スポンサーリンク

ドラムの教則本の選び方と効果的な使い方

ドラム 教則本
現在の日本では、ドラムに限らず、
他の楽器の教則本やDVDなどは
毎年山の様に出版されては
廃版になっています。

その種類も豊富で、
スティックコントロールに
重点を置いているものもあれば、
フットワークに重点を置いているもの、
はたまた、
リズムパターンだけを集めたものなど
色々とあります。

初心者の方は、
豊富なドラムの教則本を前に、
一体どれを選べば良いかわからず、
自分のレベルから
かけ離れた教則本を手にしてしまい、
結局は挫折するという事を繰り返しています。

このページでは、
適切な教則本の選び方や
練習方法をお伝えしていますので、
是非参考になさって下さい。

スポンサーリンク

初心者が選ぶべき教則本

初心者の段階で必要な教則本は、
指導者の選ぶ教材がベストです。

指導者はその経験から、
初めてのアプローチの選択を
わかっていますので、
その教材に従って
数ヶ月練習を行うと良いでしょう。

最初は右も左もわかりませんから、
このやり方がベストです。

もしあなたが純粋に
初めてのドラムをスタートする場合、
独学で教則本を読みながら
練習しようと思っているならば、
やめた方が良いでしょう。

楽器は最初が肝心で、
その方法は教則本やビデオでは
伝わらないのです。

指導者の動作や言動によって
分かるものがあるのです。

指導者の指導の元、その先は、
生徒によってやる気も違いますし、
年齢も違いますから、
途中からは生徒に応じて教える内容を
変える必要があります。

ドラムの上達を心から欲している生徒

やる気のある人は、自己で分析し、
徹底的に練習を開始します。

私もこのタイプの人間で、
教則本は取り敢えず購入しておき、
自分で取得していないなと思う箇所を
自分で組み立てながら行って行きました。

こういうタイプの人は、
物事を俯瞰する能力に長け、
今の自分の力がどの程度あり、
どれだけの練習量を
しなければならないのかを常に研究します。

我々、指導者の立場からすると、

『物凄く楽な生徒』

と言うことができます。

こうした生徒は、
レッスンや教則本は
ただのヒントと思い、
惜しみなく投資をして行きます。

それから、そのヒントを10倍、20倍に
膨らませて行き、
それと並行してあらたな教則本から
ヒントを得、また飛躍していくことができます。

演奏活動もそうで、
このタイプの人は失敗を恐れず、
どんどんライブ活動や
ジャムセッションに参加し、
演奏技術と人脈を同時に手に入れます。

自ら教則本をやろうとしない人

このタイプの人は、
どんなに素晴らしいアドバイスをしても、
豚に真珠、猫に小判で、意味がなく、
ドラムの上達に関しては、
悩むこともないでしょうから、
自分のペースで行うしかありません。

教則本の選び方や効果的な使い方は、
その人のマインドによって
随分と変わると言うことです。

自分の知らない世界を知る喜び、
技術が伸びていく感動、
そうしたものが心にある人なら、
具体的な例は必要無く、
自ら考えて練習が出来ます。

ドラムの情報がほとんど無かった時代の
プロミュージシャンをみて下さい。

それでもレコードを聴きながら、
ドラミングの技術体系を完成させ、
後世に伝えています。

その恩恵を受け継いでいる私たちも、
同じ様にメソッドを作り後世に残さなければなりません。

国内外のドラムに関する教則本の出版社

下記の出版社から約150冊位、
日本国内でドラムの教則本が
入手できます。

・ヤマハミュージックメディア
・リットーミュージック
・自由現代社
・エー・ティー・エヌ
・アルファノート
・ドレミ楽譜出版社
・シンコー・ミュージック
・西東社
・中央アート出版社
・音楽之友社
・Hal Leonard
・フェアリー
・ケイ・エム・ピー
・カワイ出版
・全音楽譜出版社

・オンキョウパブリッシュ

なお、こちらのページに
私のおすすめのドラム教則本
乗せています。

是非皆さんも
自分に欠けているテクニックが
記載されている教則本を手に入れて
トレーニングして頂きたいと思います。

管理人TOSHIのまとめ

・初心者の方は、
どの教則本を選べば良いかわからず、
挫折するという事を繰り返している。

・初心者の段階で必要な教則本は、
指導者の選ぶ教材がベスト。

・初心者で、
独学で教則本を読みながら
練習しようと思っているならば、
やめた方が良い。

・やる気があり、
ドラムの上達を心から欲している人は、
自己で分析し徹底的に練習できる。

・自ら教則本をやろうとしない人や、
次に進むことをしない人は上達は難しい。

・教則本の選び方や
効果的な使い方は、
その人のマインドによって随分と変わる。

・ドラムの情報がほとんど無かった時代の
プロミュージシャンは、
レコードを聴きながら、
ドラミングの技術体系を完成させ、
後世に伝えている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする