スポンサーリンク

5拍子ドラムソロの練習。変拍子のアプローチ2

5拍子と聞いて、
皆さんはどんな曲を
思い浮かべるでしょうか? 

ロックやポップスなどでは
あまり馴染みがありませんが、
ジャズの世界では有名な曲があります。

それは『テイク・ファイブ』という曲です。

これは
デイブ・ブルーベック・カルテット
の曲で、ドラマーは
『ジョー・モレロ』です。

彼のスティックコントロールは
大変美しく、
多くファンを獲得しました。

テイク・ファイブは
今でも人気があり、
必ずリクエストされる曲です。

しかし、
5拍子の曲は
プレイヤーもやり慣れていないため、
普段はやらない人も多いのが現状です。

しかし、
その独特なリズムの取り方は、
ややもすれば癖になるくらい
面白いものですので、
是非マスターして下さい。

先ず5拍子の曲は
どのように感じればいいのかというと、
最初はメロディーの塊が
どのように進行していくのかを
考えます。

デイブ・ブルーベック・カルテットの
テイク・ファイブは
以下のような塊で進行しています。

1,2,3・1,2

3拍子と2拍子の塊が、
曲の最初から最後まで
進行していきます。

これはテイク・ファイブの
進行であって、
他の曲は違うものも考えられます。

例えば、
1,2,3,4,5と
いった5拍子全部で感じる。

1・1,2,3,4と、
1拍と4拍子の塊として進行する。

1,2・1,2,3と
テイク・ファイブと逆パターンで進行する。

といった感じで、
曲のメロディーと密接に
関係しています。

・テイク・ファイブの練習

テイク・ファイブの
5拍子は上記の通り、
3と2の塊で進行します。

左足のハイハットは
『2』の位置、
つまりは、
2拍目と5拍目に踏みます。

上半身のスティックは
2拍目と5拍目のハイハットを
キープしながら様々な音型を
練習しなければいけません。

8分音符
先ず8分音符ですが、
右スタート、左スタート
どちらも出来るように練習します。

慣れるまでは
足のハイハットは
思うようにいきませんが、
頑張って練習してください。

3連符
3連符の場合は、
各拍の頭が入れ替わりますから、
非常にやり辛くなりますが、
これも必要な練習ですので頑張りましょう。

16分音符
16分音符の場合は、
上記の8分音符の練習と似ています。

各拍の頭が右足と合致するため、
左足のハイハットだけ気にすればOKです。

6連符
6連符も同様です。
5拍子

上記の基礎が終わったら、
音符の入れ替えを行います。

テイク・ファイブの場合、
3と2の塊で進行しますから、
最初の3拍子は8分音符、
次の2拍子は16分音符
という具合に変えていきます。

例)
5拍子2
このような感じで、
可能な限り作っていきます。

しかし、
3連符を当てはめたときに、
各拍が逆さまになることから、
やり辛いと感じる人も出てくるでしょう。

そういった場合には
無理に交互打ちにこだわらず、
手順や音符を変えてあげればいいです。

右利きの場合、
3連符はRLR/LRLと2拍分やったら
元の右に戻る訳ですから、
2拍だけは連続で3連符を使用したり、
RLR/LRL/RLLのように
最後の手順を変えたりするのです。

例)
5拍子3

4拍子と違い、3拍子や5拍子は
ソロの進行に制限があるため、
各人のソロの工夫というものが
必要になります。

あとは、
自分なりのフレーズを
見つけ出したら、
どんなテンポにも耐えうるだけの
反復練習をするだけです。

コピー
最後は本家本元の
ジョー・モレロのコピーをします。

なぜ
最初からコピーをしないか?
というと、
5拍子の身体に慣れさせるのが
先決です。

まず、
基礎となる音符と
自分なりの5拍子の感覚を
身に付ける方が先なのです。

上記の基礎を終わらせた人ならば、
ジョー・モレロのフレーズは
比較的早くマスター出来ますので、
是非頑張って下さい。

管理人TOSHIのまとめ
・5拍子は、ロックやポップスなどではあまり馴染みがないが、ジャズの世界では『テイク・ファイブ』が有名。

・デイブ・ブルーベック・カルテットの曲で、ドラマーは『ジョー・モレロ』。

・5拍子の曲はプレイヤーもやり慣れていないため、普段はやらない人も多いのが現状。

・5拍子の曲はどのように感じればいいのかというと、最初はメロディーの塊がどのように進行していくのかを考える。

・デイブ・ブルーベック・カルテットのテイク・ファイブは『1,2,3・1,2』の塊で進行する。

・テイク・ファイブの5拍子で左足のハイハットは『2』の位置、つまりは、2拍目と5拍目に踏む。

・上半身のスティックは2拍目と5拍目のハイハットをキープしながら様々な音型を練習する。

・基礎が終わったら、音符の入れ替えを行う。テイク・ファイブの場合、3と2の塊で進行するので、最初の3拍子は8分音符、次の2拍子は16分音符という具合に変えていく。

・4拍子と違い、3拍子や5拍子はソロの進行に制限があるため、各人のソロの工夫というものが必要になる。

・最後は本家本元のジョー・モレロのコピーをする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする