スポンサーリンク

マックス・ローチの名盤。歌うドラムを目指すならこれ!

マックス・ローチ(Max Roach)

1924年1月10日
アメリカ合衆国
ノースカロライナ州誕生、
2007年8月16日83歳没。

マックス・ローチを
初めて聞いたのは
大学生になってから
真剣にジャズを志すように
なったころでした。

そのころは、
結構色々なドラムを
聴いていたのですが、
マックスも色々なドラマーの
一人というくらいでした。

真剣に聞くようになった
キッカケは、
私のお師匠さんの一人が
ステージ上で、
ハイハットだけで演奏するという
パフォーマンスを見たことでした。

普段ドラムセットで
演奏するタイプのドラマーしか
知らなかったので、
このハイハットワークは
斬新そのものでした。

その後お師匠から、
このハイハットワークのオリジナルは
マックスローチだということ聞き、
それからしばらくは
マックスローチ一辺倒になった
経験があります。

マックスローチのドラムは
一度聞けばすぐに
マックスローチとわかる位
独特のフレーズがあります。

バップ時代のドラマーはなんで、
こんなに個性があるのでしょうかね?

いつも不思議に思っています。

与えられたジャズのメッソドは
同じはずなのに、
出てくる音がまるで違う。

本当に素晴らしいものだと思います。

マックスローチのソロは、
はっきりとした輪郭があり、
コピーしやすい部分と
全くお手上げな部分が有ります。

私も随分細切れに
コピーをしたものですが、
わからないところも多かったです。

市販のスコアも
マックスローチのソロを
抜き取った本が多数ありますが、
どれも中途半端で、
特徴は捉えていますが、
完全譜面はほとんどありません。

やはりこれは、
採譜を仕事にする人でも
難しく悪戦苦闘していた証なのでしょう。

でもやはり
耳コピーをすることを
オススメしますが、
なかなか難しい方には、
ヤマハミュージックメディアから
出版している

『グレート・ジャズ・ワークス
ビバップ、ハードバップ編』

という楽譜がありますから、
その中に
マックスローチの曲が2曲入っています。

一つは、
ソニーロリンズの『St,Thomas』、

もう一つは
クリフォードブラウン&
マックスローチの『Sandu』です。

この2曲だけでもマスターすると、
マックスローチが
どんなことをしていたか
わかるはずです、
その他、
オススメのアルバムを
数枚上げておきますので、
聴きこんで雰囲気をコピーしてください。

その他にも
ジャズドラマー小林陽一氏の

『プレイ・ザ・ジャズ・ドラム』

という教則本の中にも
マックスローチの

『限りなきドラム』

から完全コピーが
記載されていますので、
参考にされてください。

オススメの音源
サキソフォン・コロッサス
ソニー・ロリンズ

『サキコロ』と言われ長い間、
ジャズメンの定番中の定番と
なっているアルバムです。

私もセント・トーマスを
心酔してコピーした思い出があります。

①セント・トーマスSt. Thomas
(Sonny Rollins)
②ユー・ドント・ノウ・
ホワット・ラヴ・イズ
You Don’t Know
What Love Is(Raye, DePaul)
③ストロード・ロード
Strode Rode(S. Rollins)
④モリタート
Moritat(Brecht, Weill)
⑤ブルー・セヴン
Blue Seven(S. Rollins)

プレイヤー
ソニー・ロリンズ(ts)
トミー・フラナガン (ph)
ダグ・ワトキンス(b)
マックス・ローチ(dr)

クリフォードブラウン
マックスローチ
STUDY IN BROWN
クリフォード・ブラウン

最初のチェロキーを
聞いたときの衝撃は
今でも忘れられない。

今も目指す最高の音源として
常に聴いています。

①Cherokee
②Jacqui
③Swingin’
④Lands End
⑤George’s Dilemma
⑥Sandu
⑦Gerkin for Perkin
⑧If I Love Again
⑨Take the a Train

プレイヤー
クリフォードブラウン(tp)
ハロルド・ランド(ts)
リッチー・パウエル(p)
ジョージ・モロウ(b)
マックスローチ(dr)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする