スポンサーリンク

9ストロークロールの基礎が出来ればもう大丈夫!

このページでは、
ショートロール系の
『9ストロークロール』
を学んでいきたいと思います。

今まで、5ストロークロールや
7ストロークロールを
マスターしたあなたなら、
もう問題はないと思いますか、
しっかり復習する意味でも、
リバウンドからしっかりやっていきましょう。

5ストロークロールや
7ストロークが出来るのに
9ストロークが出来ない人を
たまに見かけます。

短いロールではきちんと
聞こえるのに、
長くなればなるほど
あらが目立ち、
ロールというより、
アクセントの付いた
プレスロールのような聞こえがするのです。

9ストローク以降、
11ストロークや13ストロークが
ありますが、
この症状は顕著に現れ、
とても聞くに堪えられない
ロールになってしまうのです。
したがって、
5ストロークや7ストロークが
出来たつもりに
なっている人でも、
もう一度きちんとやる必要があります。

ロングになればなるほど
音粒が汚くなる人の最大の原因は、
『キチンとした2打目を打てない』
ことです。

つまりは
腕の振りだけで
リバウンドを発生し、
指のスクイズをしっかりと
引き上げることが出来ないのです。

このような症状の人は
いったん、
9ストローク以降の
ショートロールの練習をストップし、
2打目を強化する必要があります。

2打目を強化する練習で
有効なのは、
RLLRRLLRやLRRLLRRLなどの様に
叩く手順を一つずらすパターンが
有効です。

バスドラムは
4分音符をキープしながら、
ダブルストロークの
2打目にあたる位置と
バスドラムをしっかりと重ねます。

この練習を右スタート、
左スタート、
3連符、16連符と
あらゆるパターンの
トレーニングを行ってください。

そうすると、
ロングロールを行っても
2打目が強いため、
しり上がりな綺麗な
ロールが出来上がります。

そしてもう一つ、
やはり独学では
判断が難しいようなら
プロに指導を頼むことが
時間的にも早く上達します。

このようにキチンとした
ダブルが叩けたうえで、
いよいよ9ストロークの実践に
入っていくのです。

ではここから
具体的な練習方法に入ります。

まず9ストロークを叩く前に
下記の譜面を練習してください。
9ストロークロール

普通のシングルストロークの
譜面ですが、
9ストロークは、
この16分音符部分を
32分音符で叩くことになります。

初めて9ストロークを
練習する人は、
上段は大丈夫なのですが、
下段は出来ない人が多いのです。

それは、
フレーズが裏から
スタートするような感覚に
陥りますから、足がつられるのです。

上記の譜面を
しっかり出来るようになると、
いよいよ16分音符の部分を
32分音符にしていきます。

前述したように、
ダブルストロークの
2打目のスクイズを
しっかり打ち粒立ちの良い
ストロークにして下さい。
9ストロークロール

いくらキチンとした
ダブルストロークが
叩けるようになったとしても、
下段のようなパターンが
叩けないなら
応用力が全くないことに
なりますから、
マスターしたと安易に考えず、
絶えず色々な角度から
フレーズを見る癖をつけて
おいてくだささい。

下記の譜面は、
実際のマーチングで
使用される際の
9ストロークロールの譜面に
なります。
9ストロークロール
はじめから、
こういった譜面を
読める人はおらず、
上記のアプローチを
知ったうえで
分かるようになります。

ですので、
譜面は正しく理解すれは
読めるようになることを
忘れないで下さいね。

以上で9ストロークを終わりますが、
必ず、
ダブルストローク、
5ストロークロール、
7ストロークロールを
しっかりと練習したうえで、
9ストロークロールに
入るようにしてください。

管理人TOSHIのまとめ

・短いロールではきちんと聞こえるのに、長くなればなるほどあらが目立ち、ロールというより、アクセントの付いたプレスロールのような聞こえがする人がいる。

・5ストロークや7ストロークが出来たつもりになっている人でも、もう一度きちんとやる必要がある。

・ロングになればなるほど音粒が汚くなる人の最大の原因は、『キチンとした2打目を打てない』こと。

・腕の振りだけでリバウンドを発生し、指のスクイズをしっかりと引き上げることが出来ない。

・このような症状の人はいったん、9ストローク以降のショートロールの練習をストップし、2打目を強化する必要がある。

・2打目を強化する練習で有効なのは、RLLRRLLRやLRRLLRRLなどの様に叩く手順を一つずらすパターンが有効。

・バスドラムは4分音符をキープしながら、ダブルストロークの2打目にあたる位置とバスドラムをしっかりと重ねる。

・9ストロークは、シングルストロークの譜面を使い16分音符部分をしっかり練習する必要がある。

・マスターしたと安易に考えず、絶えず色々な角度からフレーズを見る癖をつけてお区ことが重要。

・譜面は正しく理解すれは読めるようになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする