スポンサーリンク

パラディドルの応用をやってみよう(シングルとリバース)

パラディドル 応用

このページでは、
シングルストロークと
リバースパラディドルを
合体させたパターンを使い、
を行ってみたいと思います。

トリプルパラディドルの1種ですが、
名前がありません。

スティッキングの手順を
書くならば以下の通りです。

RLRLRRLRLRLRLLRL

このページでは、この右手部分を
バスドラムの足で行う
四肢のトレーニングを行ってみたいと思います。

シングルストロークと
リバースパラディドルが
きちんと出来ている人は、
難易度は高くありません。

スポンサーリンク

予備練習を行う

まず予備練習として、
この3つの練習行いましょう。

足スタートのシングルストローク

手足 分離

手スタートのシングルストローク

交互打ち

足スタートのリバースパラディドル

リバースパラディドル

パラディドルの応用(シングルストロークとリバースパラディドル)

STEP1 ノーマル

パラディドル 応用

1拍ずつシングルストロークと
リバースパラディドルの頭を
意識することが大事です。

しっかり4分音符を感じれば、
そう難しいものではありません。

下の①~④の手順でプレイします。

STEP1は、左足のハイハットは使いません。

①右手のみ
②左手のみ
③右左の交互
④左右の交互

STEP2 左足に4分音符を入れる

パラディドル 応用

左足の4分音符があれば、
各拍が分かりやすくなります。

しっかりと縦のラインを意識して
練習するようにしましょう!

STEP3 4分音符のウラにハイハットを入れる

パラディドル 応用
休符の部分に
ゴーストモーションを入れ
頭を感じ、
裏の部分はしっかりと踏み込み、
右足と手の部分をしっかり感じてください!

STEP4 ハイハットを8分音符で刻む

パラディドル 応用
左足の8分音符が
ダブルのつられないようにしてください。

管理人川端のアドバイス

このパラディドルの応用
(シングルストロークと
リーバースパラディドル)は
そのままリズムパターンとしても
有効です。

自分で叩く場所などを
変えてあげると覚えますよ!

練習の方法ですが、
テンポ100までは必ず3分以上
出来るようにし、
110は2分、120は1分としてください。

どこかのテンポが出来ないとしたら、
その一つ前に戻り、
もう一度3分行うようにしてください。

【練習方法】
テンポ60 3分
テンポ70 3分
テンポ80 3分
テンポ90 3分
↑出来ない場合、テンポ80を3分

テンポ100 3分
テンポ110 2分
テンポ120 1分

3連符に読み替える

上記の手順をしっかり行ったら、
3連に変換して練習していきます。
パラディドル 応用

3連符の間抜きの練習は、
疎かになる確率が高いので、
しっかりと目的意識を持ってください。

例え今やっている音楽に関係なくとも
必ず役に立ちますから、
進んで練習して下さい!

出来たら、ジャズのレガートを入れて
練習しましょう。
パラディドル 応用

高速レガートの応用

最後に高速レガートの練習です。
パラディドル 応用
ジャズのアップテンポの
トレーニングですが、
このままロック系の
フレーズとしても使えます。

その際4拍目のスネアに
アクセントをつけると
カッコイイフレーズになりますよ!

管理人川端のまとめ

・シングルストロークと
リバースパラディドルが
きちんと出来ている人は、
難易度は高くない。

・1拍ずつシングルストロークと
リバースパラディドルの頭を
意識することが大事。

・左足の4分音符があれば、
各拍が分かりやすくなる。

しっかりと縦のラインを意識して
練習するようにする。

・パラディドルの応用
(シングルストロークと
リーバースパラディドル)は
そのままリズムパターンとしても有効。

・練習の方法は、
テンポ100までは必ず
3分以上出来るようにし、
110は2分、120は1分とする。

・3連符の間抜きの練習は、
疎かになる確率が高いので、
しっかりと目的意識を持つこと。

今やっている音楽に
関係なくとも必ず役に立つ。

・ジャズのアップテンポの
トレーニングは、
ロック系のフレーズとしても使える。

その際4拍目のスネアに
アクセントをつけると
カッコイイフレーズになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする