スポンサーリンク

ドラムはフォームで音が変わる。基本的な考え方と練習法の紹介

ドラム フォーム
ドラムを叩く際、
音が汚い、バランスが悪い
といった人を見ることがあります。

長年ドラムをやってきて
同じドラマーなのに、
片や美しく澄んだように
聞こえるのに対し、
もう片方は雑で
ほぼ雑音のようなドラミングしか
聞こえない人もいます。

これはジャンルに関係なく、
激しいと言われるロックドラマーでも
素晴らしいプレイをして
聞く人を魅了する人は沢山います。

では、人がドラムの音を聞いて
上手いと判断するものとはなんでしょうか?

力加減でしょうか?

テクニックでしょうか?

その答えは『フォーム』なのです。

姿勢であったり、
ハンドテクニックの動かし方であったり、
ドラムを叩く全ての動き方なのです。

このページでは、この『フォーム』について
解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

フォームはなぜ重要?

芸事やスポーツなどの分野で
優れた指導者は、
学習者に対して最初に
『フォーム』を徹底的に指導します。

決して勝敗の事や
結果ばかり指導しません。

『フォーム』、
いわゆる『型』の暗記を
毎日毎日指導します。

もし、指導者たちが
勝負の勝ち負けにこだわり、
そのことだけを追及したらどうなるでしょうか?

おそらく、
その指導者のもとに学んだ人たちは、
全くよい結果は得られず、
むしろ体を壊すかもしれません。

音楽も同様で、
早く楽曲を完成させたい、
早く誰々のようになりたいといって

自分の実力を顧みず突き進むと、
決して後戻りできまい
デタラメナはフォームになっていきます。

ドラムを叩いてうるさいと感じられる人たちのフォーム

うるさいドラムの人は、大抵崩れていて、
力任せにドラムを叩きます。

それこそ親の仇と言わんばかりです。

うるさく叩くスタイルが
好きな人もいるでしょう。

しかし、基礎があって
あえてそう叩いているのと、
それしか出来ないので
そう叩いているのでは
全く次元が違う話なのです。

ドラムの基礎を身に付けてから、
激しい音楽のジャンルに進むか、
それしか叩き方を出来ないから
そのジャンルをやるかでは
雲泥の差が出てきます。

小さく美しいドラミングもできるけど、
ラウドの音楽が好きだからやる!

そういうドラマーになっていただきたいと思います。

綺麗なフォームとはどうやったら獲得できるのか?

フォームにも好みというものがあります。

例えばある人はAというドラマーが好きだけど、
Bは嫌いという具合です。

ではその好きなAというドラマーを
追いかければいいのでしょうか?

それは『No』です。

スポーツの世界もそうですが、
定番となっている基礎練習を
徹底的にこなします。

その練習をベースにし、
その人にあった奏法を考えていきます。

この作業は
独学では難しく
やはり優れたトレーナーが必要になります。

優れたトレーナーは
自身の過去の経験から、
学習者に最適なメソッドを提供できます。

学習者はそのメソッドを忠実に再現してから
自分に合う合わないを判断できますので、
効率的で、早く上達することが出来るのです。

しかし、
自分の世界を持っている人は、
なかなか人に学ぼうとしません。

これはその人の性格にもよるのですが、
実にもったいない話です。

もしあなたが、上手くなりたい、
フォームについて悩んでいるならば、
いくつかのドラムスクールの門を叩いたらどうでしょうか?

一つではありません。

10数個ドラムスクールの門を叩くのです。

そうしていると、
自分に合うスクールが必ず現れます。

かく言う私も数多くのドラマーの門を
叩きました。

最終的に4人のプロドラマーから
学びましたが、
どれも私の血肉となっています。

基礎段階を終えた後

ここからは自分の好きなアーティストの分析に入ります。

これは、そのドラマーを
そのまま完全コピーしなさいという意味ではありません。

なぜ、そのドラマーをカッコイイと感じるのか? 

関節の動きはどうなのか? 

なぜこのような腕の振りをすのか?

そういうところを研究するのです。

基礎練習を繰り返しながら、
憧れのドラマーを研究していくと、
自分とその憧れているドラマーとの乖離を
肌で感じることが出来ます。

しかし基礎の重要性を
認識している人でしたら、
どのような練習が不足しているのか一目瞭然
なのです。

基礎が無いドラマーは、
そのプレイをそっくり真似ようと
トレーニング時間の全てをつぎ込みます。

実におろかな練習スタイルをしていきます。

芸能と言われる分野や
伝統工芸といわれる分野は、
師匠から弟子にその技法を伝えることで
その文化がそのまま受け継がれるのです。

ドラムに限らず他の楽器も同様です。

『守破離』

の精神がとても大切になります。

管理人TOSHIのまとめ

・長年ドラムをやってきても、
片や美しく澄んだように
聞こえるのに対し、
もう片方は雑でほぼ雑音のような
ドラミングしか聞こえない人もいる。

・『フォーム』の完成度によって、
音の出し方が変わる。

・芸事やスポーツなどの分野で
優れた指導者は、
学習者に対して最初に
『フォーム』を徹底的に指導します。

・激しい音が好きでも、
基礎があってあえてそう叩いているのと、
それしか出来ないので
そう叩いているのでは全く次元が違う話。

・綺麗なフォームは
定番となっている基礎練習を
徹底的にこなすことで
身に付けることが出来る。

そのためには優れたトレーナーが必要。

・優れたトレーナーは
自身の過去の経験から、
学習者に最適なメソッドを提供できる。

・自分に合うドラム指導者に
出会うまで、
門を叩き続けることが重要。

・基礎の重要性を認識している人は、
どのような練習が不足しているのか
一目瞭然でわかる。

・ドラムに限らず他の楽器も同様、
『守破離』の精神がとても大切になります。

ドラム初心者のためのトータル・プレイへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする