スポンサーリンク

ドラム初心者。8ビートとその応用

ドラム初心者 8ビート
このページでは8ビートと
言われるリズムの練習を
行っていきます。

この8ビートはポップスで
最も多く使われているリズムです。

ドラム初心者の人が
一番最初に学ぶリズムになります。

是非マスターしてくださいね!

スポンサーリンク

8ビートはどんなもの?

元々、音楽には『拍』というものが
あります。

皆さんもカラオケなどに行く場合、
『手拍子』をしますよね?

あのことです。

音楽ではこの拍を4つづつ塊になって
進行していくと言うルールがあります。

この4つの拍の一つを『4分音符』といい、

『拍=4分音符』

入る器のことを『小節』と名づけています。

ドラム初心者 8ビート

ですから8つ入れば、8分音符となります。

ドラム初心者 8ビート

音楽的に考えると、

『1と2と3と4と』という具合に
4分音符を基本としてカウントするのが一般的です。

8ビートの『8』の意味なんですが、
この8分音符が元になっているリズムの
ことを言います。

全く音楽をやったことが無い人は
難しく考えないで

『8回のサイクルがグルグル回るリズム』

と考えて大丈夫です。例えばこんな感じです。

『12345678』『12345678』『12345678』・・・・

ドラムの8ビートはポピュラーミュージックの要

下の譜面をご覧ください。

こちらが8ビートの譜面になりますが、
譜面の音符が分からない人は、
下の記譜法を参照してください。
ドラム初心者 8ビート

ドラム初心者 8ビート

楽譜は下から数えて
第1線、第2線、第3線、第4線、第5線

その間のことを
第1間、第2間、第3間、第4間

と言います。

メロディー楽器をやっている人なら

第5線=『ラ』=ハイハット(右手で叩きます。)
第3間=『ミ』=スネアドラム(左手で叩きます。)
第1間=『ソ』=バスドラム(右足で叩きます。)
と解釈すればわかると思います。

ゆっくりとしたテンポで、
急がずにじっくりと丁寧に
叩き込みましょう。

目安として自分の好きな曲の
長さを考えてください。

5分程度でしたら、
5分間は継続して出来たら合格です。

ハイハットを叩きましょう

第5線=『ラ』=ハイハットみ右手で叩きます。
8ビートの『8』は8分音符のことですから、
1小節の中に8回ハイハットを叩きます。

スネアドラムを加えましょう

次は、第3間=『ミ』=スネアドラムを加えていきます。
4分音符の2,4拍に入れていきます。

『12345678』と数えるなら
『3』と『7』がスネアドラムです。

バスドラムを加えましょう

最後は、第1間=『ソ』=バスドラムを加えて完成です。
これは全拍にバスドラムを入れるパターンです。

『12345678』と数えるなら
『1』『3』『5』『7』がバスドラムです。

ドラムの8ビートをライド・シンバルを叩いてみよう

それでは、
次の段階に進める人のために
新たな8ビートを出します。

今までハイハットで叩いた右手を
ライドシンバルで叩いてみて下さい。

ライドシンバルは大きく、
カップ、ボウ、エッジの3つの部分に
分けられており、
ボウの部分を叩きます。

シンバルの譜面の書き方は
同じ×のマークを使います。
ドラム 初心者 シンバル

左足はどうするの?

ライドシンバルに右手を移したら
左足が余りますよね?

左足はどうするのかというと、
4分音符または8分音符を刻んで
リズムキープをするのが一般的です。

両方出来れば最高ですが、
4分音符だけでも大丈夫です。

ドラム初心者にとっては
初めての四肢の分解です。

最初はとても難しいと
感じるかもしれませんが、
ゆっくりやれば出来ますので、
じっくりトレーニングしましょう。

ではここからその手順を
示しますのでトライしてみて下さい。

①左足4分音符+ライドシンバル
②左足4分音符+バスドラム
③左足4分音符+スネアドラム
④全部合体

どこでバランスが崩れるのかを
把握して、
出来ない部分にフォーカスして
繰り返し練習して下さい。

これも慣れですので、
必ず出来るようになりますから
心配しないでください。

では、またハイハットへ戻りますが、
今度は左足は空踏みを行います。

この空踏みのことを
ゴーストモーションといい、
ハイハットでリズムを叩くときには
必ず必要になります。

このゴーストモーションは
メジャーの役目があり、
テンポが狂うことを抑制します。

今後の課題

このように一つのリズムパターンを
学んだら、
ハイハットとライドシンバルは
対の関係で練習していきます。

通常8ビートを一つ学んだら、
それで終わりという人も多く、
一つのリズムを
どう発展していけばいいか
解らないという人もいます。

1つのリズムから最低でも8つ、
多くて20位の発展が出来ますので、
一つ一つ解説していきます。

a)右手を4分音符で叩く

今までやってきた8分音符の
ハイハットやライドシンバルの
パターンを4分音符で叩きます。

4分音符で叩くということは
音数が減りますよね?

ですので、
スピードが上げられます。

可能な限りスピードアップしてみてきださい!

ドラム 初心者 8ビート

b)右手を裏打ちで叩く

今度は、4分音符の裏で叩く
パターンです。

慣れるまでは
やりずらいと思いますが、
これも必須のパターンとなります。

ライドシンバルを叩く場合は、
ボウとカップを叩く練習もしてみてください。

ドラム 初心者 8ビート

c)オープン・クローズで叩く

通常の8ビートのパターンに
左足の開閉が加わる
オープン・クローズをやってみます。

これは、初心者にとっては
非常に難易度が高いと思いますが、
カッコいいので是非トライしてください。

ドラム 初心者 8ビート オープン・クローズ

d)ハイハットを16分音符で叩く(左右交互)

いわゆる16ビートです。
おおよそテンポ100~120で
叩ければ合格とします。

フュージョンと言われる
ジャンルには必須のパターンに
なりますから、是非マスターしましょう!

ドラム 初心者 16ビート

上記のパターンの動画です。

e)右手で16分音符を叩く

16ビートですが、
片手で叩くためスローの
16ビートになります。

このリズムは
オシャレな都会的な音楽に
良く似合うリズムパターンです。

片手で16分を叩くために、
早さの上限があります。

初心者の段階では
テンポ80位がたたければ合格とし、
プロフェッショナルを
目指すのであれば、
100は欲しいところです。

ドラム 初心者 16ビート

左足は、いずれのパターンも
4分音符または8分音符を踏みます。

その他16ビートに関しては、
こちらのページに詳しく
解説しています。

・16ビートのドラムパターン。
2つのリズムのマスターが要!

他にもまだまだ沢山の応用例が
ありますが、
上記のa)~d)をやれれば、先ずはOKです。

このように一つの
リズムパターンから
色々派生していきます。

皆さんも自分で可能な限り
リズムを作ってみてください。

管理人TOSHIのまとめ

・どれくらいの時間で
継続出来たら合格か? というと、
目安として自分の好きな曲の
長さを考えて、
5分程度だと5分間は継続して
出来たら合格とします。

・ライドシンバルは大きく、
カップ、ボウ、エッジの
3つの部分に分けられており、
ボウの部分を叩きます。

・ライドシンバルに右手を移したら
左足は4分音符または8分音符を
刻んでリズムキープをするのが一般的。

・四肢の分裂は、
初心者では難しいので、
どこでバランスが崩れるのかを把握し、
出来ない部分にフォーカスして
繰り返し練習して下さい。

・ハイハットは
左足を空踏みを行う。
この空踏みのことを
ゴーストモーションといい、
メジャーの役目があり、
テンポが狂うことを抑制します。

・一つのリズムパターンを学んだら、
ハイハットとライドシンバルは
対の関係で練習していく。

ドラム初心者のためのリズムパターンに戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする