スポンサーリンク

ドラムはスキルか感性か?どっちが正しい?

よくミュージシャン同士で話題に
なるものに
『楽器はスキルか感性か? 』
という議論が起きます。

ある人はスキル派で
『どんなに才能が有っても
演奏する技術が無ければ
表現できない』と言い、

ある人は、
『演奏技術よりもハートだ!
何を伝えたいかが重要!』と
いいます。

一体どちらが正しいのでしょうか?

スポンサーリンク

考え方の違いからくる

私も若いころは
技術が無ければ何にも出来ない
じゃないか?
という考えを持っていたことが
ありました。

以前は
ありとあらゆるテクニックを
習得することで、トータル的に
ドラムが上手くなると
考えていたからです。

しかし、ある日、
8ビートしか叩けないという
アマチュアドラマーに出会いました。

最初は高をくくっていたのですが、
そのタイム感や
バックビートのキレのいい音、
本当に素晴らしいものがありました。

とても太刀打ちが出来ない
8ビートだったのです。

しかし、
他のリズムやロールといった
基礎テクニックを叩いてもらうと、
お話にならないといった具合でした。

これはやはり考え方だと思います。
8ビートの彼は、
ドラムの技術というより、
歌そのものを重視して、
ドラムのスキルは、
その歌の表現のツールというわけです。

『俺は8ビートだけたたければ
それでいい!』
という考え方でしたら、
このスタイルを
一生貫いていけばいいと思います。

しかし、
私は無理でした。

ひとつ100点で後は0点という
スタイルより、
全て80点でオールAを
狙うというのが私の考えだからです。

ロックもジャズもラテンも
ドラムが入っている楽曲は
全て楽しんだ方が、
よりよい音楽人生を送れると
思うのです。

その中から主となるジャンルを
選んだ方がいいと思っていたのです。

いくらスキルを追いかけても

上記の彼の様な、
歌の為のドラムという考えの人も、
時が経てば考え方が変わります。

歌や周りの人のフレーズに
自分のスキルが追いつかないからです。

そこで初めて練習の重要性に
気が付くのです。

しかし、
あまりに出来るフレーズと
出来ないフレーズの乖離に
悩まされ、
結局8ビートしか叩けない
ドラマーになる人が多いことも事実です。

逆にスキルを追い求めても、
どうも違うと考える人も多くいます。

サクサク体は動くのに、
ここぞという表現力が
ないのです。

それで、
身体は動くが薄いドラム
という人も数多くいます。

結局、
同じなのではないかと思います。

最初の心のスイッチ次第で
方向性が変わるだけで、
追い求めるゴールは
同じではないかと考えます。

私が思う感性を持つ人

例えば、
練習が嫌で技術が一向に向上しない
タイプの人が
『やっぱ、ドラムは感性だよ』
と言っても全く説得力がありませんね?

本当に感性がある人というのは、
練習に練習を重ねて、
それでもなお、
到達できない域を知ったときに
『まだ練習不足だ』
という人ではないでしょうか?

自分には才能などないと自覚し、
努力を続けられる人。

こうした人は
十分感性があると考えるのです。

もちろん、
最初から足が速い人がいるように、
ドラムの運動神経が
発達している人がいることは
事実です。

しかし、
その能力も情熱があれば、
空いた隙間を埋めてくれるものなのです。

今活躍しているミュージシャンが
全員、才能あふれ湯水のように
フレーズが出てくる人ばかりなのかと
言われれば、
もちろんそういった人もいるでしょう。

しかし、
ほとんどが平凡な人ではないでしょうか?

プロミュージシャンになるまで、
なった後も努力を怠らなかった人
ではないでしょうか?

皆さん、
全ての人にチャンスがある世界です。

管理人TOSHIのまとめ

・よくミュージシャン同士で
話題になるものに『
楽器はスキルか感性か? 』
という議論が起きる。

・『俺は8ビートだけたたければ
それでいい!』
という考え方なら、
このスタイルを一生貫いていけばいい。

・ひとつ100点で後は0点という
スタイルより、
全て80点でオールAを狙うというのが私の考え。

・ロックもジャズもラテンも
ドラムが入っている楽曲は
全て楽しんだ方が、
よりよい音楽人生を送れる。
その中から主となるジャンルを
選んだ方がいい。

・歌の為のドラムという考えの人も、
時が経てば考え方が変わる。

・歌や周りの人のフレーズに
自分のスキルが追いつかないとき、
そこで初めて練習の重要性に気が付く。

・逆にスキルを追い求めても、
どうも違うと考える人も多くいる。

・本当に感性がある人というのは、
練習に練習を重ねて、
それでもなお、
到達できない域を知ったときに
『まだ練習不足だ』という人。

・自分には才能などないと自覚し、
努力を続けられる人。
こうした人は十分感性があるといえる。

・能力の差は情熱があれば、
空いた隙間を埋めてくれる。

ドラム初心者のためのトータル・プレイへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする