スポンサーリンク

ドラムでアドリブが苦手。コツと考え方を伝授

ドラム アドリブ 苦手
ドラムに限らず、
楽器をプレイする人には
2通りのタイプがいます。

それはアドリブが出来る人と、
出来ない人です。

この両者は
譜面が強い人と弱い人に分けられ、
それぞれに練習方法が違ってきます。

このページでは
それぞれのタイプによる
練習方法の違いなどを
述べてみたいと思いますので、
参考にしてください。

スポンサーリンク

アドリブが出来るということ

アドリブの作り方は、
その人の中から
湧き出てくるリズムを
いいますが、

ただ暗記したフレーズということ
ではありません。

その現場で周りの
ミュージシャンの音を
聞きながら
反応することを言います。

こういったことを
得意にするためには、
やはり基礎練習から始め、
様々な楽曲をコピーしていく段階で
培われます。

もちろん最初は、
コピーですから、
その通りにしか演奏できませんが、
何年も何年も
トレーニングするうちに
自然と音楽の言葉を話せるようになります。

訓練の比重によって結果が違う

よくクラシック奏者の方で、
譜面があれば演奏できるが、
ジャズのアドリブは出来ない
といった話しを聞きますが、

それは単純に譜面を読んで
プレイするスタイルから
逸脱していないだけなのです。

ただ単純に量を増やすということです。

ジャズでは同じ曲なのに
全くテンポやリズムが違い、
暗記しただけでは到底出来ません。

すなわちある一定のパターンの暗記が
必要になります。

もちろんこれは、
十分な基礎が身に付いている人の
レベルです。

基礎が身に付いている人ならば、
数か月パターンの取得だけで
アドリブが出来るようになります。

これは曲ごとですから、
1曲を十分練習し、
2曲目といった感じで
トレーニングしていけば出来るようになります。

ある一定の量を超えるあたりから、
コードやリズムなども
わかるようになりますから、

いわゆる『初見』で
アドリブがどんどん出来るようになります。

ドラマーに多いパターン

ドラマーの場合、
譜面が弱いがアドリブが出来る
という人は多くいます。

こういった人は逆に
完全コピーを繰り返し、
音量、フレーズを譜面通りに
演奏する練習が必要になります。

私もこのタイプの人間で、
先にアドリブが出来るように
なりました。

その後は、
ロックバンドや
ジャズのビックバンドに所属し、
譜面漬けの日々を送るようになり
譜面が得意になったのです。

これも『慣れ』の部分が強く
繰り返し同じ譜面を
練習していけば強くなれます。

譜面も弱ければ、
アドリブも出来ないといった
タイプの人は、
ドラムを始めたばかりの人か
練習不足の人です。

ビギナーの場合はアドリブなど考えず、
今、目の前にある教則本を
徹底的にマスターして下さい。

初心者用に書かれている本や
友人達とのバンドを通じて
段々と基礎体力が付いていきますから、
心配しなくても大丈夫です。

何年もドラムをやっているのに叩けない

そういった人たちは、
はっきり言うと『甘い』のです。

いつも同じテンポばかりでは
ないですか? 

同じフレーズから
スタートしていませんか? 

じっくり腰を据えて
曲を譜面に興したことがありますか? 

過去人前でどれ位演奏しましたか?

挙げればきりが無い位あります。

端的に言うと
ドラムが好きなのですが、
練習が続かないのです。

これはザルで水を掬うのと同じで、
全く身に付かないのです。

とにかく
『覚悟』を決めるしかありません。

常に『圧倒的な量』という考え方が必要です。

それくらい
日々練習すれば、
アドリブなど怖くもなんともない事なのです。

譜面に強いことと、
アドリブが自由に使いこなせる
ということは、
車でいう両輪の輪です。

どちらか一方しか出来ない場合は
車が走らないのと同じです。

どちらかが得意ということも
輪の大きさが違うことを
意味していますから、
バランスが悪くなります。

どうか皆さん、
バランスよいミュージシャンに
なってくださいね。

管理人TOSHIのまとめ

・ドラムに限らず、
楽器をプレイする人には
2通りのタイプがいる。

それはアドリブが出来る人と、
出来ない人。

・この両者は
譜面が強い人と弱い人に
分けられ、
それぞれに練習方法が違ってくる。

・アドリブの作り方は、
その人の中から湧き出てくるリズムをいう。

・ただ暗記したフレーズ
ということではなく、
その現場で周りのミュージシャンの
音を聞きながら反応することを言う。

・アドリブは基礎練習から始め、
様々な楽曲をコピーしていく段階で培われる。

・譜面があれば演奏できるが、
ジャズのアドリブは出来ない
といった話は、
単純に譜面を読んでプレイする
スタイルから逸脱していないだけ。

・基礎が身に付いている人ならば、
数か月パターンの取得だけで
アドリブが出来るようになる。

・譜面が弱いが
アドリブが出来るという人は、
逆に完全コピーを繰り返し、
音量、フレーズを譜面通りに演奏する練習が必要。

・譜面も弱ければ、
アドリブも出来ない
といったタイプの人は、
ドラムを始めたばかりの人か練習不足の人。

・何年もドラムをやっている
にも関わらず、
いつも決まりきった
フレーズしか叩けない、
弾けないといった人たちは、
はっきり言うと『甘い』。

・譜面に強いことと、
アドリブが自由に使いこなせる
ということは、
車でいう両輪の輪。

どちらか一方しか出来ない場合は
車が走らないのと同じ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする