スポンサーリンク

バスドラムのシングルストローク強化に最適なトレーニング法

バスドラム シングルストローク
バスドラムのシングルストロークを
強化するために最適な練習方法があります。

それは

『ディレイドパラディドル』

というテクニックを使用する練習方法です。

『ディレイドパラディドル』は
パラディドルの中になるテクニックの事です。

パラディドルには、
先ず習得しなければならないものに
4つの型があります。

それは
『シングルパラディドル』、
『リバースパラディドル』、
『インワードパラディドル』、
『ディレイドパラディドル』で、
それぞれの手順は下記の通りになります。

①シングルパラディドル (RLRRLRLL)
②リバースパラディドル (RRLRLLRL)
③インワードパラディドル(RLLRLRRL)
④ディレイドパラディドル(RLRLLRLR)

このページでは、
④のディレイドパラディドル(RLRLLRLR)を
題材にして、
四肢の分解を行っていきたいと思います。

『ディレイドパラディドル』と
書かれているくらいですから、
『遅らせる』『パラディドル』という意味で、
手順が一つずれています。

この解釈でテクニックの名前が
付いていますが、
ディレイドパラディドルの本質は違います。

ディレイドパラディドルの本質は
シングルストロークなのです。

では説明していきます。

ディレイドパラディドルの手順は、
RLRLという右スタートと、
LRLRという左スタートの
シングルストロークと考えて下さい。

スポンサーリンク

予備練習を行う

まず予備練習として次の2つをじっくり練習します。

足スタートのシングルストローク

手足 分離

手スタートのシングルストローク

交互打ち

2拍ずつ交代させるパターン

ディレイドパラディドル

1拍ずつ交代させるパターン

1拍ずつ交代させるパターンがディレイドパラディドルになります。
バスドラム シングルストローク

ディレイドパラディドル

STEP1 ノーマル

バスドラム シングルストローク
ポイントは各拍の頭を
ダブルストロークがまたぐ形に
なっています。

そこをポイントとして
捉えてください。

下の①~④の手順でプレイします。

STEP1は、左足のハイハットは使いません。

①右手のみ
②左手のみ
③右左の交互
④左右の交互

STEP2 左足に4分音符を入れる

バスドラム シングルストローク
左足のハイハットと
ダブルストロークの2打目を
きちんと合わせることが重要です。

STEP3 4分音符のウラにハイハットを入れる

バスドラム シングルストローク
ポイントは休符の部分に
空踏みを行うのですが、
そことダブルの2打目を重視して下さい。

STEP4 ハイハットを8分音符で刻む

バスドラム シングルストローク
左足のハイハットに
8分音符を入れると、
両足同時打ちと左右交互のパターンの
繰り返しになります。

管理人川端のアドバイス

ディレイドの肝は、
ダブルストロークの部分です。

この部分が上手くいくと
綺麗なシングルストロークの交代に聞こえます。

練習の方法ですが、
テンポ100までは必ず3分以上出来るようにし、
110は2分、120は1分としてください。

どこかのテンポが出来ないとしたら、
その一つ前に戻り、
もう一度3分行うようにしてください。

【練習方法】
テンポ60 3分
テンポ70 3分
テンポ80 3分
テンポ90 3分
↑出来ない場合、テンポ80を3分

テンポ100 3分
テンポ110 2分
テンポ120 1分

3連符に読み替える

上記の手順をしっかり行ったら、
3連に変換して練習していきます。
バスドラム シングルストローク

3連の感覚が十分に分かったら、
4小節毎にシンバルレガートを入れていきます。
バスドラム シングルストローク

高速レガートの応用

バスドラム シングルストローク
このパターンだと、
ダブルストロークの部分が
右手と連動していますので、
割と楽ですね。

問題はスピードアップですね。

管理人川端のまとめ

・バスドラムのシングルストロークを
強化するために最適な練習方法は、
『ディレイドパラディドル』
というテクニックを使用する。

・パラディドルには、
先ず習得しなければならないものに
4つの型があり、
それは
『シングルパラディドル』、
『リバースパラディドル』、
『インワードパラディドル』、
『ディレイドパラディドル』

・『ディレイドパラディドル』は、
『遅らせる』『パラディドル』
という意味で、
手順が一つずれている。

・ディレイドパラディドルの本質は
シングルストローク。

・左右別々スタートさせる
シングルストロークを
1拍ずつ交代させるパターンが
ディレイドパラディドルになる。

・ポイントは各拍の頭を
ダブルストロークが
またぐ形になっいる。

・ディレイドの肝は、
ダブルストロークの部。

この部分が上手くいくと
綺麗なシングルストロークの交代に
聞こえる。

・テンポ100までは必ず3
分以上出来るようにし、
110は2分、120は1分とする。

・どこかのテンポが
出来ないとしたら、
その一つ前に戻り、
もう一度3分行うようにする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする