スポンサーリンク

16ビートのフィルインとシンコペーション・キメ・シカケ

このページでは、『16ビートのフィルインとシンコペーション』です。

スローテンポの16ビートの場合、フィルインは今から上げる10個のタム移動を練習しておけば事が足ります。では早速やってみてください。

スローテンポの16分音符タム移動
ここでの注意点は、あまり焦らずに大きいタイム感でプレイすることを心がけて下さい。スローテンポの16ビートは、落ち着いた大人の雰囲気の楽曲に使われているリズムですので、柔かい感じの叩き方を求められます。テンポでいうと70~100ほどで出来れば合格です。

これまで勉強してきたリズムパターンを題材にして上記の譜面のフィルインを練習しましょう。自分で考えた譜面は一生忘れないものです。
スローテンポ16分音符フィルイン

さて今度はシンコペーションです。皆さん、シンコペーション、覚えていますか? 忘れた方のためにもう一度復習しましょう。

リズムは、時の流れと同じである一定の間隔で進行していきます。しかし、そのリズムとは一定の強さではなく、『強・弱・強・弱』という流れで進行していきます。4分音符、8分音符、16分音符のそれぞれが最小単位となって、強弱のリズムができます。

シンコペーションとは、その弱の部分を人工的に強に変換する事で、元々あった強と合体することを意味しています。シンコペーションをする事で、リズムはぐるぐると回り、終わることがありません。

ではここから具体的な練習に入っていきましょう。下の譜面をご覧下さい。
スローテンポ16ビートシンコペーション1
これは、16分音符の8番目の音が強になりシンコペーションしています。シンバルを打った後は、元々あった強と合体するわけですからタイで表現してあります。

スローテンポ16ビートシンコペーション2
この譜面は小節の最後の16分音符がシンコペーションしています。

キメ・シカケ
スローテンポの16ビートでもキメ・シカケの練習を行います。キメ・シカケとはアレンジの段階で予め決められたリズムのことで各楽器のプレイヤーはそのリズムを崩さずに演奏しなければなりません。

ドラマーの役割は、ただ単純にそのリズムを演奏するのではなく、色々と装飾します。花を添えると考えて下さい。これはある程度経験値が必要になりますので、現段階では理解出来れば結構です。それでは下の譜面をご覧ください。
キメ・シカケ

例えばこのようなリズムを与えられたとしましょう。ドラマーはまずそのリズムを正確に理解しないといけません。それからそのリズムを崩さずに自分でアレンジしていきます。下の譜面は一例ですので、皆さんも考えてみてくださいね。
キメ・シカケ

上記の練習で、スローテンポにおける16ビートの練習は終わりです。ご苦労様でした。初心者の段階ではスローテンポの16ビートはあまり選曲されません。大方ほとんどが8ビート一辺倒でしょう。

つまり、初心者の段階では8ビートの練習はかなりの時間を割くにもかかわらず、こうしたスローテンポや3連系のシャッフルなどはほとんどやったことがない人が多いのです。

8ビートのリズムはいったんバンドを組むと否が応でも数をこなす事ができます。普段からバランスの良い練習を心がけて下さい。

最後に片手で16ビートを刻むトレーニングは、高速の8ビートやミドルテンポの16ビートに役立ちます。少しずつでもいいので、テンポアップを行なって下さい。

【管理人TOSHIのまとめ】
・スローテンポの16ビートは、あまり焦らずに大きいタイム感でプレイすることを心がけること。
・スローテンポの16ビートは、落ち着いた大人の雰囲気の楽曲に使われているリズム。柔かい感じの叩き方を求められる。
・リズムは、時の流れと同じである一定の間隔で進行していく。しかし、そのリズムとは一定の強さではなく、『強・弱・強・弱』という流れで進行していく。
・シンコペーションとは、その弱の部分を人工的に強に変換する事で、元々あった強と合体することを意味している。
・シンコペーションをする事で、リズムはぐるぐると回り、終わることがない。
・キメ・シカケとはアレンジの段階で予め決められたリズムのことで各楽器のプレイヤーはそのリズムを崩さずに演奏しなければならない。
・ドラマーの役割は、ただ単純にそのリズムを演奏するのではなく、色々と花を添える。
・初心者の段階では8ビートの練習はかなりの時間を割くにもかかわらず、スローテンポや3連系のシャッフルなどはほとんどやったことがない人が多い。
・片手で16ビートを刻むトレーニングは、高速の8ビートやミドルテンポの16ビートに役立つ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする