スポンサーリンク

ドラムでドラッグを練習する意味を知っていますか?

ドラムの装飾音符のうち、本音符の前にダブルストロークで作られた2打の装飾音符を打つ事で表現されるものを『ドラッグ』と呼びます。ドラッグはドラムの基礎トレーニングとしては非常に有効なもので、ツブの揃ったダブルストロークの習得に繋がっていきます。

ドラッグの練習方法も確立してあり、今から順を追って説明していきます。本来ドラッグは、フラム同様、高低差をつけて叩きますが、その前の準備段階として次の譜例を練習して下さい。

右ドラッグ・左ドラッグ

これらは、16分音符の分解系ですが、右ドラッグ、左ドラッグの練習方法としては非常に有効です。8分音符の部分を本音符、16分音符の部分をドラッグとしてプレイし、8分音符はフルストロークで叩き、16分音符はフィンガリングを使い叩きます。

しかし、このままですと、本来のドラッグではありません。本来のドラッグのニュアンスに近づけるためには、下の音符16分音符の部分にダブルストロークを当てはめると、ドラッグのニュアンスが出来上がります。

ドラッグのニュアンス

動画で確認してください。

ドラッグの感覚が掴めたら、より実践的な練習に入っていきます。ドラッグの表記方法は、本音符に装飾音符がついた形で書かれるものですが、ドラッグの部分を16分音符に織り交ぜた32分音符として解釈するとよりわかりやすくなります。

この練習はアクセント移動の項目と同じように32分音符を移動する練習を行います。16分音符の1番目に当たる部分に32分音符を置き練習を開始します。これを【1-1】と呼びます。以下同様に【1-2】【1-3】【1-4】と全てのパターンを練習します。

ドラッグ32分音符

動画で確認してください。




ではここから本格的なルーディメンツの中のドラグを練習していましょう。分かりにくい記譜法の場合として2つ載せています。実装と書いてある方を参考にするとより理解が深まるはずです。

●先ずはシングル・ドラッグです。これは2打のシングルストローク前にドラッグの付くタイプで、かなりの応用が可能になります。

シングル・ドラッグ

シングル・ドラッグ

●ダブル・ドラッグです。これは上記のシングル・ドラッグにもう一つドラッグをついた音符を付け加えます。

ダブル・ドラッグ

ダブル・ドラッグ

●レッスン25またはラタタップと呼ばれるものです。これもフィルインなどに幅広く応用されるフレーズが作れます。

レッスン25(ラタタップ)

レッスン25

●シングル・ドラガディドルです。これは、シングル・パラディドルの1打目をドラッグにした音型で、1打目がダウン・ストロークになっているんですね、ダウンのあとのタップストロークを注意してください。

シングル・ドラガディドル

シングル・ドラガディドル

●シングル・ドラッグ・パラディドルです。シングル・パラディドルの1打目にドラッグをつけた音型で、パラデイドルのダブルストロークとドラッグのダブルストロークのスピードの差があり非常にやり難いテクニックですが、後々素晴らしい副産物を与えてくれますよ。

シングル・ドラッグ・パラディドル

シングル・ドラッグ・パラディドル

●ドラッグ・パラディドルNo.1です。シングル・ドラッグ・パラディドルに8分音符を1つ加えた音型です。ダブル・パラディドルの2打目をドラッグにしたとも考えられます。

ドラッグ・パラディドルNo.1

ドラッグ・パラディドルNo.1

●ドラッグ・パラディドルNo.2です。ドラッグ・パラディドルNo.1にドラッグと8分音符を1つ加えた音型です。トリプル・パラディドルの2打目と4打目をドラッグにしたとも考えられます。

ドラッグ・パラディドルNo.2

ドラッグ・パラディドルNo.2

●シングル・ラタマキューです。3連符の前にドラッグがついた音型で、アクセントは最後の8分音符に付きます。

シングル・ラタマキュー

シングル・ラタマキュー

●ダブル・ラタマキューです。シングル・ラタマキューにドラッグを1打加えた音型。

ダブル・ラタマキュー

ダブル・ラタマキュー

●トリプル・ラタマキューです。ダブル・ラタマキューにもう一つドラッグを加えた音型です。

トリプル・ラタマキュー

トリプル・ラタマキュー

以上でドラッグのテクニックは完全になります。ドラッグというテクニックは、結局ダブルストロークの強化の為に存在すると言っても過言ではありません。ドラッグを通じて繊細さや正確さを身に付けることが出来ます。

【管理人TOSHIのまとめ】
・ドラムの装飾音符のうち、本音符の前にダブルストロークで作られた2打の装飾音符を打つ事で表現されるものを『ドラッグ』と呼ぶ。
・ドラッグはツブの揃ったダブルストロークの習得に繋がっていきます。
・ドラッグの表記方法は、本音符に装飾音符がついた形で書かれるものだが、ドラッグの部分を16分音符に織り交ぜた32分音符として解釈するとよりわかりやすくなる。
・アクセント移動の項目と同じように32分音符を移動する練習を行う。
・ドラッグというテクニックは、結局ダブルストロークの強化の為にあるテクニック。
・ドラッグを通じて繊細さや正確さを身に付けることが出来る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする