スポンサーリンク

ジョン・ボーナムのドラムは、ロックドラミングの原点だ!

ジョン ボーナム ドラム

スポンサーリンク

ジョン・ボーナム(John Bonham)

本名:ジョン・ヘンリー・ボーナム
(John Henry Bonham)
愛称はボンゾ。

1948年5月31日 イングランド南西部 
ウスターシア・レディジ生まれ 。
1980年9月25日没

ジョン・ボーナムの活躍については
なんといっても
レッド・ツェッペリンですね。

レッド・ツェッペリンの誕生秘話などは、
他の人が書いていますので、
ここでは割愛いたします。

私が初めてレッド・ツェッペリンの
ジョン・ボーナムを聴いたときの
衝撃は忘れられません。

私の衝撃は、かの有名な
3連符の頭抜きのバスドラムです。

『えっ? なんなん? この足?? 』

と思い、何度も繰り返して
聞いた思い出があります。

『移民の歌』も同様で、
重戦車のようなフレーズに
鳥肌が立ちまくっていました。

おそらく、このページを
ご覧の読者も同様な気持ちになった人が
多いのではないでしょうか?

レッド・ツェッペリンは個の集合体

レッド・ツェッペリンの存在は、
本当に凄いと思います。

ジミー・ペイジ、
ロバート・プラント、
ジョン・ポール・ジョーンズ 、
そして、ジョン・ボーナムが揃って初めて

『レッド・ツェッペリン』という・・・

こういったバンドはあまりありませんね。

ジョン・ボーナムの死後、
サイモン・カーク、または
コージー・パウエルを加入させ
レッド・ツェッペリンを存続させようと
したらしいですが、
この案は採用されませんでした。

本当に解散して良かったと思います。

もし、他のドラマーが入った場合の
レッド・ツェッペリンは全く想像が出来ません。

ジョン・ボーナムは、常にオリジナルにこだわっていた

聞けば一発で彼のプレイだと
わかるドラミングですが、
ただ単純にプレイしていたのではなく、
彼自身も常にオリジナルに
こだわりながらプレイしていたようです。

アメリカ音楽雑誌の
インタビューの中に、
彼のオリジナルに対する考えがあります。

『確かにトリプルパラディドルを
叩くことが出来たら、
本当に素晴らしいって思うけど、
それをやったことに気付くヤツっていると思う?

それに、
今、テクニックを駆使した
プレイをしたら、
他のドラマーと同じように
聞こえると思うよ。

重要なポイントは、
オリジナルであること。

ジンジャー・ベイカーのプレイは、
彼が彼であるからこそ出来るもの。

だから、彼のプレイを真似しても
意味がないのさ。』

今日(こんにち)のドラマーは、
このオリジナルという部分に
だいぶ欠落していると考えるのは
私だけではないと思います。

しかし、現実には
オリジナルなドラミングとは、
相当難しいことも理解しています。

私たち凡人は、
先人たちの残してきた技を磨きあげ、
自分の個性を出していく方法しかないようです。

プレイを分析していると分かるものがある

オリジナルのドラミングを追求してきた
ジョン・ボーナムですが、
実際のプレイを分析すると
見えてくるものがあります。

ジョン・ボーナムの
リズムパターンで有名な
バスドラムの頭抜きの3連符などは、
元々ジャズのコンピングとして
多くのドラマーがやっていた方法です。
(スティックで)

様々な文献を読み込んでいくと、
彼の幼少時代は、ジーン・クルーパや
バディ・リッチ、マックス・ローチの
叩き方を真似していたということですから、
かなりのテクニック部分を
ジャズから吸収してきたのだと考えられます。

しかし、他のドラマーと違う点が、
色々なパートに分解して
習得してきたというところでしょう。

一般のドラマーは
スティック・コントロールを
足でプレイしようとしませんね? 

しかし、ジョン・ボーナムは
それを全てひっくり返して
トレーニングしていたと思ます。

これが彼のオリジナルの方法と勘ぐるのです。

『移民の歌』のバスドラムも
シングル・パラディドルを
足で出来れば、容易に出来ます。

今では当たり前になっている
4ウェイ・コーディネーションですが、
当時からそれを実践で
演奏してきたのですから、
改めて凄いなぁと感じます。

ジョン・ボーナムのサウンド

テクニック的に、
彼だとすぐわかるものですが、
我々が真似をしてもそう簡単にはできません。

その理由の一つに、サウンドがあります。

ジョン・ボーナムのドラムセットは、
全てラディックのセットになり、
サイズは26インチのバスドラム、
15インチのタム、
16,18のフロアタムになり、
60年代後半に製造中止になっているモデルです。

またレコーディング技術による
影響があります。

ドラムという楽器は、
唯一生音とレコーディングされた音が違う楽器です。

ですので、ジョン・ボーナムの
雰囲気にならないのは当たり前と考えて下さい。

サウンドに近づけるという作業は、
結構無駄な時間になりますので、
あまり神経質ならないようにしてください。

最後にアルバムです。
このベストはレッド・ツェッペリンの
代表曲が聞けます。

一家に一枚ですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする