スポンサーリンク

シャドウ・ウィルソン。”影”の由来を知っていますか?

シャドウ・ウィルソン
(Rossiere “Shadow” Wilson)

1919年9月25日
アメリカ合衆国
ニューヨーク州
ヨンカーズ生まれ
1959年7月11日没(40歳)

トム・クルーズ主演の映画

『ミッション・インポッシブル
ローグネーション』

で、いつものように
イーサンが敵の情報を
IMFから得るシーンがあります。

中古レコード店に入るイーサンに
綺麗な店員が語りかけてきます。

店員:『閉店ですが・・・』

イーサン:『すぐ済む』

店員:『お探しものでも? 』

イーサン:『何かレア盤をね』

店員:『当ててみます』

店員:『クラシック? 』

イーサン:『ジャズだ』

店員:『サックス? 』

イーサン:『コルトレーン』

店員:『ピアノは? 』

イーサン:『モンク』

店員:『ベースはシャドウ・
ウィルソン』

イーサン:『シャドウはドラムだ』

店員:『なぜシャドウ(影)なのか』

イーサン:『ライトタッチだった』

イーサンは、
シャドウ・ウィルソンのドラムを
”ライト・タッチ”と
表現していました。

この脚本家は、
相当ジャズが好きなようです。

シャドウ・ウィルソンの
”シャドウ”はニックネームで、
彼のドラミングから
そのあだ名が付けられたようです。

特にブラシはまさに

”シャドウ”

そのもので、
ひっそりと影をひそめていますが、
決してまわりのプレイヤーから
離れられない。

そんな存在でした。

実は、
シャドウ・ウィルソンは、
アート・ブレイキーが
ジャズ・メッセンジャーズを
スタートする前、
ライバル関係にいたドラマーでした。

これらのドラムは
共通する部分が多いのです。

まぁ、1950年代の
ジャズドラマーたちは、
一つのルーツ、
ケニー・クラークから
派生していますから、
共通のパルスというのは
皆同じで、
その中から個性を出して、
抜き出ようとしていました。

二人の個性がはっきり出たのは、
アート・ブレイキーが
ジャズ・メッセンジャーズを
スタートしたハードバップ以降です。

ここからは皆さんご存じの様に、
アート・ブレイキーの方が
知名度がグンと上がったんですね。

では、
シャドウ・ウィルソンは
名前が出なかったか?

アート・ブレイキーが
ジャズ・メッセンジャーズを
スタートした1954年、
シャドウ・ウィルソンは、
サド・ジョーンズなどの
主要ジャズメン達と
演奏活動を開始しています。

なかでも、
彼の名前が世の中に広まったのは、
セロニアス・モンクとの共演でした。

1958年まで活動を
共にしていきますが、
シャドウ・ウィルソンは
ヘロインの過剰摂取で
40歳の若さで亡くなります。

もっと長く生きていれば、
アート・ブレイキーと同様に
世界中のジャズドラマーから
注目されていたのでしょうね。

実に残念なことです。

オススメのアルバムです♪

アルバム
『THELONIOUS MONK
WITH JOHN COLTRANE』は、
シャドウ・ウィルソンと
アート・ブレイキーが参加しており、
二人を聴き比べることが出来ます。

セロニアス・モンク・
ウィズ・ジョン・コルトレーン
THELONIOUS MONK
WITH JOHN COLTRANE
シャドウ・ウィルソン

プレイヤー
セロニアス・モンク(p)
ジョン・コルトレーン(ts)
コールマン・ホーキンス(ts)
レイ・コープランド(tp)
ジジ・グライス(as)
ウィルバー・ウェア(b)
アート・ブレイキー(ds)
シャドウ・ウィルソン(ds)

①Ruby, My Dear
②Trinkle, Tinkle
③Off Minor
④Nutty
⑤Epistrophy
⑥Functional

管理人川端のまとめ
・1919年9月25日アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ヨンカーズ生まれ1959年7月11日没(40歳)

・トム・クルーズ主演の映画『ミッション・インポッシブル ローグネーム』でシャドウ・ウィルソンの名前が出てくる。

・シャドウ・ウィルソンのドラムを”ライト・タッチ”と表現していた。

・シャドウ・ウィルソンの”シャドウ”はニックネームで、彼のドラミングからそのあだ名が付けられた。

・特にブラシはまさに”シャドウ”そのもので、ひっそりと影をひそめていますが、決してまわりのプレイヤーから離れられない。そんな存在。

・シャドウ・ウィルソンは、アートブレイキーがジャズ・メッセンジャーズをスタートする前、ライバル関係にいたドラマーだった。

・1950年代のジャズドラマーたちは、一つのルーツ、ケニークラークから派生していますから、共通のパルスというのは皆同じ。

・二人の個性がはっきり出出したのは、アートブレイキーがジャズ・メッセンジャーズをスタートしたハードバップ以降。

・シャドウ・ウィルソンの名前が世の中に広まったのは、セロニアス・モンクとの共演。

・アルバム『THELONIOUS MONK WITH JOHN COLTRANE』は、シャドウ・ウィルソンとアートブレイキーが参加しており、二人を聴き比べることが出来る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする