スポンサーリンク

ドラムでアクセントのフレーズを増やそう~3連符の応用

3連符のアクセント

アクセントのコツが掴め、
16分音符でアクセント移動の練習が
終わったら
今度は3連符に入ります。

このページを最初にご覧なった方は
16分音符から練習を始めてください。

以下に16分音符のアクセントページを
まとめています。

ドラムでアクセントのコツを知りたい。4つの動きが鍵

ドラムのアクセント移動~16分音符をソロに使うコ

3連符のアクセントフレーズの
練習を行うと、
他の音符の理解も深くなり、
応用が沢山作れますので、
是非マスターして下さい!

スポンサーリンク

3連符のアクセント移動

3連符の1つ目にアクセントを置き、
それを繰り返す練習から始めます。
手順はDUTとなり、
3連符は左右の手が
拍ごとに入れ替わります。

アクセント1つが
1番目に来ることから
【1-1】と呼ぶます。

3連符1-1

今度は、3連符に
2番目にアクセントを置く
【1-2】の練習です。

手順はTDUとなり、
3連符アクセント移動では
最もやりにくい手順です。

ドラムでアクセントの
フレーズを作る際は
あまり用いられないですが、
基礎としては
避けては通れない
大事なものです。

3連符1-2

最後は、3連符の3番目に
アクセントを置く
【1-3】の練習です。

手順はUTDとなり、
この手順が最も
大事な手順です。

3番目にアクセントを
置くことによって、
3連符のウラを感じる
体質が出来上がります。

この3連符のウラは、
ジャズ、シャッフル、
ファンクなどの
ノリの部分で威力を
発揮します。

3連符1-3

このノリを
知っているのと
知らないのでは、
全く違ってきます。

時間がない時は
この【1-3】
だけでもやって下さい。

全フレーズの組み合わせ

一通り基礎のアクセントフレーズを
マスターしたら、
総当たり戦を行います。

つまり
【1-1】に対して
【1-2】【1-3】
という具合に
全ての組み合わせを
練習していきます。

3連符の基礎のアクセントフレーズは
3つですのでそう多くはありません。

【1-1】と【1-2】
【1-1】と【1-3】
【1-2】と【1-3】

という具合に
全ての掛け合わせを
やっていきます。

この全てのアクセント移動の
組み合わせを
1小節交代、2拍交代、1拍交代と
やっていきます。

3連符は左右の手順が
入れ替わる関係で、1拍交代などは
非常にやりづらくなります。

しかし、4ビートジャズや
後々出てくる3拍子の
ドラムソロなどにすぐ
応用できるため、
腰を据えて
トレーニングしてください。

【1-1】と【1-2】

3連符1-1-1-2

【1-1】と【1-3】

3連符1-1-1-3

【1-2】と【1-3】

3連符1-2-1-3

リーディングの訓練

3連符のアクセントフレーズの
基礎が終わったら、
いよいよドラム譜を使った
リーディングになります。

3連符を使ったリーディングには
2種類の楽譜を使用します。
それではやってみましょう。

【3連符を使った例】

3連符の読み替え

次に8分音符を使った例の説明です。

ロックやクラッシク使われる
4分音符や3連符、16分音符は
そのままの符割りで演奏しますが、

8分音符の解釈は2通りあります。
特にジャズをプレイする際には
8分音符で書かれていても
全て3連符として解釈し演奏します。

下の例を参照してください。
上記と全く同じ譜面をつかっています。

3連符の読み替え2

このような考え方は、
ジャズのプレイヤー独特なのですが、
必ずマスターしてほしい箇所です。

この項目は理解することは
難しいので、
よりよい指導者の元で
学ぶことをオススメ致します。

これで基礎的な
アクセント移動の練習方法は
わかったと思いますので、
今度はドラムセットへの
応用を行っていきます。

ドラムセットへの応用

①アクセント部分を
タムタムで打つ。

②アクセント部分を
バスドラムで叩く。

③アクセント部分を
シンバルとバスドラムで叩く。

上記の①②③に左足のハイハットを加えていきます。

a)左足は4分音符を刻む。

b)左足は2拍と4拍を踏む。

これは、4ビートジャズの
4バースソロや8バースソロに
すぐ応用が可能なフレーズになります。

アイデア次第では
あなたのドラミングは
どんどん変化していきますので、
可能な限りご自分で考えてみてください。

3連符と16分音符のアクセント移動が
自由自在に操れるようになると、
本当にドラミングが変わります。

これがベースとなり
益々ドラムの理解が増えるはずです。

皆さん、勇気をもって取り組んでください。

管理人TOSHIのまとめ

・アクセントの練習は16分音符から始めること。

・アクセント1つが1番目に来ることから【1-1】と呼ぶます。手順はDUTとなる。

・アクセント1つが2番目に来ることから【1-2】と呼ぶます。手順はTDUとなる。最もやり難いフレーズ。

・アクセント1つが3番目に来ることから【1-3】と呼ぶます。手順はUTDとなる。3連のウラを感じることが出来る。

・3連符のウラは、ジャズ、シャッフル、ファンクなどのノリの部分で威力を発揮する。

・一通り基礎のアクセントフレーズをマスターしたら、総当たり戦を行う。【1-1】に対して【1-2】【1-3】という具合に全ての組み合わせを練習する。

・3連符を使ったリーディングには2種類の楽譜を使用する。

・ロックやクラッシク使われる4分音符や3連符、16分音符はそのままの符割りで演奏しますが、8分音符は全て3連符として解釈し演奏する。(特にジャズ畑)

・ドラムセットへの応用は、4ビートジャズの4バースソロや8バースソロにすぐ応用が可能なフレーズになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする