スポンサーリンク

ドラムは女性向き? 男性から見てどう思うか?

ドラム 女

ドラムのイメージは男性が叩くと
考えている人が多いですが、

素晴らしい才能をもった女性ドラマーが大勢います。

このページでは女性ドラマーについて
私なりの意見を述べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ドラムは女性向き?

以前、

『ドラムを叩く女性をどう思いますか? 』

と質問を受けたことがあります。

少し質問の意味が分からず戸惑った
のですが、その質問主の人は

『ドラムは男性のする楽器』

というイメージを持っていたらしく、
ドラムを始めたいけれど・・・といった人でした。

私はすかさず、

『女性がドラムを叩くことは素敵ですよ♪』

という返事をしたことがあります。

高校、大学、それからプロになって、
女性のドラマーを数多く見てきました。

皆さん、それぞれに個性があり、
素晴らしいものをもっていらっしゃいました。

今私のドラム教室も女性の生徒さんも多くいます。

年齢も下は10歳から上は77歳まで幅広く
学んでいらっしゃいます。

私は長年、

『ドラムは女性の方が向いているんじゃないかな』

と思っています。

たしかに、ハードロックなどパワー主体
のドラミングは若い男性の方が有利に思えるかもしれません。

しかし、ドラムは力ではありません。

ですので、ジャンルに関係なく
女性がプレイできる楽器だと考えています。

他にも、女性はきちんと練習をこなします。

これは正確にもよると思いますが、
雑な男性ドラマーよりも綿密に練習メニューを考え、

きちんとこなし数年で見違えるほどの
テクニックを持つ人もいます。

実際、私の教え子で、全くのゼロから
はじめ、今では教室を構えるほどに

上手くなった女性ドラマーがいます。

また、やはり女性は女性しか持っていない
の細やかさがあります。

これは男性には絶対真似の出来ない芸当です。

ドラムに限らず、あらゆる芸事で威力を
発揮するのではないでしょうか?

私の大好きな女性ドラマー

シンディ・ブラックマン・サンタナ(Cindy Blackman Santana)

ドラム 女

初めて彼女を見た時は衝撃が走りました。

それは、レニー・クラヴィッツのライブ映像でした。

濃厚なサウンドの中で、異色を放っていたからです。

なぜかというと、彼女のドラムは完全な
ジャズドラムのスタイルだったからです。

しかし、レニー・クラヴィッツの
テイストにはまっていて

最高のドラミングをしていたからです。

それから、彼女のルーツを見たら、
バークリーでアラン・ドーソンに師事し、

アート・ブレイキー、エルヴィン・ジョーンズ、トニー・ウィリアムスなど

錚々たるドラム・レジェンドに
師事しているというではありませんか!

これは完全なサラブレッドだなと関心したものです。

彼女のフラムのテクニックは
非常に綺麗で、男性の叩くそれとは違います。

ロールは必見で、ロックもジャズも最高な
ドラミングといった感じです。

是非一度ご覧になってください。

エマニュエル・カルプレット(Emmanuelle Caplette)

ドラム 女

彼女のドラムも素晴らしく大好きです。

ドラムコー出身のスタイルで、きっと
A型なんどろうなぁというドラミングです。

少しメカニカルですが、相当な練習の結果ですね。

いつもインスタやyoutubeでは
茶目っ気たっぷりで、

かわいいしぐさを疲労しています。
(テクニックはビビりますよ!)

ネットでオンラインレッスンも
やっていますので、

英語と資金に自信があるならば
受講してみたらどうでしょうか?

総じて言える事は、

女性がドラムを叩くということは、素敵ですし、

女性ドラマーの人口も増やして行きたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする