スポンサーリンク

ドラムのコーディネーション。手足を自由に動かす基礎練習

このページでは、ドラム・コーディネーションの基礎です。コーディネーションとは一体何なのか? わからない人のために簡単に説明すると、ドラムセットを自由自在に操ることが出来るようになるための練習です。

ドラムの練習には大きく分けて4つあります。
・ルーディメンツ(手の練習)
・リズムパターン
・コピー
・手足の分離

コーディネーションとはこのうちの手足の分離に特化したトレーニング方法です。かく言う私もこのコーディネーションのおかげで、格段に上達した経験があります。私の教室では、『魔法の練習』と名付け、多くの生徒さんに勧めてきました。

しかし、挫折率も高くなり、どうしてもこの壁が越えられない人が多くいます。そうした方は、毎回同じリズムしか叩けず、結局欲求不満でドラム自体を辞めてしまいます。このページで扱うコーディネーションは決して難しくはありません。

コーディネーションの練習法も多岐にわたり、他にもこのサイトでは、形を変えてお伝えしています。ここで紹介するコーディネーションは初心者用としてごく簡単なものをまとめていますので、じっくりとトレーニングして下さい。スローテンポの16ビートを中心として練習していきましょう。それでは下の譜面を順番にやっていってください。
コーディネーション1
まず右手は、16分音符をキープしながら、スネアドラムとバスドラムの交互打ちを行います。きちんと右手と左手と右足が揃うようにゆっくりしたテンポで行います。

コーディネーション2
16分音符の右手は同じですが、今度はバスドラムから始まるスネアドラムとの交互打ちです。これも縦のラインをしっかり揃えるようにして下さい。

コーディネーション3
手2つ、足2と叩いていきます。これはダブルストロークと言われるテクニックですが、後々非常に重要になってくるテクニックですので、しっかり練習して下さいね。

コーディネーション4
今度は足2と手2つというパターンです。

コーディネーション5
手が3つ足が1つというパターンです。初心者の段階では、このように足が後ろに入るリズムは特に難しく、マスターしずらいですが、後々使いますから是非マスターしましょう。

コーディネーション6
これは『ステーキ』というリズムですね。16分音符の3打目が空白になっていますので、右手でその空白部分を意識してくださいね。

コーディネーション7
『たべたー』というリズムです。16分音符の4打目が空白になっていますから、右手でその部分を意識してください。

コーディネーション8
16分音符の前半2打だけを叩くパターンです。後半の2打が空白になりますから、右手でしっかり意識してください。

以上でスローテンポの16分音符のコーディネーションの練習は終わります。もし、あなたが余裕で出来たら、左足のハイハットを4分音符で刻んで下さい。現段階で上記のパターンが出来ているのでしたら、十分です。今後更に発展したパターンをご紹介しますので、楽しみにして下さいね。

では十分なコーディネーションが終わったところで、より複雑な16ビートをやってみましょう。

16ビート1
バスドラムが、4分音符、8分音符、8分音符の裏全てに入っているパターンです。コーディネーションを終えた人ですと余裕でしょう。

16ビート2
足のパターンに裏のリズムが入り、ダブルアクションで解決してあるパターンです。カッコいいですね。

16ビート3
3拍目のスネアドラムに注意して下さいね。16分音符の2打目に入っています。

16ビート4
ハイハットのオープンが入っています。足のコントロールが難しいと思いますが、ゆっくりしたテンポで行えば出来ますから、頑張って下さい。

16ビート5
『たべたー』のリズムにオープンが入っているパターンです。左手足は常に4分音符を刻まなければいけないパターンですね。

16ビート6
ハイハットのオープンが8分音符と16分音符で使われています。オープンの長さの違いを明確に出して下さい。


いかがでしょうか?上手くプレイできましたか?コツは何と言っても出来るテンポで長時間繰り返すということです。決してすぐあきらめないでください。必ず素晴らしい恩恵をもたらせてくれます。

【管理人TOSHIのまとめ】
・コーディネーションとは、ドラムセットを自由自在に操ることが出来るようになるための練習。
・ドラムの練習には大きく分けて、ルーディメンツ(手の練習)、リズムパターン、コピー、手足の分離がある。
・スローテンポの16ビートのコーディネーションは、右手を16分音符でキープしながらプレイする。
・コーディネーションは、挫折率が高く、どうしてもこの壁が越えられない人が多くいる。
・越えられない人は、毎回同じリズムしか叩けず、結局欲求不満でドラム自体を辞めてしまう。
・左足のハイハットを4分音符で刻むことも行うこと。
・コツは、出来るテンポで長時間繰り返すということ。
・決してすぐあきらめないこと。
・コーディネーションは素晴らしい恩恵をもたらせてくれる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする