スポンサーリンク

ストーン・キラー。シングルストロークのスピードアップに最適です。

ドラマーの悩みに多いのが、
早く叩くことが出来ない
というものがあります。

練習してもしても、
一向に成果が出ず、
嫌な気持ちになる日々が
あります。

大抵、実力が伸びるときは、
ジワジワと上がることは少なく、
いきなり、
ポーンと上がるものです。

それを信じてひたすらに
我慢する事も重要な要素になります。

そこで、
このページでは、
シングルストロークの
スピードアップについて、
おすすめの教則本を紹介していきます。

ストーン・キラー
皆さんは、ストーン・キラー
という言葉をご存知でしょうか?

この言葉は、ジョー・モレロの教則本
『マスタースタディーズ』の中に
あるメソッドです。

マスタースタディーズの中身は、
アクセント、バズロール、
スティックコントロール、
フィルインなどの項目から成り立っています。

ジョーモレロといえば、
デイブ ・ブルーベック・
カルテットのテイクファイブが
有名ですね。

5拍子のドラムソロは、
素晴らしく、
多くの人を魅了しました。

スティックコントロールも
大変素晴らしく、
是非とも彼のテクニックを
習得したいものです。

そんなジョー・モレロの
マスタースタディーズの
ストーン・キラーのページは、
マスタースタディーズを
代表する練習方法で、
かなりのドラマーが
トレーニングに利用しています。

これは、
ジョー・モレロの先生である、
ローレンス・ストーンが
ジョー・モレロのために書き上げた
練習方法です。

初めは単純な
4小節の例題だったのですが、
ジョーモレロが耐久性強化に
良いと判断し、
付け加える形で発展させたものです。

簡単に説明すると、
ある決まった音型を
決まった回数、
毎日練習するという内容です。

音型とは、
片手で4打、8打、12打、16打を
叩くというものです。

バリエーションは
アクセントを頭に付けるものと、
音型の最後に付けるものに分けられます。

①RRRRLLLL
②RRRRRRRRLLLLLLLL
③RRRRRRRRRRRRLLLLLLLLLLLL
④RRRRRRRRRRRRRRRRLLLLLLLLLLLLLLLL

先ず第一に右手4打、
左手4打と50回繰り返します。

カウントは右手のみカウントします。

それが出来たら
8打、12打、16打と
繰り返していきます。

もし難しいなら、
スピードを落として50回するか、
スピードはそのままに10回するかの
どちらかでやります。

ノーアクセントは
比較的スピードアップが
可能なのですが、
アクセントありの課題は、
極端に遅くなります。

ストーン・キラーの
練習方法を紹介しているビデオは、
ほとんどがノーアクセントの動画です。

これはアクセントタイプが
難しいことを意味しています。

可能な限りアクセントタイプを
練習して下さい。

私が、マスタースタディーズの中で
参考にした箇所がもう一つあります。

それは、バズロールのページです。
ジョーモレロは、
バズロールのテクニックが、
硬さやテンションと言った
物理的なものではなく、

フィンガーコントロールの
繊細さによるものだと解説しています。

練習方法も様々に変えてあります。

ロールの部分を
スタッカートやレガートで叩いたり、
ダブルストロークで叩くと言った
指示があります。

これは指のコントロールに
特化した内容です。

是非チャレンジしてみて下さい。

洋書を読み解くとき、
多くの人は英文を読まず、
自己流で練習を始めます。

きちんと作者の意図を汲んで
練習することが重要です。

ドラマーと言えど、
英語力は必要のようです。

管理人TOSHIのまとめ
・ドラマーの悩みに多いのが、早く叩くことが出来ないというものがある。

・大抵、実力が伸びるときは、ジワジワと上がることは少なく、いきなり、ポーンと上がるもの。

・ストーン・キラーという言葉は、ジョー・モレロの教則本『マスタースタディーズ』の中にあるメソッドのこと。

・マスタースタディーズの中身は、アクセント、バズロール、スティックコントロール、フィルインなどの項目から成り立っている。

・ジョーモレロといえば、デイブ ・ブルーベック・カルテットのテイクファイブが有名。

・ストーン・キラーのページは、マスタースタディーズを代表する練習方法で、かなりのドラマーがトレーニングに利用している。

・ジョー・モレロの先生である、ローレンス・ストーンがジョー・モレロのために書き上げた練習方法。

・片手で4打、8打、12打、16打を決まった回数叩き続ける。

・まずは50回繰り返し、カウントは右手のみカウントする。

・もし難しいなら、スピードを落として50回するか、スピードはそのままに10回するかのどちらかでやる。

・ジョーモレロは、バズロールのテクニックが、硬さやテンションと言った物理的なものではなく、フィンガーコントロールの繊細さによるものだと解説している。

・洋書を読み解くとき、多くの人は英文を読まず、自己流で練習を始める。きちんと作者の意図を汲んで練習することが重要。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする