スポンサーリンク

6連符をドラムで叩く場合の2つのコツを紹介します!

このページでは

『6連符』

を解説していきたいと
思います。

必ず練習する音符に
4分音符、8分音符、
3連符、16分音符と
あります。

その他、
5連符や7連符
というものもありますが、
やらなくて結構です。

ここでは、その理由と
6連符のトレーニング方法
について解説致します。

スポンサーリンク

なぜ、ドラムの演奏に5連符や7連符は必要ないか?

なぜかというと、単に

『使用頻度が少ないというか、
ほとんど無い』

からです。

5連符や7連符は
スティック・コントロールの
観点から言えば難易度が高く
それをマスターする時間があれば
4分音符、8分音符、
3連符、16分音符、6連符に
ドラム初心者は時間を使った方が
効果的だからです。

確かに本当にマスターすることが
出来たならば、
4分音符、8分音符、
3連符、16分音符、6連符も
磨きがかかり、
ドラム初心者のみならず、
全てのドラマーは
パワーアップすることは
間違いないことですが、

私の趣旨は、
より効率的に速く皆さんを
プロの入り口まで連れて行く
ことですから、
このサイトでは提供しません。

現役のプロドラマーも5連符や7連符は使わない

ドラム初心者のころからプロになるまで
5連符や7連符を
叩いたことのないドラマーが圧倒的に
多いのです。

ルーティンワークで
チェンジアップなどの練習に
取り入れているドラマーはいますが、
演奏の仕事には使っていません。

演奏に必要なリズムは、
体の芯から流れ出る自然なリズムですので、
これらをその域に持っていくには
相当な時間と労力をつかいます。

もし、あなたがどうしても
マスターしたいのであれば、
止めはしませんので、
是非チャレンジしてみてください。

6連符の意味

では、ここから本格的な6連符を
ドラムで叩いていきますが、
6連符を知らない人の為に
少し説明をしてみたいと思います。

6連符は4分音符を
6等分する音符で、
1小節内に24個存在します。

この名称の意味は3連符のページで
詳しく述べていますので、
参考にしてください。

6連符

6連符をドラムでマスターする2つのポイント

シングル・ストロークの
6連符をドラムでマスターする場合、
2つのポイントがあります。

・6連符単体で感じること。
・スタートする方の手で3連符を感じること。

6連符単体で感じること

6連符を単体で感じる場合、
6つの言葉が繋がった名詞を
言いながらプレイすると
6連符をつかみやすくなります。

私の教室ではドラム初心者のために

『タカダノババ』

と教えています。

タカダノババ

スタートする方の手で3連符を感じること

一方、6連符は右手3連符と
左手3連符の合体した音符ですので、
スタートする方の3連符を歌うことで
演奏することが可能です。

前者は4分音符1つに
詰め込むような感覚になりますが、
後者はその感覚が緩やかで、
聴いている方は全部同じに
聞こえますが、
奏者は曲のリズムによって
感じ方が変わります。

3連符と6連符の方手打ち

具体的な練習方法

では練習の仕方を2通り説明します。

練習方法1

ゆっくりとしたスピードから
徐々に上げていきます。

テンポ50位から始めると良いでしょう。

6連符をドラムで叩く場合の上限は120です。

【練習の方法】
テンポ50 3分間
テンポ60 3分間
テンポ70 3分間
テンポ80 3分間
テンポ90 3分間
テンポ100 3分間
←出来ない

テンポ90 3分間
一つ前の90をもう一回繰り返す。

練習方法2

次は片手ずつ3連符を叩くやり方です。

片方ずつ3連符で上げていき、
上限の120まで練習します。

その後は、テンポダウンして、
片手の3連符をキープしながら、
間にもう片方の3連符を入れていきます。

この練習は片手の3連にフォーカスする練習です。

チェンジアップ・チェンジダウン

速さのトレーニングが終わったなら、
次はチェンジアップ・チェンジダウンの
練習に入ります。

4分音符、8分音符、
3連符、16分音符のチェンジアップを
可能な限り色々なテンポで行います。

チェンジアップ・ダウン

ドラムセットの利用

では今度は、
ドラムセットを使用して
6連符をレーニングしてみましょう。

最初は単純に
1拍ずつ6連符のタム移動を
行っていきます。

今度はスネア、ハイタム、
フロアタムを1打、2打ずつ叩き、
移動させる練習です。

こういったプレイを
得意とするドラマーは、
テリーボジオ、
ヴァージルドナッティなどがいますが、
流石という位スピードがあります。

上記のトレーニングは
6連符ばかりでなく
4分音符、8分音符、
16分音符全てのトレーニングで
行ってください。

瞬発力、バランス力など
ドラミングの能力が格段に向上します。

バスドラムを絡めたフレーズ

6連符とバスドラムを絡めたフレーズも
非常に多くのミュージシャンが
プレイしていますので、
ここからはバスドラムと絡めた
フレーズをご紹介いたします。

最も多く聞かれるのが、
手4打とバスドラム2打のフレーズです。

これは拍の頭にバスドラム2打叩いて
後半4打手を叩くパターンか、
前半手で4打叩いて、
後半2打バスドラムを叩くかのパターンになります。

これはリズムを捉えやすくなるためで、
バスドラムでスタートするか
手でスタートする方が
リズムキープという面で容易になるのです。

デイブ・ウエックルは、
後半に足を使う奏法が多いですが、
基本的にジャズやフュージョンの人は
足をオフビートで捉えますので、
こちらの方法がしっくりくるのでしょう。

オフビートの代表的なフレーズは、
スティーブガッドや
エルビン・ジョーンズがいますが、
こういったフレーズは
まず3連符のオフビートを
しっかりマスターしてから
プレイするようにしてください。

ツインペダルの6連符フレーズ

最後にこのページには、
6連符のバスドラムという
キーワードでいらっしゃる人も
多いですので、
ツインペダルの6連符フレーズも
参考に述べてみたいと思います。

足のパートは手に比べて
不器用なパートです。

したがって工夫が必要になります。

私の場合、
基礎トレーニングは
シングルストロークを練習しますが、
実践には少し変化をします。

足順としてはLRRLRRという
足順でプレイしています。

これは、私が左足スタートであることと、
右足のダブルが動けること。

この2つに起因しています。
バスドラムの6連符は、
シングルストロークにこだわらず、
臨機応変に対応した方が良いと
いうのが私の意見です。

管理人TOSHIのまとめ

・5連符や7連符の練習は使用頻度からやらなくてもいい。余力があればやってください。

・演奏に必要なリズムは、体の芯から流れ出る自然なリズム。

・6連符を単体で感じる場合、6つの言葉が繋がった名詞を言いながらプレイすると6連符をつかみやすくなります。例『タカダノババ』

・6連符は3連符の合体した音符と考え、スタートする方の3連符を歌うことで演奏することが可能です。

・6連符の活用は、シングル・ストロークよりも、ダブル・ストロークやバスドラムと絡めたフレーズが多く使われます。

・他の音符同様、スピードを上げていく。6連符の上限は120までいくこと。

・3連符の片手打ちも上限120まで上げること。

・スピードアップが終わったら、すぐにチェンジアップ・チェンジダウンの練習に取り掛かること。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする