スポンサーリンク

両手両足を別々に動かす。(手スタートのダブルストローク)

両手両足 別々に動かす
このページでは、
手からスタートする
ダブルストロークのフレーズを使い、
両手両足を別々に動かす
トレーニングをご紹介します。

手のダブルストロークと
足のダブルキックが
両方ともマスター出来ますよ!

これから紹介するフレーズは、
四肢の分離に優れた効果を
もたらしますが、
フィルインやドラムソロなどにも
直ぐに応用が効きます。

暫くは練習時間が必要ですが、
絶対マスター出来ますから、
頑張りましょう!

スポンサーリンク

手からスタートするダブルストローク

STEP1 ノーマル

両手両足 別々に動かす

手からスタートする
ダブルストロークのトレーニングに
なります。

下の①~④の手順でプレイして下さい。

STEP1では、左足は無しです。

①右手のみ
②左手のみ
③右左の交互
④左右の交互

バスドラムが裏に入ることを
『オフビート』と言いますが、
このテクニックが難しい人は、
シングルストロークのページに戻り、
シングルのオフビートを
徹底的にマスターして下さい。

初心者の目標は
テンポ90が3分間になります。

STEP2 左足に4分音符を入れる

両手両足 別々に動かす

①~④の手順に左足のハイハットを
4分音符で刻みます。

これはもうすでにフィルインとして
実践出来るフレーズです。

STEP3 4分音符のウラにハイハットを入れる

両手両足 別々に動かす

4分音符のウラの部分は
両足が同時に落ちます。

ハイハットが
つられないようにしましょう。

なお、休符の部分は
『空踏み』を忘れないようにしてください。

STEP4 ハイハットを8分音符で刻む

両手両足 別々に動かす
左足1つ踏むごとに、
手と右足が2つずつ入ります。
慣れないうちは難しく感じると思いますが、
出来るテンポで行ってください。

管理人TOSHIのアドバイス

これはそのまま使える
良いフレーズです。

シングルとダブルは、
基本中の基本ですから、
絶対に妥協することなく
マスターして下さい。

練習の方法ですが、
テンポ100までは必ず3分以上出来るようにし、
110は2分、120は1分としてください。

どこかのテンポが出来ないとしたら、
その一つ前に戻り、
もう一度3分行うようにしてください。

【練習方法】
テンポ60 3分
テンポ70 3分
テンポ80 3分
テンポ90 3分
↑出来ない場合、テンポ80を3分

テンポ100 3分
テンポ110 2分
テンポ120 1分

上記で書いた『3分』は
絶対厳守してください。

なぜならば、忍耐力が付きません。
瞬発力はこの忍耐力が出来て初めて完成します。

3連符に読み替える

上記の手順をしっかり行ったら、
3連に変換して練習していきます。
両手両足 別々に動かす

オフビートの3連符は、
そのまま4ビートのソロに使える
優れもののフレーズです。

ソロの出だしで使っている
レジェンドのジャズドラマーは非常に多く、
是非ともマスターしたいものです。

十分トレーニングが終えたら、
シンバルレガートを加えて練習して下さい。
両手両足 別々に動かす

高速レガートの応用

高速レガートの練習です。

テンポ200を超える辺りから
フラットな8分になっていきます。

縦のラインをしっかり揃えて
練習してください。

管理人TOSHIのまとめ

・手のダブルストロークと
足のダブルキックが両方ともマスター出来る。

・四肢の分離に優れた効果をもたらすが、
フィルインやドラムソロなどにも直ぐに応用が効く。

・バスドラムが裏に入ることを
『オフビート』と言う。

・オフビートが難しい人は、
シングルストロークのページに戻り、
シングルのオフビートを徹底的にマスターすること。

・初心者の目標はテンポ90が3分間。

・4分音符のウラの部分は両足が同時に落ちる。

・休符の部分は『空踏み』を必ず行う。

・シングルとダブルは、
基本中の基本。絶対にマスターすること。

・練習の方法は、
テンポ100までは必ず3分以上
出来るようにし、
110は2分、120は1分とする。

・どこかのテンポが出来ないとしたら、
その一つ前に戻り、
もう一度3分行うようにする。

・『3分』は絶対厳守。
なぜならば、忍耐力が付かないから。

瞬発力は忍耐力が出来て初めて完成する。

・オフビートの3連符は、
そのまま4ビートのソロに使える
優れもののフレーズ。

ソロの出だしで使っている
レジェンドのジャズドラマーは非常に多い。

・テンポ200を超える辺りから
フラットな8分になっていく。

縦のラインをしっかり揃えて練習すること。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする