スポンサーリンク

ドラムで両手の練習法。ハンド・インディペンデンスの習得!

両手 独立
このページでは、
両手の分離、独立の練習を中心に
行っていきたいと思います。

これは

『ハンド・インディペンデンス』

と言われる
トレーニングニングになります。

ドラムといえば、
手足がバラバラに演奏することに
着眼点が行きますが、
このページでは、
手に絞って
トレーニングしていきたいと思います。

それでは行ってみましょう!!

スポンサーリンク

ドラマーは本当にバラバラに動くの?

ドラムをやったことがない人の会話に、

『よくあんなに手足が
バラバラに動きますね〜』

というものがあります。

ドラマーさんなら
耳にタコが出来る位聞く言葉ですが、
実際にはバラバラに見えるだけで、
本当は1つのリズムを
基準にして演奏しているのです。

ドラム初心者の方には
よく意味がわからないと
思いますので、
詳しく説明していきます。

『1つのリズムを基準にする』

とはどういう意味かというと、
例えば、
右手で4分音符を
叩いたとします。

この場合、
頭の中でも同じ4分音符を感じます。

次に左手で8分音符を叩いてみます。

外に聞こえる音符は
4分音符と8分音符ですが、
ドラマーの頭の中では、
4分音符を感じながら、
左手を追加しているだけなのです。

つまり、

考えているのは4分音符だけで、
決して2つのリズムが同時に流れているわけではない

ということです。

8分音符を基準にして
考えても同じで、
8個の音数のうち、1、3、5、7番目に
右手を打つと4分音符というわけです。

片方が3連符、もう片方は4分音符でも
全く同じで、
どちらかのリズムが基準となり、
何個追加しているのか、
何番目に入れるのか?

という思考回路になっています。

ですので、
リズム感やセンスといった事柄は
全く関係がなく、
誰でもマスター出来るのです。

本当の意味での両手両足の分離

結論から言えば、本当の意味での
両手両足の分離というのは
不可能で、
どんなに素晴らしいドラマーでも
基準となるリズムが存在し、
それを柱にリズムの展開を行います。

一見派手に見える
パフォーマンスも
タネを明かせば、
全て理論が存在しています。

このパフォーマンスを
作り出すためには、
量をこなすしかなく、
言い方を変えれば、
星の数ほどあるリズムのパターンを
塗り潰していくしかありません。

この辺は努力ができるかどうか
才能かもしれません。

諦めなければ、
ある一定のレベルまでは
必ず到達しますから皆さん、
勇気を持って練習して下さい。

ハンド・インディペンデンスのトレーニング

ハンド・インディペンデンス1


これは4分音符と8分音符の
ハンド・インディペンデンスです。

4分音符を基準にして、
音を追加するという考えでもいいですし、
8分音符を基準にして、
1、3、5、7番目に叩くという考え方でも構いません。

ハンド・インディペンデンス2


4分音符と3連符です。

同様に4分音符基準に
音を2つ追加、
または3連符基準で
3連符の頭に両手同時打ち
という考え方でも大丈夫です。

ハンド・インディペンデンス3

ドラム 初心者
上記の1と2を1小節づつ交代している
トレーニングです。

ハンド・インディペンデンス4


これは3連符と2拍3連符ですが、
この場合は、
3連符を基準として、
1、3、5、7、9、11番目に
叩くという解釈がベストですね。

ハンド・インディペンデンス5


これも3連符基準で叩きます。

ハンド・インディペンデンス6


これは少し難しくなるのですが
じっくり考えれば出来ます。

4分音符基準で考えて下さい。

ハンド・インディペンデンス7


これは3連符の間に
8分音符を入れると簡単に叩けます。

6連符の分解を
しっかりやった人なら楽勝です!

もし、解らなければ、
6連符の分解パターン4をご覧ください。

ハンド・インディペンデンス8


これは3連符を基準にする
やり方の方が良いですね。

2小節目と4小節目は
6連符分解形
しっかりマスターしてから
練習してください。

ハンド・インディペンデンス9


片方が2拍3連と8分音符、片方が3連符
のハンド・インディペンデンスです。

ハンド・インディペンデンス10

今までやってきたハンド・インディペンデンスを
全て繋げています。

いかがだったでしょうか?

どんなに複雑に見える楽譜も、
必ずマスターできます。

凄いドラムが叩ける
ということは、
その分数多くのパターンの
習得をして来た人達なのです。

このパターンの習得には
終わりはなく
一生続けなくてなりませんが、
頑張って練習していきましょう。

管理人TOSHIのまとめ

・ドラマーが叩くリズムは、
実際にはバラバラに見えるだけで、
本当は1つのリズムを基準にして演奏している。

・4分音符と8分音符を同時に叩く場合、
ドラマーの頭の中では
4分音符を感じながら、
左手を追加しているだけ。
実際には2つのリズムを
感じて演奏していない。

・8分音符を基準にして考えても
同じで、8個の音数のうち、
1、3、5、7番目に右手を打つと
4分音符を出すことができる。

・あるリズムが基準となり、
何個追加しているのか、
何番目に入れるのか?
という思考回路になっている。

・リズム感やセンスといった事柄は
全く関係がなく、
誰でもマスター出来る。

・本当の意味での
両手両足の分離というのは不可能。

・一見派手に見える
パフォーマンスも
タネを明かせば、
全て理論が存在している。

・マスターする方法は、
量をこなすしかなく、
星の数ほどあるリズムのパターンを
塗り潰していくしかない。

・凄いドラムが叩けるということは、
その分数多くのパターンの習得をしてきた人達。

スティック・コントロール一覧に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする