スポンサーリンク

バスドラムのスライド奏法。テクニックを数種類ご紹介!

スライド奏法
バスドラムの
ダブルキックの方法は、私は

『オープン奏法』

を推奨していますが
ある一定で、
ある音量をプレイする場合だけ
効果的な奏法があります。

それが

『スライド奏法』

と言われるものです。

これは、バスドラムの
ダブルキックに悩んでいる方なら
一度は聞いたことがある
テクニックだと思います。

このページでは『スライド奏法』
について解説していますので、
参考にして下さい。

スポンサーリンク

スライド奏法のしくみとデメリット

この奏法を多用する
ミュージシャンも多く、
インターネットで様々な情報が
手に入ります。

この奏法は、
主にペダルの上で
足を滑らすように演奏するのですが、
実際には滑らせるのではなくて、
前方に足を移動させる方法です。

動画を確認してください。

この奏法は
確かにペダルの
リバウンドを利用しているのですが、

ドラムヘッドにビーターを
押し付けるため、
22インチのバスドラムで尚且つ、
毛布などいれたミュート状態の
バスドラムしか対応できません。

この奏法で、
ノーミュートの16インチの
バスドラムを踏み込むと
『ブルッ』
と打面が震え
汚くなるのです。

しかし、ロック系しか叩かない
といったドラマーには
十分通用する方法なので、
ご自身の音楽の向かい方で
マスターするかしないかを
決めてください。

もう一つのスライド奏法

私がオススメする
スライド奏法のですが、
これはデイヴ・ウエッケル
教則ビデオから
マスターした方法です。

実際にはスライドというよりは、
足首を左右に回転させる
テクニックなのですが、
私の経験上、
こちらの方が音楽の使用範囲が
広いように感じます。

動画で確認してください。

具体的に解説してみましょう。

①1打目を打つ際に足首を右に回転させます。
②2打目を左に回転させます。

上記のスライド奏法と違い、
足を元に戻すことが
必要でないので、
より高速に連打が出来ます。

打面に押し付けるクローズド奏法も
打面から離すオープン奏法も
どちらも可能です。

しかも
あらゆるテンポで
演奏が可能になります。

上記のスライド奏法ともども
マスターすることをオススメします。

3打以上の連打も可能なのですが、
その都度足首を捻らないといけないため、
足首に負荷がかかる度合いが
大きいのが欠点と言えば欠点です。

しかし1流のミュージシャンも
この奏法を好んで使っている人も
多いので、用途は沢山あります。

アップダウン奏法

今度はスライド奏法とは違いますが、
こちらも使用しているドラマーが
多いのでご紹介いたします。

この奏法は、
スティーブガッドが使う
テクニックで有名な奏法です。

①ヒールダウンの状態から1打目を踏みます。
②カカトを上げ、ヒールアップの状態から
もう一度踏みます。
③2打目も打ったらカカトを降ろします。

この奏法はオープン奏法と同じで、
ドラムヘッドからビーターが離れますので、
バスドラムの口径は関係なく
プレイが出来ます。

プレイ中も足に
負荷がかかることが少なく、
サンバなどバスドラムを多用する曲などには
威力を発揮します。
しかし、
習得に関しては時間が
最もかかるテクニックです。

ヒールダウン奏法

最後はヒールダウン奏法の
ダブルキックです。

これは簡単で、
カカトをペダルに付けて
足首を使い2打以上打ちます。

ただ、この奏法は、
足のスネを多用しますので、
あまり筋力が無い人は
直ぐにばててしまうでしょう。

もしあなたがヒールアップで、
オープン、スライド、
アップダウンのいずれかを
選んでプレイする場合、

このヒールダウンも
毎日のトレーニングに
追加するようにしてください。

それは、
腹筋と背筋の関係と同じで、
足の前後の筋肉を鍛えるためです。

以上4つの奏法を
お伝えいたしましたが、
最後はあなたが
どんな曲をプレイしたいかで
決まります。

一つのテクニックを覚えたとして、
その奏法が全てに万能であるか
と言われれば、そうではありません。

テクニックとは、
その音が欲しいから生まれた
筋肉運動ですので、
まず曲ありきです。

どうぞ皆さん、
勇気をもって練習してください。
最後は私がオススメするオープン奏法
リンクをご紹介しますね。

管理人TOSHIのまとめ

・ある一定で、ある音量を
プレイする場合だけ効果的な奏法、
それが『スライド奏法』。

・スライド奏法は、
実際には滑らせるのではなくて
、前方に足を移動させる方法。

・スライド奏法は、
22インチのバスドラムで
毛布などいれたミュート状態しか
対応できません。

・スライド奏法は、
ノーミュートの16インチの
バスドラムを踏み込むと
『ブルッ』と打面が震え、汚くなる。

・足首を左右に回転させる
スライド奏法のほうが応用範囲が広い。

・左右に回転させるスライド奏法は、
足首を捻らないといけないため、
足首に負荷がかかる度合いが大きいのが欠点。

・アップダウン奏法は、
ヒールダウンの状態から1打目を踏みます。

その後カカトを上げ、
ヒールアップに会った状態から
もう一度踏み、
2打目も打ったらカカトを降ろす。

・アップダウン奏法は、
プレイ中も足に負荷が
かかることが少なく、
サンバなどバスドラムを
多用する曲などには威力を発揮する。

・ヒールダウン奏法は、
カカトをペダルに付けて
足首を使い2打打つ。

・ヒールダウンは、
毎日のトレーニングに
追加する方がよい。

・テクニックとは、
その音が欲しいから生まれた
筋肉運動ですので、
まず曲ありき。

ドラム初心者のためのフット・ワーク・テクニック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする