スポンサーリンク

ダブルストロークとシングルの関係性。どちらが上?

このページでは、
シングルストロークと
ダブルストロークの関係性について
述べてみたいと思います。

スポンサーリンク

シングルとダブル、どちらが上?

ドラミングにおいて、
シングルストロークと
ダブルストロークは
欠かすことの出来ないテクニックです。

なぜならば、
この2つの組み合わせでしか
テクニックは生まれないからです。

ドラミングを始めた当初は当然ながら、
シングルストロークしか出来ません。

そうした面から
ダブルストロークが難しい、
マスターすることは困難という
考え方が生まれ、
いつの間にか、テクニック的には
ダブルストロークが上と思っている人がいます。

また、中級者の人で、
ダブルストロークは
シングルストロークよりはるかに
速く叩けるという意見を言う人もいます。

これはどちらも誤りで、
両者は等しく、
こうした意見を持っている人は、
どちらかのストロークの完成度が
低いからなのです。

ドラミング初期の考え方

ドラムを始めたばかりの人は、
ダブルストロークのコツを
上手く掴めないため、
腕全体を利用したやりかたから、
手首あたりを多く使う
シングルストロークで補おうとします。

ダブルストロークや
パラディドルといった、
ある程度反復練習を伴うテクニックはできません。

ここで言うシングルストロークは、
あまりトレーニングしなくても
出来るテンポやフレーズの型が
ほとんどですから
楽にプレイすることが出来ます。

しかし、出来ると思っている
シングルストロークも、
指のフィンガリングを使う
速さまでくると、
出来なくなってしまいます。

ドラミング中期の考え方

リバウンドのコツを覚えた人達は、
ダブルストロークのスピードが
格段に進歩します。

ここからダブルストロークに
関係するルーディメンツの
練習に入っていきます。

ルーディメンツの練習の効果も表れ、
ダブルストロークのスピード、
粒立ちがどんどん
上達していくことが分かる時期でもあります。

しかし、シングルストロークは
全くお手上げの状態で、
テンポ的にもはるかに遅いテンポを叩きます。

テンポ的に、

『ダブル>シングル』

という期間は
かなり長く経験すると思います。

2つの完成度

こうした経験を経て、
次第に上手くなっていくのですが、
最後は『ほぼ同じ速さ』まで到達することが出来ます。

どちらかが上という感覚が
消えてなくなり、
シチュエーションによって
変えることが出来るようになります。

では、この2つの違いはなにかというと、
それは、『音色』です。

シングルストロークと
ダブルストロークで作られたロールを
聞き比べると、
前者は線が太く男性的なイメージに対し、
後者は線が細く女性的なイメージになります。

この『男性性』、『女性性』という考え方を
音楽に当てはめるとどうでしょうか?

ジャンルは関係なく、
荒々しいサウンドにはシングルストローク、
キレの効いたサウンドにはダブルストローク
という具合にマッチします。

もちろん、時と場合によります。

ドラマーにとって大事な事

ドラマーにとって大事なことは、
この2つの特性を使い分けるということです。

どちらか片方のテクニックだけに
偏っていると、
こうした選択ができなくなり
音楽に華を添えることが出来なくなります。

また、どの楽器を使うか
という問題もあります。

例えばキンキンにはった
スネアでロールするのか、
それとも緩々のフロアタムで
ロールするのかでも違ってきますよね?

『どんな音色がいいか? 』

この考え方が出来る人は、
シングルストロークや
ダブルストロークの優位性は
こだわらず、
同一のものとして考えているはずです。

逆にテクニックばかり見ている人は、
こうした視点がないようです。

管理人TOSHIのまとめ

・シングルストロークと
ダブルストロークは
欠かすことの出来ないテクニック。

なぜならば、
この2つの組み合わせでしか
テクニックは生まれないから。

・ドラミングを始めた当初は、
テクニック的には
ダブルストロークが上と思っている人がいる。

・シングルストロークと
ダブルストロークは等しく、
こうした意見を持っている人は、
どちらかのストロークの完成度が低い。

・ドラムを始めたばかりの人は、
腕全体を利用したやり方から、
手首あたりを多く使う
シングルストロークで補おうとする。

指のフィンガリングを
使う速さまでくると出来なくなる。

・ドラミング中期は、
『ダブル>シングル』
という期間はかなり長く経験する。

・最後は『ほぼ同じ速さ』まで
到達することが出来る。

・シングルストロークと
ダブルストロークの違いは、『音色』

・シングルストロークは、
線が太く男性的なイメージ。

ダブルストロークは、
後者は線が細く女性的なイメージ。

・ドラマーにとって大事なことは、
この2つの特性を使い分けるということ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする