スポンサーリンク

ドラムのアクセント移動~16分音符をソロに使うコツ

ドラム アクセント移動

ドラムのアクセント移動には
4種類のストロークが存在します。

『フルストローク(F)』
『ダウンストローク(D)』

『タップストローク(T)』
『アップストローク(U)』です。

ドラミングはこの4つのストロークが
基本となり様々なフレーズを作りだすことが出来ます。

このページでは、16分音符を中心に
ドラムのアクセント移動の課題をご紹介いたします。

この項目をしっかりマスターすると
フィルインばかりでなく

ドラムソロまで可能になりますので
しっかり取り組んで下さい。

スポンサーリンク

アクセント移動

アクセント移動【1-1】

アクセント1-1

16分音符の1つ目にアクセントをつけ
それを1拍ごとに繰り返すアクセント移動です。

この構成は、アクセント1つが
1番目にあることから

【1-1】と呼びます。

手順は、DTUTとなりポイントは
アップストロークです。

アップストロークを意識して練習して下さい。

アクセント移動【1-2】

アクセント1-2

16分音符の2番目にアクセントがあるパターンです。

これはアクセント1つが2番目に
あることから【1-2】と呼ぶアクセント移動です。

手順はTDTUとなり
この場合もポイントはアップストロークです。

アクセント移動【1-3】

アクセント1-3

次は16分音符の3番目にアクセントがあるパターンです。

これはアクセント1つが3番目にあるので
【1-3】と呼ぶアクセント移動です。

手順はUTDTとなり同様に
アップストロークがポイントです。

アクセント移動【1-4】

アクセント1-4

16分音符の4番目にアクセントがあるパターンです。

これはアクセント1つが4番目にあるので
【1-4】と呼びます。

手順はTUTDとなり同様に同様に
アップストロークが重要です。

実践的なトレーニング

ここから実践的な練習に入ります。

次の課題は総当たり戦をやっていきましょう。

つまり【1-1】に対して
【1-2】【1-3】【1-4】という具合に
全ての組み合わせを練習していきます。

【1-1】と【1-2】
【1-1】と【1-3】
【1-1】と【1-4】
【1-2】と【1-3】
【1-2】と【1-4】
【1-3】と【1-4】

という具合に全ての掛け合わせをやっていきます。

この全てのアクセントの組み合わせを
1小節交代、2拍交代、1拍交代とやっていきます。

だんだんとドラムソロの原型が出来てきます。

その際、パターンが変わる部分は
手順が変わってきますので注意が必要です。

【1-1】と【1-2】

アクセント1-1-1-2

【1-1】と【1-3】

アクセント1-1-1-3

【1-1】と【1-4】

アクセント1-1-1-4

【1-2】と【1-3】

アクセント1-2-1-3

【1-2】と【1-4】

アクセント1-2-1-4

【1-3】と【1-4】

アクセント1-3-1-4

これらの組み合わせを全て覚えたら
ドラムのアクセント移動に関しては怖いもの無しになります。

音符の読み変え

ではここから実際の音符を利用して
リーディング兼ねたアクセント移動のトレーニングに入っていきます。

これらのアクセント移動の譜面は
ドラムの基礎トレーニングの際使われ
実際の演奏では読み換えが必要になります。

どのように読み換えというと下の譜面を見て下さい。

アクセントの読み換え

音の長さは考慮せず、音が発生する
タイミングだけを考えて変換していきます。

この変換が理解できるようになると、
譜面をリーディングしながら

アクセント移動の練習が出来るようになります。

またドラムソロも容易で、
歌を歌いながら演奏が可能になります。

手順もしっかりと確認し、
アップストロークを意識することは同じです。

参考に数例記載しておきますので、
自分で作って見て下さい。

アクセントの読み替2

私の教室の生徒さんが
【1-1】、【1-2】

【1-3】、【1-4】までの
全てのパターンを作成してくれた。

256通りあります。
ガッツがある方は是非チャレンジしてみてください。

ドラムセットへの応用

実践的にドラムセットを使った
トレーニング方法です。

①アクセント部分をタムタムで打つ。

②アクセント部分をバスドラムで叩く。

③アクセント部分をシンバルとバスドラムで叩く。

上記の①②③に左足のハイハットを加えていきます。

a)左足は4分音符を刻む
b)左足は8分音符を刻む
c)左足は裏の8分音符を刻む

このような感じで広げていきます。

アクセント移動の練習は
フィルインにとどまらず

ドラムソロとしても有効で、
やればやるだけ血肉となっています。

かく言う私もドラムソロの場合は、
アクセントとダブルストロークを多用し

パラディドルなどは
全く使用せずプレイすることがよくあります。

『シングルストローク』
『ダブルストローク』
『アクセント』は

あなたのドラムに劇的な進歩をもたらします。

必ずマスターして下さい。

もう少しアクセント移動を練習したい
という人の為にオススメの教則本をご紹介します。

このサイトでは頻繁に登場している
テッド・リード著の『シンコペーション』です。

この本を利用し、
アクセント用に読み替えるトレーニングをしてみてください。

シンコペーション by テッド・リード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする