スポンサーリンク

モザンビークをドラムで演奏するための考え方とコツをご紹介

モザンビーク ドラム
ラテンリズムの中でも、
アフロキューバンやサンバなどに並んで
有名なものに

『モザンビーク』

があります。
(発音はモザンビーケ)

このページでは、
その歴史背景と
ドラマーが演奏する上での
考え方やコツなどをご紹介します。

ジャンル関係なく必須のテクニックです。

スポンサーリンク

モザンビークの背景

モザンビークの発祥の地は、
キューバになります。

元祖は、

ページョ・エル・アフロカーン

という人物で、
モンスター級のパーカッション集団から
生まれました。

日本ではあまり馴染みななく
ラテンに精通している
パーカッショニスト位しか知りません。

キューバで生まれたモザンビークは、
その後ニューヨークに持ち込まれ、
ニューヨーク・サルサの中に広がっていきます。

モザンビークとスティーブガッド

モザンビークが広まった最大の原因は、
スーパードラマー、

スティーヴ・ガッドです。

昔からアフロキューバンや
サンバなどは多くのドラマーが
演奏していましたが、
モザンビークを実際の演奏に
取り入れたのはスティーヴ・ガッドが最初です。

80年代のドラム雑誌や
パーカッションの記事を読み返しても、
こぞって特集しています。

ですので、ドラマーの人たちは、

『モザンビーク=スティーヴ・ガッド』

と考えても差し支えないと思います。

モザンビークの実際の演奏

モザンビークをはじめとする
様々なラテンリズムは、
直接ドラムセットが入っていません。

実際には、カウベルやティンバレス、
コンガなどの
複数のパーカッションが
一つのリズムパターンを形成します。

本当は、各楽器の奏法を
知った方がいいのですが、
パターンが膨大になり、
習得することが非常に大変です。

そこで、ドラマーは
核になるリズムを知って、
それに付随するようにモザンビークを覚えていきます。

モザンビークのアプローチ

STEP1 基本リズムを知ろう

モザンビークをドラム

上記の譜面がモザンビークの
基本パターンです。

アフロキューバンの
『カスカラ』に似ていますが、
少し違います。

リズムのベースは
2-3のソンクラーベになっており、
先ずこのリズムを
シンバルのカップやカウベルで
徹底的に叩けるようにしてください。

STEP2 クラーベを加える

モザンビーク ドラム

モザンビークの基本パターンに
2-3のソンクラーベを加えます。

クローズドリムショット
でもいいですし、
カウベルを叩いてもOKです。

スティーヴ・ガッドのモザンビークを暗記する

モザンビーク ドラム
上記の基礎パターンが終わったら、
スティーヴ・ガッドが実際に行った
モザンビークを暗記せれば完成です。

種明かし

モザンビークの取得の流れを
解説してきましたが、
譜面をご覧になった人はわかると思いますが、

モザンビークはパラディドルの
応用パターンなのです。

パラディドルの中で、
インワードパラディドルと
リバースパラディドルを
しっかりマスターしている人ならば、
速攻で出来るテクニックとなっています。

リバースパラディドル RRLR/LLRL
インワードパラディドル RLLR/LRRL

他のラテンリズムを見渡しても、
モザンビークのように
パラディドルがスパッとはまる
パターンはなく、
とても面白いものです。

パラディドルの組み合わせを
色々変えてやると、
それっぽく聞こえますから、
皆さんもやってみてください。

参考音源

冒頭で紹介した

『ページョ・エル・アフロカーン』

ですが、
アマゾンでを検索すると、
以下のアルバムの他に1枚だけ検索されます。

打楽器好きには
たまらない音源ですので、
チェックしてみてください。

>>アフロキューバンを演奏するコツと考え方

>>左足のクラーベを演奏するコツと考え方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする