スポンサーリンク

ロックの8ビートパターン。同じ型でこうも違う

8ビートといっても様々なパターンが存在しますね。右手のパターンや左手のパターンなど無数に存在しています。しかし、『ロックっぽいね』とか、『歌もの8ビートだね』という言い方をする人がいます。同じ型を演奏しているにも関わらずに。この差は一体どうして生まれるのでしょうか?その辺について述べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ロック=パワーなのか?

ロックと聞くとラウドさや力強さばかりが強調されて、子供や女性やお年寄りがたたけば、らしさが無いようなことを聞きます。確かにパワーを入れれば、迫力があり、ロックという形容が当てはまりますが、やはりそれは『力』主体になってしまいます。

性別や年齢など関係なく、その雰囲気を出すためには、それなりのテクニックが必要になり、私なりにそのテクニックは『右手の使い方』ではないか? と思っています。

右手は、主にハイハットやライド・シンバルを叩きますが、この叩き方で、同じ8ビートなのに全く違うものが出来上がっていきます。これだと、少しの動きを変えるだけで、子供も女性も、お年寄りも、それぞれに応じたロックっぽさを出すことができます。なにも力だけではないのです。

それでは、具体的な8ビートのパターンを見てみましょう。

4分音符をハイハットで強調する8ビート

右手の8ビートを4分音符でアクセントをつけていくパターンです。奏法は『ダウン・アップ』ストロークの繰り返しになります。8分音符をやっていますが、アクセント部分が4分音符ですので、大きなうねりを出すことができ、力のないひとでも荒々しさを表現できます。
8ビート

4分音符をカップで強調する8ビート

このパターンは、右手をライド・シンバルに移しますが、ダウンストロークをカップの部分に打ちます。これも4分音符が強調され、力の弱い人でもロックっぽく表現が出来ます。
8ビート

4分音符のウラをハイハットで強調する8ビート

この奏法は、『アップ・ダウン』ストロークの繰り返しです。ウラを強調すると、躍動感を得られます。ここで注意点です。スネアドラムもバックビートは、2拍目と4拍目にダウンストロークで打ち込みますが、右手の動きと正反対になりますから、テンポを落として練習してください。
8ビート

4分音符のウラをカップで強調する8ビート

右手の8分音符をライドに移し、『アップ・ダウン』で4分音符のウラをカップで叩きます。サビメロなどでやると非常にかっこよいサウンドが得られますよ!
8ビート

8分音符全部にアクセントを置く8ビート

もっとも荒々しさを表現できる8ビートです。全てのストロークは『フルストローク』で行います。ハイハットも少しハーフ・オープン気味にしてあげると、より一層ロックぽっくなります。力のない人は特にオススメ。
8ビート

バスドラムにウラを強調させる8ビート

オンビートは最初の1拍だけで、あとは全部ウラ拍だけを演奏します。これも疾走感がでて、かっこいいグルーブが出ますよ!

バスドラムでスネア以外を埋める8ビート

バスドラムで、2拍4拍以外の部分を全部埋める8ビートです。ギター、ベースと一緒に同じリフを刻むと濃厚なリズムになります。少々練習が必要ですが、やる価値はあります。
8ビート

ハーフ・タイム・フィールの8ビート

右手はフラットな8ビートですが、スネアの位置を変えるだけで、全く別ものの8ビートに早変わりします。空間を意識しながら練習すると良いグルーブが生まれますよ!
ハーフタイム

右手を4分音符で刻む8ビート

右手のパターンを単純な8ビートにしますが、このパターン高速でプレイするのに向いています。奏法は『アップ・ダウン』を繰り返し、テンポ240以上で出来るようにしましょう!

管理人川端のまとめ

・8ビートといっても様々なパターンが存在し、『ロックっぽいね』とか、『歌もの8ビートだね』という言い方をする人がいる。

・ロックと聞くとラウドさや力強さばかりが強調されて、子供や女性やお年寄りがたたけば、らしさが無いように思われる。

・確かにパワーを入れれば、迫力があり、ロックという形容が当てはまりますが、やはりそれは『力』主体になってしまい、力が弱い人は難しいとなってしまう。

・性別や年齢など関係なく、その雰囲気を出すためには、それなりのテクニックが必要になる。私なりにそのテクニックは『右手の使い方』ではないか? と思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする