スポンサーリンク

楽器の通信教育。効果を出すための活用方法

楽器の学び方にも色々あります。
例えば、個人で運営している教室に通う、
専門学校に通う、大学に通うなどです。

これらは全て教える人がいて、
教わる側がいるという関係性です。

反面、教則本や教則DVDなどは、
一方通行で、教わる側だけが存在している学習方法です。

通信教育やインターネットも同様ですね。

では、学習者にとって
一番効果があるものとはどんなものでしょうか?

私は、専門学校や大学といった
専門機関の教育は音楽以外で経験しました。

ドラムに関しては、
民間の経営しているスクールや
個人で運営している教室など
かなりの門を叩いたことがあります。

教則本や教則DVDは
部屋の壁一面が埋め尽くされるくらい
購入していますし、
インターネットでも無料動画や有料動画など
幅広く見ています。

また、自分でもドラム教室を
していますから、
教える側と教わる側、
両方の考え方が良くわかります。

スポンサーリンク

楽器初心者の場合

楽器を始めたばかりの人は、
例外なく『先生と生徒』という間柄が
有効です。

これは、全く予備知識がないものを
テキストで学んでも
頭に残りにくいということと、
学問と違い技術取得が必要なものは、
実例が必要になるからです。

こういったことから、
初心者は指導者の元、
基礎構築を図った方が有効です。

しかし、中には性格の不一致等の問題から
先生と合わない人もいるかもしれません。

そういった場合は、
どんどん教室を変えて自分にあった先生を
選ぶということもありです。

私の場合は、
色々なテクニックを早く知りたかったことと、
最短でうまくなるには?
ということで様々な教室に通った経験があります。

ですので、こうした『渡り歩く』といったことは
有効であると自信をもって言えます。

独学を選ぶ人もいるかもしれませんが、
やはりオススメできません。

独学で成功する人もいますが、数%でしょう。

やはり基礎が終わるまでは、
メンターとなる人に指導してもらってください。

楽器の通信教育が効力を発揮する場合

通信教育や教則本、
インターネットの無料動画で効力を発揮する人は、
ある程度基礎力が完成している人です。

こうした力を持っている人は、
ほんの一言や一瞬の動作を見ただけで、
そのヒントが分かります。

それから自分でどんどん広げていけるのです。

基礎力のある人は、
応用する力があると言えます。

ほとんどの人は『ルーディメンツ』の
テキストを練習する場合、
スティックコントロールで終わってしまいます。

しかし、基礎力がある人は
『じゃあ、これを足でやってみよう』、
『3連符で読み換えよう』と
自分自身で練習課題を作ってしまうのです。

一つの教材から何通りの練習方法を見出し、
どんどん発展させていく力があるということです。

冒頭で私は、
『教則本や教則DVDは
部屋の壁一面が埋め尽くされるくらい
購入していますし、
インターネットでも
無料動画や有料動画など
幅広く見ています。』と書いています。

これは、今使わない教則本でも、
未知の練習方法を知るためや、
個人の思考では限界があるものでも、
他の文献を参考にすることで、
『そういうやり方があったのか!』と
発見できるものも多いからです。

本物のクリエイターは違う

これまでのお話は、
いわゆる『技術の向上』といった面です。

しかし、クリエイターを目指している人は
全く世界が違います。

クリエイターとプレイヤーは
経営者と職人のような関係ですので、
求められる能力がまるきり違います。

自分がどのように
音楽に向き合って行くのかで、
方向性が違ってきますから、
最初の時点で目標を見失わないようにしてください。

クリエイターに必要なものは、
こうした教育的なものではなく
『発想』と『行動力』だと思います。

この発想もゼロの状態から生み出すには
並大抵の努力では出来ません。

クリエイターになるのも
プレイヤーになるのも
両方難しいということは確かなようです。

管理人TOSHIのまとめ

・学び方には、教室に通う、
専門学校に通う、大学に通うなどは、
全て教える人がいて、
教わる側がいるという関係性。

・教則本や教則DVDなどは、
一方通行で、教わる側だけが存在している学習方法。

・楽器を始めたばかりの人は、
例外なく『先生と生徒』という間柄が有効。

・全く予備知識がないものを
テキストで学んでも頭に残りにくい。

・学問と違い技術取得が必要なものは、
実例が必要になる。

・初心者は指導者の元、
基礎構築を図った方が有効。

・独学で成功する人もいますが、
数%。やはり基礎が終わるまでは、
メンターとなる人に指導してもらうほうがよい。

・力を持っている人は、
ほんの一言や一瞬の動作を見ただけで、
そのヒントが分かる。それから自分でどんどん広げていける。

・力を持っている人は、
一つの教材から何通りの練習方法を見出し、
どんどん発展させていく力がある。

ドラム初心者のためのトータル・プレイへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする