スポンサーリンク

ドラムが下手、上手ということの考察。基準ってある?

物事の線引きに
『合格』『不合格』
という言葉があります。

これはある一定の
レベルなら大丈夫だが、
それ以下なら駄目
ということを意味しています。

一方で、
『上手』『下手』
ということばがありますが、
これはこの線引きが曖昧で、
いわゆる数値化出来ない
ものに用いられます。

その他、
『おいしい』『まずい』
などもありますよね。

音楽の世界では
『上手い』『下手』
という表現を使い、
そのプレイヤーの
レベルを表現します。

ここでは、
この『上手い』『下手』
について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

『上手』『下手』の使われ方

ドラムに限らず
他の楽器や芸事など
始めたばかりの人は、
その事柄に
精通していませんから、
全く出来ません。

このころのレベルを
上手い・下手で
表現するなら
『下手』ですね。

しかし、
しばらく練習を重ねると、
先生から
『随分と上手くなったねぇ』
と言われます。

決して
『下手だけど
少しレベルが上がったね』
とは言いませんね。
(言う人はいるかもしれません(笑))

これは何を
意味しているかというと、
比べる対象があり、
その基準から
自分の好みに
近づいているか
遠いかを判断しているのです。

ですから、
もっとレベルが下の人から
見ると
『上手く』
見えるのに対し、
レベルの上の人から見ると
『下手』に見えるのです。

『合格』『不合格』の使われ方

入試などはこの合否を出して、
その人のレベルを判断します。

70点で合格ギリギリの人もいれば、
69点で不合格の人もいます。

曖昧な線引きはなく、
きっぱりと
白・黒が付けられます。

こうした合否判定が
できるメリットは、
あらかじめ対策が立てやすく、
ゴールが分かりやすいのです。

デメリットとしては、
点数を追いかける為に
メッソドが生まれ、
誰がやっても同じ
思考回路になるということです。

受験などは
その典型例と言えます。

だれがやっても
同じように
解答できるようになり、
ゼネラリストを
生産しやすいのですが、
そこで止まります。

音楽や芸術の世界は数値化出来ない

音楽や芸術の世界は、
学校の授業はありますが、
受験にはありません。

音大受験や芸大受験などは、
数値化とは違います。

仮に数値化できる
メッソドがあり、
受験で音楽が必須科目だったら、
この世は素晴らしい
テクニックを使える
プレイヤーが
ゴロゴロ増えるでしょう。

しかし、
どの演奏を聞いても
皆同じという結果に
なることは明らかです。

音楽や芸術の世界は

『主観』

が全てです。

その人にとって
好みであるかどうかで
決まります。

ただこうやると、
漠然としているので、
最低限の『上手い』基準を述べると、

・リズムキープが出来る。

・音量のバランスが理解できる。

・周りの音を聞ける。

・瞬発的な判断で
リズムチェンジが出来る。

・譜面を見て瞬間的に
音に変換できる。

・ある程度のテクニックや
スピードに対応できる。

・ジャンルによる
得手不得手がない。

こうしたことが挙げられます。

結局最後は自分の判断

このように数値化
できないものは、
ゴールがありません。

したがって、
最後はその人の判断になります。

『これ位できたらいいや!』
と思えばそれ以上
上手くなりませんし、
『全然だめだ』
と思い続ければ、
一生上手くなり続けます。

私は完全に後者のタイプで、
毎日がストレスの塊のような
生活ですが、
果てしないゴールのない世界を
楽しんでいます。

心から
数値化できない世界を
選んでよかったと思っています。

あなたはどっちがいいですか?

管理人TOSHIのまとめ

・物事の線引きに
『合格』『不合格』
という言葉がある。

これはある一定の
レベルなら大丈夫だが、
それ以下なら駄目
ということを意味している。

・『上手』『下手』
という言葉は、
線引きが曖昧で、
いわゆる数値化出来ない
ものに用いられる。

・ドラムに限らず
他の楽器や芸事など
始めたばかりの人は、
その事柄に
精通していませんから、
全く出来ない。

このころのレベルを
上手い・下手で表現するなら
『下手』。

・『上手い下手』は、
比べる対象があり、
その基準から
自分の好みに
近づいているか
遠いかを判断している。

・合否判定ができる
メリットは、
あらかじめ対策が立てやすく、
ゴールが分かりやすい。

・デメリットとしては、
点数を追いかける為に
メッソドが生まれ、
誰がやっても
同じ思考回路になる。

・芸術の世界で、
仮に数値化できる
メッソドがあり、
受験で音楽が
必須科目だったら、
この世は素晴らしい
テクニックを使える
プレイヤーがゴロゴロ増える。

しかし、
どの演奏を聞いても
皆同じという結果になる。

・音楽や芸術の世界は
『主観』が全て。

・最後はその人の判断。
『これ位できたらいいや!』と
思えばそれ以上
上手くならないが、
『全然だめだ』
と思い続ければ、
一生上手くなり続ける。

ドラム初心者のためのトータル・プレイへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする