スポンサーリンク

ドラムヘッドの処分方法と交換時期についてまとめます。

ドラムヘッド 交換時期 処分

ドラムは叩いてナンボの楽器ですから
いくら大切に扱っても年月と共に不具合が出てきます。

その中でも消耗品と言われるのが
スティックとドラムヘッドです。

スティックの場合は、パキッと折れたり
先端のチップが欠けたりするので分りやすいですが

ドラムヘッドの場合はなかなか
破れないで何年も使うことが出来ます。

このページではドラムヘッド、特に
スネアドラムの交換時期についてまとめています。

また、交換した後のドラムヘッドの
処分方法についても書いています。

スポンサーリンク

ドラムヘッドの寿命はいつまで?

ドラムヘッドにはかなりの種類が発売されています。

その中でも大きく分けて3種類のヘッドがあります。

・コーテッド・タイプ
・クリア・タイプ
・ドット・タイプ

コーテッド・タイプ

ドラムヘッド 交換時期 処分

コーテッド・タイプの場合は、表面に
コーティングが施されています。

長く練習をしていると、この塗装が
剥がれてきます。

剥がれた部分が10センチを越えたら
そのドラムヘッドは寿命と考えて下さい。

ヘッドをスネアドラムから外すと
分かるのですが中央が凹んでいると思います。

このような状態になると、
もうチューニングも出来なくなっています。

クリア・タイプ

ドラムヘッド 交換時期 処分

クリア・タイプはコーティッドに比べて
判りづらいです。

クリア・タイプのヘッドの場合、
叩き続けていると表面に濁点が付いてきます。

ある一定期間叩くと濁点が円形になります。


そのようになった時点で寿命と考えて下さい。

ドット・タイプ

ドラムヘッド 交換時期 処分

ドット・タイプは中央に黒いフィルムを
貼ってあるドラムヘッドです。

この場合、ある一定期間叩き続けると
フィルムが剥がれてきます。

このような状態になれば交換時期と考えて下さい。

裏ヘッドはどうすればいいか?

裏ヘッドはスティックで叩きませんから
ずっと綺麗なままです。

表ヘッドは頻繁に交換する人でも
裏ヘッドは使いっぱなしという人もいます。

私の場合、表ヘッドを3回交換したら
裏ヘッドを1回交換します。

これは他のタムタムも同様です。

どうすればドラムヘッドは長持ちするのか?

ドラムヘッド 交換時期 処分

ドラムのシェル部分やペダルなどは
よく手入れしている人がいますが、

ドラムヘッドの場合、全く手入れしない
人が多いようです。

確かにドラムヘッドは耐久性もあり
放置していても問題ありません。

しかし、他のドラム同様きちんと手入れしたいものです。

一番の方法はヘッドを外してやり
綺麗に拭き取りをすることです。

毎日練習している人ですと大変ですので
表面を拭き取ったり、クズを取るだけでいいと思います。

新品のドラムヘッドを選ぶポイント

楽器店にドラムヘッドコーナーに行くと
判るのですが

楽器店によっては何年も昔の在庫を
そのままにしている場合があります。

その場合、見た目は新品でもヘッドの
サッシ部分の接着が弱くなっているものもあります。

ですので、できるだけ入荷の新しい
ヘッド
を購入するようにして下さい。

誇りがかぶっていたり、破れている店は
意識が低いので、その店での購入は止めましょう。

あと、通販もオススメしません。

ドラムヘッドの再処理方法

ドラムヘッド 交換時期 処分

いらなくなったドラムヘッドは、

リングミュートとして蘇らせることが
出来ます。

駄目になったヘッドをドーナツ状にカットします。

カットしたものをスネアドラムにのせる
と立派なリングミュートの完成です。

リングの幅によって様々なサウンドが
得られますから面白いですよ。

わざわざ、正規品を購入することはなく
一石二鳥です。

ドラムヘッドの処分方法

処分するしかないドラムヘッドは
部分的に分けてゴミ出しします。

先ず、打面とサッシを分けます。

打面は細かく切り刻み、サッシの部分は
アルミ部分と接着剤に分けます。

燃えるゴミは、ヘッド部分と接着剤

燃えないゴミにサッシ

と言う具合に分別して出しましょう。

それと、処分する楽器たちには

『お世話になりました。ありがとうございました。』

と一言あるとその後に変化があると思いますよ。

>>ドラムペダルのオイルは何を使えばいい?闇雲に使っても駄目

>>楽器通販のメリット・デメリット~楽器店購入との比較

特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
川端敏宏の所持資格

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする