スポンサーリンク

16分音符のリズムの取り方。付点と16分休符の練習方法

16分音符 リズム 取り方

このページでは、
『16分音符』の練習をしていきます。

音符を叩くというよりは、
休符の大事さを理解していただければと思います。

スポンサーリンク

基本的な16分音符が叩けるかチェック

16分音符

16分音符

16分音符は1小節の中に
16個入っている音符です。

4分の4拍子では、
1拍の中に4つの16分音符が入ります。

上の譜面をゆっくりしたテンポから
少しづつテンポアップしてください。

初心者の段階では
70〜120位が叩ければ合格とし、
右手だけではなく、
左手だけでも叩くようになりましょう。

音符を叩く際に、
歌うことが重要ですので、
4文字の名詞を歌うようにしてください。

私の教室では『ヤキソバ』と
歌いながら練習することをオススメしています。

休符が一つはいるパターン

16分音符の分解
各フレーズ、歌いながらプレイすることが
重要なのは同じです。

16分休符が2つ入るトレーニングメニュー

休符が2つ入った16分音符

16分休符を考える場合、
ドラムの場合、手順RLRLは変わりません。

手順をスライドさせて考えます。

叩く部分を〇、休符の部分を×として
考えると下記の通りになります。

①〇〇×× 手順はRL××
②〇××〇 手順はR××L
③××〇〇 手順は××RL
④×〇〇〇 手順は×LRL
⑤×〇〇× 手順は×LR×
⑥×〇×〇 手順は×L×L
⑦×〇×× 手順は×L××
⑧×××〇 手順は×××L

このように〇〇の部分を叩き、
×の部分を空振りすると、
簡単に出来てしまいます。

初心者の段階ではここで
終わってもいいのですが、
もう少しだけ掘り下げたいと思います。

右手だけの8分音符を考え

上記のように、休符の部分を
空振りするという方法は、
音符を理解するということに関しては
十分なのですが、
実戦で使うことは難しく
別の方法が必要になります。

ここでは2つの練習方法をご紹介しますので、
参考にして下さい。

上記のやり方は、
休符の部分を全て空振りするやり方です。

この方法が実戦で役立たないのは、
『左手の空振り』が必要になるからです。

左手を空振りすると、
運動のロス、時間がかかり過ぎ
などの原因があり上手くいきません。

ではどうするのかと言うと、
右手だけの8分音符を考えればできます。

百聞は一見にしかずですから、
動画をご覧ください。

右手は実音も、休符の場合も
常に8分音符を叩きます。

左手は右手の間を
埋めれば良いだけですから、
非常に楽でスピードも速くなります。

是非トライしてみて下さい。

左足で8分音符をキープする方法

この方法が一番のオススメなのですが
初心者の段階では難しいので
後々出来るようになれば大丈夫です。

方法としては、
8分音符のゴーストモーションを
刻みながら練習します。

左足をキープするということは、
ある一定のメジャーが体の中に出来上がります。

プロドラマーの映像を
見たことがあると思いますが、
常に左足が4分音符または8分音符で動いていますよね?

ドラマーは音の長さの把握というよりは、
音符を打つタイミングに重点を置いて
トレーニングしますので、
何らかの目印が必要になるのです。

それが左足のゴーストモーションなのです。

管理人TOSHIのまとめ

・音符を叩くというよりは、
休符の大事さを理解する方が重要!

・16分音符は1小節の中に
16個入っている音符。

4分の4拍子では、
1拍の中に4つの16分音符が入る。

・初心者の段階では
70〜120位が叩ければ合格。

利き腕だけではなく
非利き腕でも練習すること!

・音符を叩く際に、
歌うことが重要。例、『ヤキソバ』。

・16分休符を考える場合、
手順RLRLはそのまま手順をスライドし、
空振りをすると上手くいく。

・休符の部分を空振りする
という方法は、音符を理解する
ということに関しては十分だが、
実戦で使うことは難しく別の方法が必要になる。

・左手を空振りすると、
運動のロス、時間がかかり過ぎ
などの原因があり、上手くいかない

・右手は実音も休符の場合も
常に8分音符を叩くと、
左手は右手の間を埋めれば良いだけなので、
非常に楽でスピードも速くなる。

・左足で8分音符をキープする方法が
一番のオススメ!

・左足をキープすということは、
ある一定のメジャーが体の中に出来上がる。

プロドラマーも常に
左足が4分音符または8分音符で動いている。

・ドラマーは音の長さの把握
というよりは、
音符を打つタイミングに
重点を置いてトレーニングする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする