押さえておくべきジャズドラマー一覧

ピーター・アースキンからお手本ドラミングを学ぶ

ピーター・アースキンのドラミングはロック、フュージョン、ジャズ全てのジャンルをオールマイティに出来るものです。フォームも美しく、ドラマーでしたら是非とも習得したいスタイルです。このページではピーター・アースキンの歴史やドラムを分析しています。是非参考にして下さい。

ジーンクルーパのシングシングシングで全てが変った!

ジーンクルーパのシングシングシングはこれまで只の伴奏楽器だったドラムをソロが出来る楽器へ変えました。そのテクニックはそれほど難しくなく初心者でも楽しんで練習が出来ます。このページではジーンクルーパ シングシングシングについてや彼の歴史などをご紹介しています。

トニー・ウィリアムスの名盤を時系列でご紹介します!

トニー・ウィリアムスの名盤を時系列でご紹介いたします。僅か18歳でマイルスのリズム隊に入り天才の名をほしいままにした彼のドラミングです。練習にしては難易度が高くなりますが、果敢にチャレンジしたい人は、トニー・ウィリアムスの名盤を順を追って聴くことをオススメします!

バディ・リッチ。天才のドラムを凡人はどう学ぶべきか?

バディ・リッチの天才的なテクニックを聞くと、その凄さに圧倒されてしまいます。我々凡人が彼の非現実的なドラミングを学ぼうとするとき、どんなことに気をつければいいのかをまとめています。また、バディ・リッチが天才と言われる由縁や経歴に関しても述べています。是非、参考にしてください。

ルイ・ベルソンはツーバスの開祖。研究する価値あり!

ルイ・ベルソンがツーバスを最初に始めたドラマーであるということ意外にも知らない人は多いですね。今ではロックの世界で市民権を得ているので、ジャズから始まったと思わないのでしょう。このページでは、ルイ・ベルソンのツーバスの歴史から考え方まで述べています。