スポンサーリンク

ジャズドラムの教則本、これが購入のポイント!

ジャズドラム 教則本

ジャズドラムの基礎をマスターするには
誰かに学ぶということが最も効率が良いです。

しかし、どんな人でもやがて限界が
来てしまい、新たに道を探すことになります。

その後は教則本やDVDといった媒体から
自らメニューを作ることが必要になってきます。

このページでは

『ジャズドラムの教則本、これが購入のポイント!』

と題しまして色々延べてみたいと思います。

スポンサーリンク

完璧主義になってはダメです!

私は自分で練習メニューを考えることが
大好きなのですが、

どうしても偏りが出て来ます。

そのため教則本からヒントを得て
自分の足りない部分を補うようにしています。

初期の段階では、1冊ないし2冊を完全に
マスターすることが上達の秘訣ですが、

ある程度基礎が身に付いた後、完璧に
克服しようとすると効率が悪くなるのです。

いわゆる練習マニアのような状態に陥るのです。

過去、こういった練習マニアの人を数多く見てきました。

スタジオや自宅で練習にのみ意識が傾き
教則本のマスターに命をかけるのです。

新しい教則本を購入する基準

ジャズドラム 教則本

新しい教則本はヒント集のような役割で
完全に消化する必要はなく

自分に足りない箇所を補う為に使用します。

教則本は直ぐに廃盤になったりしますので

楽器店やインターネットで見かけた本は
お金に余裕があれば購入するのがオススメです。

私も目に付いた教則本は、とりあえず購入しています。

そのせいで、マスターしていない本は
本棚の中に山のようにあります。

しかし、こういった教則本は、
後年になって力を発揮します。

今は全く意味が解らない無駄に思える
フレーズや練習方法などが宝の山に変わるからです。

また、レッスン生の教材にも使えます。

その他ドラムスクールに通うという
方法がありますが

ドラム教室は大体30分から60分が
レッスンですので

学ぶフレーズも限りがあり、
ヒントを得るには効率が悪くなります。

やはり教則本が効果的です。

以下は過去私が購入していいなと
思ったもの数冊上げておきますから
参考にされてください。

オススメのジャズドラム教則本

ジャズの基礎を学ぶなら

・ドラマーズ・トレーニング・バイブル

・はじめてのジャズドラム マイナスワンCDでジャズ・セッションを体感 坂田稔著 リットーミュージック

・BEYOND BOP DRUMMING By John Riley Alfred

・The Jazz Drummer’s Workshop By John Riley

・シンコペーション テッドリード

ビッグバンドを学ぶなら

・はじめてのビッグバンド カラオケCDでジャズ・セッションを体感 坂田稔著

・ビッグ・バンドマスター ドラムス ATN.inc

ドラムソロを学ぶなら

・ジャズドラム・フレーズ集 基礎編 市川宇一郎 音楽之友社

・ジャズドラム・フレーズ集 中級編 市川宇一郎 音楽之友社

・THE PHILLY JOE JONES SOLO BOOK
ジャズドラム 教則本

これ以外にもまだ沢山有りますが
これだけでも結構な分量になります。

これはジャズの教則本に特化して
説明していますが、

ルーディメンツやロック、
四肢の分解、リーディングと考えた場合、

沢山の教則本が必要になります。

完璧主義になるとマスター出来ない
と言うのがわかると思います。

是非、皆さんは効率良く練習を行って下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする