押さえておくべきジャズドラマー一覧

トニー・ウィリアムスの名盤を時系列でご紹介します!

トニー・ウィリアムスの名盤を時系列でご紹介いたします。僅か18歳でマイルスのリズム隊に入り天才の名をほしいままにした彼のドラミングです。練習にしては難易度が高くなりますが、果敢にチャレンジしたい人は、トニー・ウィリアムスの名盤を順を追って聴くことをオススメします!

バディ・リッチ。天才のドラムを凡人はどう学ぶべきか?

バディ・リッチの天才的なテクニックを聞くと、その凄さに圧倒されてしまいます。我々凡人が彼の非現実的なドラミングを学ぼうとするとき、どんなことに気をつければいいのかをまとめています。また、バディ・リッチが天才と言われる由縁や経歴に関しても述べています。是非、参考にしてください。

ルイ・ベルソンはツーバスの開祖。研究する価値あり!

ルイ・ベルソンがツーバスを最初に始めたドラマーであるということ意外にも知らない人は多いですね。今ではロックの世界で市民権を得ているので、ジャズから始まったと思わないのでしょう。このページでは、ルイ・ベルソンのツーバスの歴史から考え方まで述べています。

ジェフ テイン ワッツは、オールマイティ・ドラムの先駆け

ジェフ テイン ワッツのスタイルは、ジャズ、ファンク、ロック全てが詰まったドラミングです。現在の若手ドラマーのスタイルですが、ジェフ テイン ワッツらの登場によってから変わってきました。その奏法は、とても難解ですが、気持ちが良く、勉強するに値するものです。是非皆さん、聴いて下さいね。

シャドウ・ウィルソン。”影”の由来を知っていますか?

シャドウ・ウィルソンの名前は、ある意外な映画から聞くことが出来ます。”影”の意味は、彼のドラミングそのものを表現しています。ドラマーとしては、あまり知名度はありませんが、ジャズが好きならばシャドウ・ウィルソンは、押さえておくべきプレイヤーです。