スポンサーリンク

ダブルストロークの粒立ちが悪い。改善ポイントはこれだ!

ダブルストローク 粒

ダブルストロークを習得する上で
壁となるものがいくつか存在します。
それは・・

ダブルストロークの練習に入り、
リバウンドのコツもマスターし、
テンポを上げる段階になりだすと
指が追いつかなくなるテンポや
早く叩けるけど粒立ちが悪いなどといった症状です。

このページでは『粒立ち』について
色々と述べてみたいと思います。

スポンサーリンク

テンポ120の8分音符をとにかく徹底的に仕込む

綺麗に指がスティックを
拾い上げるモーションが
可能なテンポでは、
音の粒立ちも綺麗で、
まるで一つ打ちをやっているような
感じします。

しかし、
それを越えると1打目が強くなり、
尻下がりなロールになっている人が多くいます。

私の教室には、
全くの初心者から初めて
スムーズにマスターしていく人と、
あるテンポを境に出来なくなる人に
分かれる傾向があります。

それは一体なぜなのでしょうか?

ではそのレッスン生の特徴を
述べてみたいと思います。

私のレッスンでは、
リバウンドのコツをマスターしてから、
テンポ120の8分音符をとにかく
徹底的に仕込みます。

テンポ120の8分音符の
ダブルストロークは、
スピード的にもやり易く
2打目のスクイズも綺麗に
キャッチできます。

動画の練習を毎日やっています。

それがマスターできたら、
次第にテンポアップしていきます。

このテンポ120からスタートし、
限界まで叩くというスタイルを
毎日行ってもらいます。

すると、昨日より今日という具合で、
筋肉がその動きを覚えていきますから、
知覚ではわからないほどの
筋肉の成長が起こるのです。

気が付いたら、
テンポ240の32分音符が
楽に叩けるようになっているのです。

出来ない人の特徴

一方、出来ないレッスン生を見ていると、
リバウンドのコツをマスターし、
テンポ120の8分音符も出来、
徐々にテンポアップしていくのは
同じなのですが、
つまづいたら
もうそこから練習をしようとしないのです。

毎日トレーニングはやるのですが、
いつも居心地の良いテンポばかりやります。

これでは絶対上手くなりません。

ダブルストロークに限らず
全てのテクニックの習得は
ある程度負荷をかけなければなりません。

出来ない人は、
我慢してやることが出来ないということです。

でもドラム自体は大好きなので、
練習はするのですが、
出来ないストレスが大きく
落胆も一入でついには挫折していきます。

また、どんどん速くなる生徒も
ダブルストロークの音の粒立ちが
悪くなるテンポが出てきます。

これは単純に2打目のスクイズが
弱いせいで、
ダブルストロークの粒立ちが
悪くなるテンポの直前を
根気強くやるしかありません。

様々な問題を解決する方法とは?

ダブルストロークの場合、
反動を使う関係で
どうしても1打目と2打目に
音量の差が生まれます。

これは2打目に意識を
集中してやってもやはり、
シングルストロークと
ダブルストロークでは差が出てきます。

パラディドルでも同じで
全く同じようには聞こえないのです。

それを解決する方法は『録音』なのです。

自分のプレイを録音することで
様々な改良点が見えてきます。

シングルストロークと
ダブルストロークに限らず、
トータル的なドラムプレイ、
自分のライブ全てを録音します。

最初は聞くのもいやかもしれませんが、
どの部分がずれているのか?
音量はどうか?
など事細かくチェックしていきます。

録音をやるやらないでは、
数か月でもの凄い差になって現れます。

プロの人達を見てみましょう。

彼らはその録音を商売に
しているのですから、
やはり目指すところは

『鑑賞に値する』レベル

の技術アップをしないと考えます。

自分のプレイを録音し、
『うん、よし!』
という感覚があれば
あなたのレベルはもう完璧なものになります。

是非皆さんも
ご自身のプレイを録音し、
レベル向上を果たしてください!

管理人TOSHIのまとめ

・ダブルストロークを習得する上で
壁となるものがいくつか存在する。

・ダブルストロークは、
全くの初心者から初めて
スムーズにマスターしていく人と、
あるテンポを境に出来なくなる人に
分かれる傾向がある。

・出来ない人は、
つまづいたらそこから
練習をしようとせず、
同じテンポばかり行う。

・全てのテクニックの習得は
ある程度負荷をかけなければならない。

・ダブルストロークの粒立ちが
悪くなるテンポの直前を根気強くやること。

・ドラムのテクニックの中で
一番美しくきれいなものは
『アクセント無しのシングルストローク』。

・音粒を均等にするために
『アクセント無しのシングルストローク』を
目指すこと。

・自分のプレイを録音することで
様々な改良点が見えてきる。

・目指すところは
『鑑賞に値する』レベルの技術アップ。

・自分のプレイを録音し、
『うん、よし!』という感覚があれば
あなたのレベルはもう完璧なものになっている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする