩き』です。通常8ビートなどを演奏する場合、ハイハット、スネア、バスドラムと3つのパートからなるという考え方をします。リニアドラミングはこれを一つとして演奏するものです。このページでは、この奏法の解説と先駆者であるデビッド・ガルバルディをご紹介致します。

クラッシュシンバルを左手で上手く叩けない人へ

クラッシュシンバルを左手で上手く叩けない人がいます。この症状は主に初心者の人が多いのです。そのままにしておくと右手しか動かないドラマーになってしまいますから、なるだけ早く軌道修正が必要です。このページではクラッシュシンバルを左手で上手く叩く方法を段階ごとに記載しています。

ジャズドラムのチューニングはどのようにすればいいの?

ジャズドラムのチューニングはロックやポップスとは違い、ハイピッチが基本です。その際、ただ闇雲に高くするのではなく、その歴史背景や太鼓の口径の違いなどの特徴を知っておくとジャズドラムのチューニングを行う場合、大変便利です。是非、皆さん参考にして下さい。

ニール・パートのドラムから学ぶ作り込みのフレージング!

ニール・パートのドラムから様々なことが学べます。ドラマーにはアドリブ重視の人と作り込み中心の人に分かれますが、ニール・パートのドラムは後者です。そのアイデアたるやオリジナルや変拍子をやりたい人は必ず参考になるはずです。また考え方も素晴らしく、私も見習っています。