スポンサーリンク

3連符はドラムの幅を広げる要です!

ドラム 初心者
3連符は、
ドラム上達には欠かすことの
できない大切な音符です。

しかし、
流行の歌やバンドマンが
好む曲はほとんどが偶数、
つまりは8分音符や
16分音符が主流になるもの
ばかりで、
アマチュアドラマー達は
3連符をなおざりにしています。

このページでは、
3連符をマスターする上で
大事な考え方
を述べています。

スポンサーリンク

3連符はなぜ苦手?

何を隠そう私も
3連符の練習を盛んに
やり出したのは、
本格的ななジャズドラムの練習を
開始した頃からです。

大体ドラムをスタートさせて
3,4年位経った頃でしょうか?

しかし、
一生懸命練習したのですが、
身体に染み付いた
偶数のノリというものは
なかなか落ちません。
かなり苦労した思い出があります。

ロックドラマーやポップスを
メインにしているドラマーの方が
なかなか3連符をマスター出来ない原因は
ここにあるのです。

私のドラム教室には、
ロックやポップスはかなり
上手いのですが、
3連系のシャッフルやジャズは
からきしダメという生徒が何人もいます。

これはドラムの練習不足の
せいであるのですが、
聞いている音楽自体が
3連符を基調としていないのです。

練習量によって
大体は賄えることが出来ますが、
そう簡単には身に付きません。

実際に叩くトレーニングと
曲を聞くというトレーニングを
並行して行って下さい。

3連符をしっかりマスターすると、
8分音符や16分音符のような
偶数を基調とする音楽が
簡単に感じられます。

3連符の知識 連符ってなに?

本格的なドラムトレーニングに
入る前に、
少し知識として知っておいて
ほしいことがあります。

4分音符、8分音符は、
○分音符として、
1小節の中に入る音符の個数を
表現していますが、
3連符は、

『連符』

という漢字を使っています。

3連符の1小節の中の個数は
12個ですので、
4分、8分の流れを汲むと、
12分音符という名前がつくはずです。

このルーツは、
奇数の音符は、偶数の音符の後に
作られたと考えられています。

しかも、譜面に書く際、
表現する音符が存在しなかったので、
4分音符を3当分するには、
一つ下の音価つまり8分音符を使い
表現したのです。

同じように8分音符を
3当分するのには、
16分音符を使い表現しました。

3連符の基礎知識

よって、8分音符を3等分する
ということは、
4分音符を6等分するということと同じで、
やはり6連符の場合も
16分音符を用いて表現します。

具体的な練習方法

4分音符や8分音符は、
右左または左右と交互に叩く場合、
スタートした手がバスドラムと
一致します。

しかし、3連符の場合は、
各拍子に手が交互になるため、
ドラム初心者にとっては
バランスが取りずらく難しいのです。

ドラム初心者の方にオススメなのは、
3連符のトレーニングをする場合、

『リズム リズム
リズム リズム』とか

『リンゴ リンゴ
リンゴ リンゴ』

のように3語で
まとまる名詞を歌いながら
ドラムトレーニングする事です。

こうする事で
3の感覚が身に付きやすく、
自然に3連符を歌うことが
出来るようになります。

3連符の歌い方

テンポ80からスタートし、
左右の手が右足のバスドラムと
完全に一致する事を確認しながら、
10分,20分と続けて下さい。

3連符に慣れていないと
直ぐに感覚が偶数の8分に
戻ってしまうので、
ある程度続けます。

その後は、4分音符や
8分音符と同様に
スピードアップをしていきます。

ドラムをプレイする上で
3連符の上限は、
テンポ240までです。

これをテンポ80からスタートし、
テンポ10ずつ上げていきます。

もし3分続くことが
出来なかったら、
前のテンポに戻り、もう3分行います。

高速になるにしたがって、
バス ドラムと重なる部分に
アクセントが付くようになります。

現段階では構いませんので、
とにかくスピードを上げて下さい。

また、3連符は、拍ごと
左右の手が入れ替わりますので、
右スタートのみで結構です。

【練習の方法】
テンポ120 3分間
テンポ130 3分間



テンポ230 3分間
テンポ240 3分間
テンポ250 3分間 ←出来ない

テンポ240 3分間
一つ前の240をもう一回繰り返す。

3連符ミドル

3連符ファスト

チェンジ・アップ

ではここから次のステップに行きます。
今まで出てきた4分音符、
8分音符それと3連符を使い、
それを1小節ごと変える練習をします。

ドラム以外の楽器の練習にも
良く使われるもので、
この練習は

『チェンジ・アップ』または

『チェンジ・ダウン』

と呼ばれます。

偶数と奇数を小節内で
操る練習をするのです。

この練習から得られるのもは、
リズムの抑揚、
ダイナミクス、テンポ感など
様々な恩恵をもたらしてくれます。

これもテンポ80からスタートして、
どんどんスピードを上げて下さい。

チェンジ・アップ・ダウン

リーディング

チェンジ・アップで
4分音符、8分音符、3連符の
変化を理解したら、

3連符を中心としたドラムスコアの
リーディングに入っていきます。

3連符が入ると
難易度がぐっと高まりますが、
避けては通れない重要なものですので、
しっかりやっておきましょう。

3連符エクササイズ

上記のような譜面を
自分で可能な限り作ってみてください。

オリジナルで作った譜例は
身に付きやすいのです。

またはドラムの教本にも
最適なものがありますので、
ご紹介しておきます。

テッド・リードという人が書いた

『SYNCOPATION』

という本です。

古典的な名作ですが、
今の段階でP1~P11までと、
P14~P17までが読めれば大丈夫です。

シンコペーション by テッド・リード『SYNCOPATION』by TED REED

別ページでも3連符の説明を
していますので、
是非参考にして下さい。

・ドラムで3連符の練習は
どうする?
奇数音符や考え方を学ぶ

管理人TOSHIのまとめ

・8分音符や16分音符が主体となり、
多くの人が3連符を苦手としている。

・3連符のトレーニングは、
実技と並行に
曲を聞いていくという
トレーニングが効果的。

・3連符のトレーニングをする場合、
3語でまとまる名詞を
歌いながらトレーニングすること。

・初期の段階では、
テンポ80からスタートし、
左右の手が右足のバスドラムと
完全に一致することを
確認しながら、
10分,20分と続けること。

・4分音符や8分音符と同様に
スピードアップをしていき、
上限はテンポ240までいくこと。

・チェンジ・アップと
ダウンで偶数音符と奇数音符の
切り替え感覚を身に付けること。

・チェンジ・アップと
ダウンが終わったら、
すぐに譜読みに入ること。

スティック・コントロール一覧に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする