スポンサーリンク

ドラムのレンタルについて。ライブか練習かで考え方の違い。

ドラムセットは、なかなか高額で、
あるグレード以上の
レベルのセットを購入する場合、
なかなかの出費となります。

そこで、
レンタルということが
考えられるのですが、
このページでは、
ライブで使用するドラムセットや
練習で使用する電子ドラム、
防音室などのレンタルに付いて考えてみます。

スポンサーリンク

ドラムセットのレンタルについて

ドラムセットのレンタルの相場は
1泊で5,000円~10,000円までの
価格帯で設定してある
リース会社が多く、
全国対応でどこでも
利用できるといった利点があります。

会社によっては『雨天延期保障』や
『連泊割引』など緊急なトラブルが
対応してある会社もあり、
1日だけのイベントや、
自分だけしかドラマーが
いない場合などは良いと思います。

しかし、会社によっては
管理がルーズなため、
前回使用したままになっていたり、
機材が少し破損したり
している場合があります。

こうしたときは、
地元の楽器店で
パーツの購入などで
急場を凌ぐという対処法が
必要になる場合があります。

まあ、これはドラムセットが
置いてあるライブハウスでも
同じようなことがありますから、
経験の豊富なドラマーですと、
容易に対処できるでしょう。

しかし、
高校生などの文化祭で
こうしたトラブルに
巻き込まれた場合は、
対処できる高校生は少ないかもしれません。

こうした学生のイベントは
なるべく自分のものか、
友人のものを借り、
事前にしっかり
メンテナンスしておいた方がいいですね!

ドラム・トレーニングとしてのレンタルの考え方

電子ドラムのレンタルについて

ドラムを練習するために
ドラムセットをレンタルする人は
あまり多くないと思うのですが、

もし、
レンタルを考えているのでしたら、
一言、

『おやめなさい』

と申しておきます。

第一にドラムセットの
レンタル代は高額です。

あっという間に
何十万になります。

資金に余力があれば、
新品を購入することをオススメします。

一方で、
大手楽器メーカーでは、
電子ドラムのレンタルがあります。

これは新品と中古の電子ドラムが
レンタル出来るのですが、
これも私の考え方は否定的です。

電子ドラムを
レンタルする人というのは、
これから先ドラムを
続けるかどうかわからない、
お試しといった人が多いのですが、
私の経験上間違いなく
挫折してしまう層です。

一度は経験したい
といった気持ちで始めます。

やはり、
これでは続けることは無理です。

もし、情熱があるなら、
レンタルは止めて購入する人が
ほとんどだからです。

しかも、安いタイプではなく、
ある一定の価格帯のものから
チョイスします。

こういった層は、
ドラムが大好きですから、
問題ありません。

防音室のレンタルについて

自宅で本物のドラムを
叩きたい人にとっては
防音室は悲願ではないでしょうか?

しかし、その金額は、
ちょっとやそっとでは
支払うことが出来ないくらい
高額になってきます。

そこで、
防音室をレンタルするという
考え方が出てきます。

今現存している防音室は、
ほとんどがピアノの防音を考えて
設計してあります。

ですので、
ピアノの遮音は大丈夫なのですが、
ドラムは全く効力が少ししか効きません。

電子ドラムの打撃音だけは、
防ぐことができますから、
防音室に電子ドラムを入れれば
可能になります。

しかし、
これは本末転倒ですよね?

電子ドラムの防音のために
防音室を使うなんてありえないです。

したがって、
私の結論は、

単発のライブなど
ドラムセットのレンタルは有り、
電子ドラムに関しては購入のみ、
防音室はレンタルする必要なし。

と言えます。

これも人それぞれの価値観ですので、
皆さんの懐具合や
環境の変化で決めてください。

一番大事なのは、
継続できる環境を作り出す努力
ということです。

管理人TOSHIのまとめ

・ドラムセットは、
なかなか高額で、
あるグレード以上のレベルの
セットを購入する場合、
なかなかの出費となる。

・ドラムセットのレンタルの相場は、
1泊で5,000円から10,000円
までの価格帯で
設定してあるリース会社が多い。

・会社によっては
『雨天延期保障』や
『連泊割引』など緊急な
トラブルが対応してある。

・1日だけのイベントや、
自分だけしか
ドラマーがいない場合などは良い。

・会社によっては
管理がルーズなため、
前回使用したままになっていたり、
機材が少し破損したりしている場合がある。

・学生のイベントは、
なるべく自分のものか、
友人のものを借り、
事前にしっかり
メンテナンスしておいた方がいい。

・ドラムを練習するために
ドラムセットのレンタルを
考えているのなら、
止めた方がいい。

・電子ドラムは練習の場合は、
購入した方がよい。

・今現存している防音室は、
ほとんどがピアノの防音を
考えて設計してある。
よってドラマーは購入すべきではない。

ドラム初心者のためのトータル・プレイへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする