スポンサーリンク

ダブルストローク用の練習パッド。複数用意する理由はなぜ?

ダブルストローク用 練習パッド
私がドラムのトレーニングを始めた頃、
ひょんなことから出会った
素晴らしいドラマーがいました。

当時彼はトラックの運転手をしながら
演奏の仕事をやっている
(実際にギャラを頂いている)
という2足の草鞋を履いているドラマーでした。

彼の練習方法は、
もっぱらトレーニングパッドを使い、
場所を選ばず、
メトロノームとそのパッドだけで
日々のノルマをこなしていました。

スタジオに入り
本物のドラムを使い練習するのは
週一回あるかないかです。

私は当時は、
練習は本物のドラムでやるものと
思っていたので、
その彼の練習スタイルが
不思議で仕方ありませんでした。

このページでは、
練習パッドと本物の効果の違い
など述べてみたいと思いまうす。

スポンサーリンク

練習パッドとドラムセットの効果の違いは?

周りのドラマーたちを見ていると、
やはり練習パッドで
トレーニングしている人が圧倒的に多く、
しかも
ドラムで練習している人達に
比べて音の粒、姿勢、タイム感
全てにおいて優れていたのです。

私は、しばらく
その彼とトレーニングを
一緒にやるようになり
その訳がだんだんと分かってきたのです。

トレーニングパッドの使用は、
ドラムセットを使う練習に比べて
格段に基礎の養成に優れていたのです。

音の大きさ、
粒立ちなどありとあらゆることが
チェックできるのです。

ドラムセットの場合は、
音が大きく、スティックワークや、
アクセントの有無の違いなど
音圧に負けて細かくチェックが
出来ないのです。

さらにドラムセットで練習をやった
という満足感が大きくなります。

プロも練習パッドを重視している

後にプロドラマーの付き人を
やるようになったのですが、
その師匠からも

『ドラムを使うな!下手になる!
練習パッドでやれ!』

と口を酸っぱく言われたものです。

ドラムセットを使えば、
本体だけでも数十万、
防音にするなら、ウン百万です。

一方、トレーニングパッドは
2,3万でそろえることが出来ます。

確かに良い楽器を使えば
上手くなるというのは正解です。

しかし、その段階とは、

その楽器を最大に操れる基礎力が伴っている

ことが大前提なのです。

ろくにルーディメンツや
四肢の分離が伴っていないにも
関わらず良いドラムを使っても、
猫に小判、豚に真珠
という諺通りの結果になります。

音程が出る楽器、
ピアノやサックス、ギターなどは
良い方が良いかもしれませんが、
ことドラムセットに関しては
最初の数年は本物のドラムは
いりません。

良い練習パッドにこだわるべきです。

ドラムセットが無い環境は、実は最高なんです!

私の生徒の中にも数名
自宅でドラムセットで練習出来る
恵まれた環境にいる人が数名います。

しかし、その基礎力は
練習パッドだけで真剣に
トレーニングしている人の
足元にもおよびません。

数年間の練習パッドで
トレーニングした指、手首、腕、足首の
基礎力は相当凄いものになりますし、
その時点でドラムセットに移行して、
初めて楽器で練習が可能になるのです。

もし、ドラムが叩けない、
部屋が防音でないと
自分の環境に嘆いている人がいたなら、
それはドラマーとして最高の環境と
いうことを言っておきます。

是非、練習パッドで
勇気をもってトレーニングしてください。

練習パッドは用途別に選ぶ!

では、ここからテクニックごとに
どんな練習パッド私用すればよいか
書いてみたいと思います。

まずドラムの大基礎である
『リバウンド』は、
読んで字のごとく
跳ね返る練習パッドです。

ラバータイプの特徴

ほとんどの練習パッドは
程よい反動が得られるのですが、
なかでもラバーのものは優れており
リバウンドやダブルストロークの習得には一択です。

ハードラバータイプの特徴

次にシングルストロークなど
一定の力で粒立ちをチェックするのに
役立つ練習パッドは
ハードラバータイプがオススメです。
ハードラバータイプは粒立ちが
明瞭にわかり、バランスを図るのにもってこいです。

本物のヘッドを利用したタイプの特徴

次に本物のヘッドを利用した
タイプの練習パッドは上記の2点に
比べて音量が大きくなります。

しかし本物のヘッドを使用しているため、
ブラシの練習にはもってこいです。

もちろん跳ね返りも、
粒立ちもチェックできますので、
音量がOKならこれもありです。

メッシュタイプの特徴

最後にメッシュタイプの
練習パッドですが、
これは本物のドラムセットを
使用しますので、
自分の身体の距離感が
つかめやすいといった利点があります。

ご自宅にセットできる環境があれば
これでも構いませんが、
少し反動が利きすぎてしまうので、
上記3点の練習パッドがいいでしょう。

電子ドラムの活用

電子ドラムを使用するという手もあります。

昨今は色々な電子ドラムが
出ていますが、
これもどういう風に使っていくかで
選ぶ機種が違ってきます。

ハンドテクニックならこの機種、
四肢の分離ならこの機種、
ライブならこの機種という具合に
変わってきます。

最低限、ハイハットスタンドが使用できる
モデルにしましょう。

管理人TOSHIのまとめ

・基礎段階では、練習パッドで
トレーニングしている人の方が、
ドラムで練習している人達に比べ
音の粒、姿勢、タイム感
全てにおいて優れている。

・トレーニングパッドの使用は、
ドラムセットを使う練習に比べて
格段に基礎の養成に優れ、
音の大きさ、粒立ちなど
ありとあらゆることがチェックできる。

・ドラムセットの場合は、
音が大きく、スティックワークや、
アクセントの有無の違いなど
音圧に負けて細かくチェックが出来ない。

・ドラムセットで練習を
やったという満足感が大きくなる。

・ドラムセットを使えば、
本体だけでも数十万、
防音にするなら、ウン百万。
一方トレーニングパッドは
2,3万でそろえることが出来る。

・ドラムセットを使用する段階は、
基礎構築が終わってから。

・ドラムが叩けない、部屋が防音でないと
自分の環境に嘆いている人がいたなら、
それはドラマーとして最高の環境。

・リバウンドを得るためには
『ラバー』タイプのパッドが最適。

・音の粒立ちなら、
『ハードラバー』タイプのパッドが最適。

・本物のヘッドを使用したパッドはブラシに最適。

・メッシュヘッドは、
本物のドラムセットが使用できるので、
距離感を養える。

スティック・コントロール一覧に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする