スポンサーリンク

ドラム初心者のおすすめ【商品別選定の方法】

ドラム 初心者 おすすめ

ドラム初心者は
ドラム関連商品などを購入する際、
どれが良いか解らないと思います。

ここでは、
私の経験から
ドラム初心者用に最適な商品選びを
ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スティック

楽器店に赴くと、
もの凄い量のスティックを目にし、
驚くかもしれません。

形状、長さ、重さと
同じメーカーでも何百と別れており、
国内、海外合わせると、
相当量の品数があります。

人間のタイプが色々いるのと同じで、
全てタイプが違います。

ドラム初心者の方が
初めてのスティックを選ぶ際、
何を重視すればよいかというと、
それは、

『直観』です。

少し経験すると
分かってきますので、
本当に初めての場合は、

『ちょうど良い』

と感じた重さと長さで
購入すれば大丈夫です。

練習を重ねれば、
重ねるほど、
選び方が変わってきます。

ここで注意点です。

スティックは木材の為、
日本の気候から
変形してしまうものがあります。
なるだけ真っすぐな
スティックを選びたいものです。

選び方は簡単で、
平らな所でスティックを
転がすことで、
曲がったものと
そうでないものを
見分けることが出来ます。

練習台

ドラム初心者の人が
購入する者に、
練習台があります。

これも大きく
ドラムセット型、
パート型に分かれており、
用途に応じて変えていきます。

ドラムセット型は、
本物のドラムセットの
距離感を感じながら
練習が出来るということが
最大の利点です。

ゴム状のものから、
メッシュヘッドのタイプまで様々です。

家に設置できる
スペースがあれば、
どのタイプもいいですが、
消音性能を考えた場合
メッシュヘッドのタイプが
良いかもしれません。

そこにこだわりが無ければ、
ゴム状のものでも構いません。

パート別練習台は、
主にスティックワークの
トレーニングに用いる
スネアドラムタイプがあります。

これもゴム状のもの、
メッシュヘッドのもの、
本物のヘッドを
使用しているものに
分けられますが、
個人的にゴム状のものがいいと思います。

その理由としては、
ゆくゆくはルーディメンツと
言われる基礎練習で使うからです。

またゴムは跳ね返りがあり、
ドラム初心者にとってはやり易くなっています。

その他足のパートの練習台があります。

フットペダルは、
バネを使用して練習しますから、
やはり持っていて損はないと思います。

個人的にはヤマハから
発売しているフットペダル用の練習台が
おすすめです。

スローン

スローンの選び方も重要です。
スローンは円形のタイプと
サドル型のタイプがあります。

どちらが初心者向きかと言えば
円形タイプです。

円形タイプはほとんどのスタジオ、
ライブハウスで使用されていますが、
サドルタイプはあまりありません。

使用感も全くことなりますから、
ドラム初心者はまず
円形のスローンから購入し、
サドルタイプは、
試して気に入ったら購入してください。

ドラムセットの購入のポイント

ドラムセットを購入する場合、
まずやりたいジャンルを決めます。

ドラムセットは
ジャンルによって求められる音が
違いますから、
このジャンル選びは重要です。

ほとんどのドラム初心者は
ロックだとおもいますから、
標準的なバスドラム22インチのもでよいでしょう。

次に予算です。
ドラムセットの値段も幅広く、
下は10万円~100万以上のものまで
様々です。

注意点があります。
総予算の6割くらいを
ドラム本体に充ててください。

その他ハードウェアなど
別途料金がかかるからです。

カラーも重要な要素です。
なぜならばドラムセットは
高額ですし、
大きですから、
直ぐに2台目ということにはなりません。

長く付き合うためにも、
飽きの来ない色選びも重要ですよ。

最後にメーカーです。
国内のドラムメーカーであれば、
品質に関しては問題ありません。

選び方としては、
好きなドラマーがどこを
使っているかというものもありですし、
普段練習しているスタジオのものと
同じにするということでも構いません。

ざっとですが、
ドラム初心者の方が
先ず購入する商品を中心に述べてみました。

『安物の銭失い』

にならないように、
しっかり見極めて購入するようにしてくださいね!

その他にも詳しく、
商品の選び方に言及していますので、参照して下さい。

・スティックの選び方。
自分にとってベストな方法とは?

・ドラムの消音ついての考察
本当によい練習台はどれ?

・ドラムの種類が多くてわからない。
初心者に役立つ選び方

管理人川端のまとめ

・ドラム初心者の方が
初めてのスティックを選ぶ際、
何を重視すればよいかというと、
それは、『直観』。

『ちょうど良い』と
感じた重さと長さで購入すれば大丈夫。

・スティックは、
平らな所でスティックを転がすことで、
曲がったものとそうでないものを
見分けることが出来る。

・練習台は、ドラムセット型、
パート型に分かれており、
用途に応じて変えていく。

・家に設置できるスペースがあれば、
どのタイプもいいが
、消音性能を考えた場合
メッシュヘッドのタイプが良い。

・パート別練習台は、
主にスティックワークの
トレーニングに用いる
スネアドラムタイプがあり、
個人的にゴム状のものがいいと思う。

・フットペダルは、
バネを使用して練習しますから、
やはり持っていて損はない。

・スローンは、
ドラム初心者はまず
円形のスローンから購入し、
サドルタイプは、
試して気に入ったら購入すればよい。

・ドラムセットは、
ジャンル、予算、カラー、メーカーなどを考える。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする